ホルン協奏曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ホルン協奏曲(ホルンきょうそうきょく)は、ホルン独奏楽器とする協奏曲

歴史[編集]

19世紀にバルブホルンが発明されるまでは、ホルンに出せる音は基本的に自然倍音に限られ、そのほかの高さの音については、右手の出し入れによって音を上げたり下げたりすることができるだけであった[1]。このため、この時代のホルンは独奏楽器とするにはあまり自由な楽器とは言えなかった。

このような時代において、モーツァルトの作曲した4曲のホルン協奏曲は大変な意欲作である。

近代以降では、リヒャルト・シュトラウスの作品が有名。

主な作曲家と作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ このうち音を上げる奏法についてはゲシュトップ奏法と呼ばれる。