ホルヘ・パエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホルヘ・パエス
基本情報
本名 ホルヘ・アドルフォ・フェブレス・パエス
通称 El Maromero
階級 スーパーフェザー級
身長 165cm
リーチ 173cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1965-10-27) 1965年10月27日(51歳)
出身地 バハ・カリフォルニア州メヒカリ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 98
勝ち 79
KO勝ち 51
敗け 14
引き分け 5
無効試合 0
テンプレートを表示

ホルヘ・パエス(Jorge Paez、男性、1965年9月27日 - )は、メキシコプロボクサーバハ・カリフォルニア州メヒカリ出身。第5代IBF世界フェザー級王者。第3代WBO世界フェザー級王者。フェザー級統一世界王者やIBFでは8度防衛する安定政権を築いた実績を持っている。2人の息子アズリエル・パエスとWBCシルバーインターナショナルスーパーウェルター級王者ホルヘ・パエス・ジュニアは共にプロボクサー。トロイ・ドーシーとの2度の激闘は1勝1分けで毎回のように接戦になった。奇抜な髪型と派手なパフォーマンスで人気を集めた。

来歴[編集]

1984年11月16日、プロデビュー戦を行い3回TKO勝ちで白星でデビュー戦を白星で飾った。

バハ・カリフォルニア州を拠点に国内タイトルや地域タイトルに挑戦せずじっくり実績を積んだ。

1988年8月4日、4年かかって念願の世界初挑戦。故郷メヒカリのプラザ・デ・トロス・カラフィナで34戦全勝のIBF世界フェザー級王者カルビン・グローブと対戦し王者グローブがリードを広げる展開になるも、少しずつ追い上げて最終15回にはグローブから3度ダウンを奪いKO寸前まで追い詰めて判定になった。15回2-0の判定勝ちで王座獲得に成功した。

1戦ノンタイトル戦を挟んで1989年3月30日、カルビン・グローブとリマッチを行い11回1分2秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した。

1989年5月21日、アメリカデビュー戦をアリゾナ州フェニックスのベネチアン・メモリアル・コロシアムでルイ・エスピノサと対戦し、12回1-1の三者三様の引き分けに終わり2度目の防衛に成功した。

1989年8月6日、テキサス州エル・パソのカウンティー・コロシアムでスティーブ・クルスと対戦し、12回3-0の判定勝ちで3度目の防衛に成功した。

1989年9月16日、メキシコシティのプラザ・デ・トロスでホセ・マリオ・ロペスと対戦し2回1分27秒KO勝ちで4度目の防衛に成功した。

2戦ノンタイトル戦を挟んで1989年12月9日、ネバダ州リノのローラー・イベント・センターでルーペ・グティエレスと対戦し6回2分1秒TKO勝ちで5度目の防衛に成功した。

1990年2月4日、ラスベガスのラスベガス・ヒルトンで2度対戦する好敵手になるトロイ・ドーシーと対戦し12回2-1の判定勝ちで6度目の防衛に成功した。1者が113-115とドーシーにスコアを付け、2者が114-113とわずか1点差とパエスに付ける接戦だった。

1990年4月7日、ラスベガスのラスベガス・ヒルトンでWBO世界フェザー級王者ルイ・エスピノサと王座統一戦を行い12回2-1の判定勝ち。2者が115-113とパエスに付けるも、113-115とエスピノーサに付けるわずか2点差の接戦を制しIBF王座は7度目の防衛、WBO王座獲得に成功した。

1990年7月8日、トロイ・ドーシーと対戦し12回1-1の三者三様の引き分けに終わりIBF王座は8度目、WBO王座初防衛に成功した。

1990年9月22日、王座を保持したままカリフォルニア州サクラメントアルコ・アリーナでIBF世界スーパーフェザー級王者トニー・ロペスと対戦し、12回0-3の判定負けで2階級制覇に失敗した。

1990年にはWBO、1991年4月にはIBF世界フェザー級王座を返上。

1991年10月5日、リノのリノ・スパークス・コンベンションセンターでWBA・IBF・WBC世界ライト級王者パーネル・ウィテカーと対戦し12回0-3の判定負けでまたも2階級制覇に失敗した。

1992年11月6日、カリフォルニア州イングルウッドグレート・ウェスタン・フォーラムNABF北米ライト級王者で後のIBF世界ライト級王者ラファエル・ルエラスと対戦し、初回に2度ダウンを奪われストップ寸前まで追い詰められる。10回終了時ドクターストップによる棄権で王座獲得に失敗した。

1993年7月17日、シーザーズ・パレスでIBF世界ライト級王者フレディ・ペンデルトンと対戦し4回にダウンを奪われてペースを失うも12回0-3の判定負けで2階級制覇に失敗した。

1994年7月29日、MGMグランドジョバンニ・パリージの返上で空位になったWBO世界ライト級王座決定戦を後の世界6階級制覇王者オスカー・デ・ラ・ホーヤと対戦し悶絶KOを奪われ試合終了。2回39秒KO負けでまたも2階級制覇に失敗した。

1995年3月31日、後のスーパーフェザー級2冠王者ヘナロ・エルナンデスと対戦し8回ドクターストップで再起に失敗した。

1995年9月30日、シーザーズ・パレスでNABO北米スーパーフェザー級ホセ・ビダ・ラモスと対戦。前回の対戦は2か月前に5回2分49秒失格負けになる因縁の対戦になったが、12回0-3の判定負けで王座獲得に失敗した。

1996年8月17日、WBCアメリカ大陸スーパーフェザー級王者ナーシソ・バレンズエラと対戦し3回KO勝ちで王座獲得に成功した。

1996年10月19日、ジュリアン・ウィーラーと対戦し12回0-3の判定負けで初防衛に失敗し王座から陥落した。

1997年1月13日、ジュリアン・ウィーラーとリマッチを行い12回3-0の判定勝ちで王座返り咲きに成功した。

1997年4月26日、ゲラルド・グレイと対戦し5回TKO勝ちで王座返り咲き後初防衛に成功した。

1997年8月2日、WBU世界スーパーフェザー級王者アンヘル・メンフレディと対戦し8回1分8秒TKO負けで王座獲得に失敗した。

1998年11月14日、IBAアメリカスーパーフェザー級王者ファン・ポロ・ペレスと対戦し2回2分51秒KO勝ちで王座獲得に成功した。

1999年10月16日、後のWBC世界ライト級王者でIBA世界スーパーフェザー級王者ホセ・ルイス・カスティージョと対戦し5回1分4秒KO負けで王座獲得に失敗した。

2002年2月22日、元IBF世界フェザー級王者で11度防衛した実績を持っているトム・ジョンソンと対戦し2回2分51秒TKO勝ちでジョンソンに引導を渡した。

2003年12月5日、スコット・マククラッケンと対戦し10回2-1の判定勝ちを最後に現役を引退した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
カルビン・グローブ
第5代IBF世界フェザー級王者

1988年8月4日 - 1991年4月(返上)

空位
次タイトル獲得者
トロイ・ドーシー
前王者
ルイ・エスピノサ
第3代WBO世界フェザー級王者

1990年4月7日 - 1990年(返上)

空位
次タイトル獲得者
マウリシオ・ステッカ