ホルモン焼きそば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ホルモン焼きそば(ホルモンやきそば)は焼きそばの一種で、ご当地グルメである。秋田県横手市のものが代表的。

横手市[編集]

秋田県横手市で提供されているホルモン焼きそばについて記す。

ホルモン焼きそばは、横手市内の店で客が注文したホルモン焼きの残りを〆として注文する焼きそばに入れてもらうよう頼んだのがきっかけと言われている[1]横手焼きそばとの違いは、豚ホルモンが具材に使用されていることと、福神漬けではなく紅しょうがが添えられていること[1]。発祥と言われる「まいど食堂」では「元祖ホルモン焼きそば」として販売されており[1]、市内には他にホルモン焼きそばを提供する店もある[2]

小野市[編集]

兵庫県小野市で提供されているホルモン焼きそばについて記す。

昭和30年代に小野市内の焼肉店でホルモン焼きを食べていた地元そろばん職人、金物職人が〆に麺を入れて食べていたことが始まりとされる[3][4]

おの恋ホルモン焼きそばとも呼ばれる。

出典[編集]

  1. ^ a b c お客さんの発想から生まれた、『まいど』の「元祖ホルモン焼きそば」”. エフエム東京 (2011年12月30日). 2017年11月28日閲覧。
  2. ^ 横手名物焼きそば「ホルモン焼きそば」”. ぐるなび (2016年12月22日). 2017年11月28日閲覧。
  3. ^ ホルモン焼きそば”. 小野市観光協会. 2017年11月28日閲覧。
  4. ^ “全国自衛隊の隊員食堂 陸上自衛隊 青野原駐屯地”. MAMOR (扶桑社) (2016年9月号): 61. 

関連項目[編集]