ホワイト 666トラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホワイト/コービット 6輪駆動 6tトラック
G-512 6x6 White 666 pic1.JPG
White 666 6x6 6t Truck,Prime Mover
種類 6輪駆動 6tトラック
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1941年~
配備先 アメリカ軍
関連戦争・紛争 第二次世界大戦、他
開発史
製造業者 ホワイト・モーター社
コービット社
製造期間 1941年~1945年
諸元
重量 10,387 kg(White 666)
9,988 kg(Corbitt 50SD6)
全長 7.34 m(White 666)
7.24 m(Corbitt 50SD6)
全幅 2.44 m(White 666)
2.44 m(Corbitt 50SD6)
全高 2.90 m(White 666)
3.00 m(Corbitt 50SD6)

エンジン 6気筒 Hercules HXD
液冷ガソリンエンジン
懸架・駆動 リーフスプリング式、6輪駆動
燃料タンク容量 300L
行動距離 480 km
速度 57 km/h(White 666)
60 km/h(Corbitt 50SD6)
テンプレートを表示

ホワイト 666トラックWhite 666 Truck)は、第二次世界大戦期にアメリカ合衆国で開発・運用された、大型の6輪駆動の輸送用または牽引用トラックである。本記事では、ほぼ同じ車両である、コービット 50SD6Corbitt 50SD6)、および各種派生型についても記述する。

概要[編集]

ホワイト 666White 666)は、第二次世界大戦期にアメリカ合衆国のホワイト・モーターWhite Motor Company)社で生産された輸送用、あるいは牽引用のトラックで、6輪駆動で6tクラスの積載量を持つ事から、666のモデル名が付けられた。

1939年から、コービットCorbitt)社が、6輪駆動の6トントラックである、50SD6の開発を始め、1941年には量産を開始した。しかし、コービット社だけでは充分な供給力を有していなかったことから、ホワイト・モーター社での併行生産が行われた。この車両が、ホワイト666である。ホワイト666は、コービット50SD6とほぼ同じ外観、構造であり、どちらもアメリカ軍の各部隊で、物資の輸送や火砲の牽引に活躍した。また、ホワイト 666/コービット 50SD6のいずれにも、初期に生産されたハードトップキャブ、1942年頃から生産されたソフトトップキャブのモデルが存在し、ソフトトップ型には、他のアメリカ軍の車両と同様に、リングマウントを取り付け、M2重機関銃を装備可能であった。最終的に、ホワイト社での生産数はコービット社での生産数を上回っており、また、判りやすいネーミングであった事などから、この6輪駆動6トントラックの代名詞的存在と成り得たと考えられる。

ホワイト 666/コービット 50SD6は、大戦後、朝鮮戦争にも投入され、その後も友好国に供与されるなどして使用が続けられた。陸上自衛隊にも供与され、大型の輸送トラックとして活用された。

画像[編集]


派生型[編集]

ブロックウェイ 6輪駆動 6tトラック
B666/C666/F666
G-547, 690 6x6 Brockway B666 Bridge Erecting pic2.JPG
Brockway B666(Bridge Erector)
種類 6輪駆動 6tトラック
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1942年~
配備先 アメリカ軍、工兵部隊
関連戦争・紛争 第二次世界大戦、他
開発史
製造業者 ブロックウェイ社
製造期間 1942年~1944年
諸元
重量 12,020 kg(B666 Bridge)
16,000 kg(C666 Crane)
全長 9.40 m(B666 Bridge)
10.57 m(C666 Crane)
全幅 2.54 m(B666 Bridge)
2.54 m(C666 Crane)
全高 2.74 m(B666 Bridge)
3.47 m(C666 Crane)

エンジン 6気筒 Hercules HXD
液冷ガソリンエンジン
懸架・駆動 リーフスプリング式、6輪駆動
速度 60 km/h(B666 Bridge)
60 km/h(C666 Crane)
テンプレートを表示

ホワイト 666/コービット 50SD6にはいくつかの派生型車両が存在する。ブロックウェイBrockway)社では、1942年から1945年にかけて、ホワイト 666/コービット 50SD6のシャーシから、B666C666F666のモデル名を持つ特殊車両が開発、製造された。これらは主に工兵部隊で架橋作業に用いられる車両で、B666(Bridge Erector)は、荷台に積載した橋板などの資材を敷設するためのアンロード機構を有しており、C666F666は車体後部に密閉式の操縦室を有する、クイックウェイ社(Quick-Way Truck Shovel Co)製の旋回式大型クレーンを搭載していた。(F666は、消防車型 "Fire Truck"である、と記述する資料も見られる。)

また、この他にも、タンクローリー型、無線通信車両、トレーラー牽引用のトラクター型などが、ブロックウェイ社、ワード・ラ・フランス(Ward LaFrance)社、FWD社で分担生産された。

画像[編集]

形式番号[編集]

ホワイト 666/コービット 50SD6および派生型は、アメリカ陸軍武器科の補給品カタログにおいて用いられる命名法システムでは、以下の様に分類されている。

  • ホワイト 666 - G-514
  • コービット 50SD6 - G-512
  • ブロックウェイ B666/C666/F666 - G547、および G690

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]