ホンボシ〜心理特捜事件簿〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンボシ
〜心理特捜事件簿〜
ジャンル 刑事ドラマ
放送時間 木曜20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2011年1月20日 - 3月10日(8回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
東映
監督 猪原達三
石川一郎
藤岡浩二郎
脚本 丸茂周
真部千晶
武上純希
プロデューサー ゼネラルプロデューサー
井土隆(テレビ朝日)
プロデューサー
井上千尋(テレビ朝日)
目黒正之(東映)
和佐野健一(東映)
出演者 船越英一郎
大塚寧々
桐山漣
安田美沙子
高嶋政宏
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング 平原綾香「別れの曲」
外部リンク BS朝日

特記事項:
最終回は54分拡大(20:00 - 21:48)。
テンプレートを表示

ホンボシ〜心理特捜事件簿〜』(ホンボシ しんりとくそうじけんぼ)は、2011年1月20日から3月10日まで毎週木曜日20:00 - 20:54[1]に、テレビ朝日系の「木曜ミステリー」枠で放送された日本の刑事ドラマ[2]。主演は船越英一郎

京都府警察本部内に新設された「特別捜査支援班」を舞台としたドラマ。「木曜ミステリー」枠では、2010年1月期の『853〜刑事・加茂伸之介』以来、1年ぶりの新作ドラマとなる。

登場人物[編集]

京都府警察[編集]

刑事部特別捜査支援班[編集]

各方面のスペシャリストを集め、新たに設置された部署。主に捜査一課の扱う事件に協力するが、時に捜査会議の決定とは正反対の方針で独自の捜査を展開する。オフィスに入ってすぐの水槽にナマズを飼っており、後に真田は自分達を「イワシの中のナマズ」と称している。

桐島 孝作
演 - 船越英一郎
心療内科医。表情解読のスペシャリスト。東京の科学警察研究所犯罪行動科学部捜査支援研究室から異動。東京に妻・華子を残している。かつて患者が殺人容疑で逮捕され、自殺した後に冤罪とわかった過去がある。その患者を信じ切れなかった責任を感じると共に、自分が警察の立場から何ができるのか確かめるべく転職した。
上記の事件から警察の捜査に懐疑的なのか、捜査会議への欠席や単独行動もしばしば。現場や訪問先を必要以上に物色するうえ、甘い物を勝手に食べてしまう手癖の悪さを持つ。一方で専門の心理学に加えて高い推理力を発揮し、「ホンボシ」と呼ぶ事件の真犯人に鋭く迫る。
真田 英俊
演 - 高嶋政宏
京都府警刑事部捜査一課1係の係長から異動した班長。叩き上げの高い力量をもって、冷静かつ柔軟に班を率いる。桐島の行動に多少手を焼きつつも、その実力を認めている。以前、友枝と交際していた。
友枝 凛子
演 - 大塚寧々
元鑑識係員。駆け出しのころ万引き常習犯の嘘を見抜けなかった経験から鑑識に移り、「嘘をつかない」物証を扱う経験を積んできた。同棲中の恋人がいるらしい。以前真田と交際していた。
御子柴 衛
演 - 桐山漣
システムエンジニア。サイバー関連の分析に加え、セオリーに即したプロファイリングもこなす。かなりの自信家で、自分の推理を周囲にはばからず披露してしまう。オフィスではTシャツにジーンズとラフな格好で過ごし、 ブロックタイプのサプリメントをつまみながら職務にあたる。
六条 舞
演 - 安田美沙子
庶務担当。好奇心旺盛で、作中の専門用語を周囲に解説させる役割も果たしている。暇な時は桐島とゲームに興じたり、心理テストの相手になっている。

他の警察関係者[編集]

倉元 吾郎
演 - 菅田俊
刑事部捜査一課1係の係長。前任の真田とは強い信頼関係が築かれている。
吉村 和彦
演 - 古宮基成
刑事部捜査一課1係。特別捜査支援班をよく思っておらず、特に御子柴の発言にきつくあたる。従来型の刑事像を顕著に体現している人物。
梶原 稔
演 - 佐戸井けん太
第一現場鑑識係長。友枝の元上司にあたり、彼女が引き抜かれたことを嘆いている。
桜井 慎吾
演 - 白石隼也
第一現場鑑識係。イマドキの若者であり、仕事への姿勢を事あるごとに梶原や友枝から注意されている。
矢代 有作
演 - 峰蘭太郎
ベテラン検視官
土井垣 毅
演 - 榎木孝明
京都府警刑事部部長。従来的な組織捜査の危うさを「イワシの群れ」と喩え、別方向へ行動可能な特別捜査支援班を設立した張本人。ノンキャリアで、捜査員としての実績を積み上げ今の地位に就く。捜査戦略の立案に関して右に出る者がおらず、優秀な頭脳派の捜査幹部として府警内にその名を知られている。

その他[編集]

諫早 賢三郎
演 - 石橋蓮司
桐島の妻の父。東京から異動してきた桐島と同居することに。心理学の元大学教授であり、桐島との日常会話もどこか専門的。本作のコメディリリーフ。

ゲスト[編集]

第1話 「誘拐連鎖…表情分析が暴く嘘!!」
第2話 「嫌われる女!! 疑惑のママ友に秘められた殺意」
  • 山口 佳恵(緑丘ハイツ5号館 607号室の入居者) - 佐藤仁美
  • 荒川 望美(緑丘ハイツ5号館 408号室の入居者) - 国分佐智子
  • 巽 響子(緑丘ハイツ5号館 505号室の入居者) - 大家由祐子
  • 三田 延子(緑丘ハイツ5号館 405号室の入居者) - 滝沢涼子
  • 栗橋 友里(松園町の住民) - 舟木幸
  • 原 弘子(松園町の住民) - 木立美鳥
  • 三田 勇斗(延子の息子・浪人生) - 坂本恵介
  • 巽 悟史(響子の夫) - 下元佳好
  • 大森 克子(緑丘ハイツ5号館 503号室の入居者) - 町野あかり
  • 巽 竜太(巽と響子の息子) - 岩元一成
第3話 「VS表情が読めない救命医!! キスした遺体の謎」
  • 工藤 昭典(聖南総合病院救命救急センター外来の救命医) - 神尾佑
  • 三崎 香奈(聖南総合病院の看護師) - 黒川芽以
  • 早川 亮二(聖南総合病院の心臓外科医) - 吉満涼太
  • 村雨 高男(聖南総合病院の理事長) - 浜田晃
  • 駒田 幹夫(前科者・自動車整備工場の元従業員) - 菅原大吉
  • 間宮(奈良中央大学病院の医師) - 藤沢徹衛
第4話 「京都殺人同窓会!! 不倫と嫉妬と復讐の関係図」
  • 山村 逸人(日の出銀行行員) - 大浦龍宇一
  • 並木 千春(並木の妻) - 古村比呂
  • 並木 善也(日の出銀行洛北支店支店長) - 田中実
  • 関口 俊二(無職) - 池内万作
  • 堀 孝行(会社社長) - 奥田達士
  • 美濃部 慧太(奈々子の息子・綾綺殿ショップ&カフェの店員) - 窪田正孝
  • 中沢 真希(綾綺殿ショップ&カフェのバスリタ) - 長澤奈央
  • 美濃部 奈々子(日の出銀行大津支店の元行員・故人) - 押谷かおり
第5話 「血塗られた京陶器!豪邸に集う殺人疑惑一族」
第6話 「疑惑!! 美しすぎる課長の殺意と嘘」
  • 矢吹 洋子(彩京硝子営業三部課長) - 水野真紀
  • 福井 義人(彩京硝子営業三部係長) - 大河内浩
  • 小嶌 智彦(彩京硝子営業三部社員) - 滝藤賢一
  • 高田 真弓(彩京硝子営業三部社員) - 山下容莉枝
  • 北山 晴紀(彩京硝子営業三部社員) - 川野直輝
  • 佐野 匡(彩京硝子営業三部の元社員) - 春海四方
  • 三宅 秀美(彩京硝子デザイナー) - 山下裕子
  • 新田 英佑 - 東山龍平
  • 三浦 泰男(彩京硝子営業三部の元社員) - 窪田弘和
第7話 「vs地検の女!! 女装殺人を仕組む頭脳の正体!?」
  • 島田 千恵(東京地検検事) - 高橋ひとみ
  • 木下 哲宏(自称経営コンサルタント) - 加藤虎ノ介
  • 明石 孝俊(元厚生労働省薬品局長) - 春田純一
  • 佐々本 義男(美佐の父・教師) - 伊藤正之
  • 小野寺 太郎(近畿バイオケミカルセンター職員) - 伊庭剛
  • 佐々本 美佐(ホステス・失踪中) - 鈴木明菜
  • 神林 悟(元厚生労働省職員・故人) - 井上剛
  • 大崎 摂子 - 草村礼子
最終話 「京都嵐山、すれ違う二つの事件!! 殺した?殺してない?消えた殺人記憶の謎!! 心理捜査vs連続射殺…16年目に動いた殺意」
前編
  • 椎名 ゆかり(みやこ放送のラジオパーソナリティ) - 井上和香
  • 矢野 大介(みやこ放送のスタッフ) - 近藤公園
  • 三倉 瑛子(みやこ放送のラジオパーソナリティ) - 藤林美沙
  • 小早川 俊(元みやこ放送の番組ディレクター・半年前に失踪) - 西村匡生
  • 田中 睦美(小早川の元妻) - 園英子
後編
  • 新庄 明(桜宮大学犯罪心理学教授) - 杉本哲太
  • 沢村 隆志(大阪府警捜査一課巡査部長) - 山中聡
  • 神田(大阪府警察刑事) - 野仲イサオ
  • 大河内 昌弘(広告代理店社長) - 岸祐二
  • 二階堂 公則(生命保険会社社員) - 池田稔
  • 春間 孝信 - 澤向要進
  • 雨宮 勇作(バーの店主) - 野元学二
  • 山本(大阪府警察刑事) - 稲田龍雄
  • 藤野 由紀子(元ジュエリーデザイナー・故人) - 小浦愛

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1話 2011年1月20日 誘拐連鎖…表情分析が暴く嘘!! 丸茂周 猪原達三 10.5%
第2話 2011年1月27日 嫌われる女!! 疑惑のママ友に秘められた殺意 真部千晶 12.7%
第3話 2011年2月03日 VS表情が読めない救命医!! キスした遺体の謎 丸茂周 石川一郎 10.2%
第4話 2011年2月10日 京都殺人同窓会!! 不倫と嫉妬と復讐の関係図 真部千晶 11.3%
第5話 2011年2月17日 血塗られた京陶器!豪邸に集う殺人疑惑一族 真部千晶
武上純希
藤岡浩二郎 12.3%
第6話 2011年2月24日 疑惑!! 美しすぎる課長の殺意と嘘 真部千晶 11.7%
第7話 2011年3月03日 vs地検の女!! 女装殺人を仕組む頭脳の正体!? 福田卓郎 石川一郎 10.3%
最終話 2011年3月10日 京都嵐山、すれ違う二つの事件!!
殺した?殺してない?消えた殺人記憶の謎!!
心理捜査vs連続射殺…16年目に動いた殺意
前編
岩下悠子
猪原達三 11.7%
後編
丸茂周
平均視聴率 11.4%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

遅れネット局[編集]

  • 北日本放送(KNB)2011年9月 - 12月 月曜朝9:30 - 10:25に放送

脚注[編集]

  1. ^ 最終回は54分拡大(20:00 - 21:48)。
  2. ^ 船越英一郎が爆弾発言!新ドラマを見て欲しくない人は松居一代!?”. Smartザテレビジョン (2011年1月15日). 2015年6月3日閲覧。

外部リンク[編集]

テレビ朝日 木曜ミステリー
前番組 番組名 次番組
京都地検の女
(第6シリーズ)
(2010.10.14 - 2010.12.9)
ホンボシ〜心理特捜事件簿〜
(2011.1.20 - 2011.3.10)
おみやさん
(第8シリーズ)
(2011.4.28 - 2011.6.23)