ホースシュー滝 (南アフリカ共和国・ムプマランガ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ホースシュー滝とは、アフリカ大陸の南端部(いわゆる南部アフリカの東部)に存在する、瀑布の1つである。

概要[編集]

南アフリカ共和国ムプマランガ州に存在するホースシュー滝は、おおよそ南緯25度07分50秒、東経30度41分41秒付近に位置している。なお、付近にはサビー川が流れている。この滝は多段に別れて流れ落ちている滝である。この滝の「ホースシュー」とは馬蹄(U字形の馬蹄)のことであり、この滝の形状を表している名称である [1] 。 この滝には、それほど大きな落差は無いものの、丸く張り出した岩肌を覆うように流れているので、中央部が張り出したU字形のような滝に見える。この形状の滝は珍しいので、ムプマランガ州は、この滝を天然記念物に指定している。なお、この滝は周辺を散策できるようになっている。

出典[編集]

  1. ^ ムプマランガ州のホースシュー滝

参考文献[編集]