岡山国際ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ホテルオークラ岡山から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡山国際ホテル
ホテル概要
正式名称 岡山国際ホテル
所有者 株式会社みずほ
前身 ホテルオークラ岡山
階数 地下2階 - 地上13階
部屋数 175室
開業 1973年4月
最寄駅 岡山電気軌道東山・おかでんミュージアム駅電停
所在地 〒703-8274
岡山市中区門田本町四丁目1番16号
位置 北緯34度38分59.8秒
東経133度56分54.4秒
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

岡山国際ホテル(おかやまこくさいホテル)とは、岡山県岡山市中区にある宿泊施設である。

概要[編集]

岡山国際ホテルは、地元の政財界が主導して、岡山の迎賓館的ホテルとして1973年4月25日に開業した。

1998年から2006年までは、三菱地所系のロイヤルパークホテルズが運営を受託していた。2006年4月1日にオークラホテルズ&リゾーツ(OHR)に加盟し、翌2007年10月1日にはホテルオークラが運営を受託して、ホテル名をホテルオークラ岡山に改称した。しかし、経営不振により民事再生法の適用を受け、2010年12月28日にホテル名を再び岡山国際ホテルに改称し、オークラホテルズ&リゾーツを脱退した。

運営会社は、ホテルオークラ岡山時代も含めて、開業以来、岡山国際ホテルという社名であったが、民事再生に伴う事業譲渡により、2010年12月28日からホテルたけべの森(葵会グループ)が運営会社となり、現在は

株式会社みずほ(葵会グループ)が運営している。

民事再生法による経営再建[編集]

1990年代前半から集客力が低下し、ホテルの稼働率が約40%となっていた、2010年3月期には債務超過に陥り、苦しい経営状況が続いていたため、2010年8月23日に運営会社の岡山国際ホテルが岡山地方裁判所民事再生法の適用を申請した[1]。2010年11月17日には、岡山県岡山市北区建部町で郊外型リゾートホテルを運営する「ホテルたけべの森」へホテルの事業を譲渡する再生計画案が発表され、その後、この再生計画案に対してが裁判所と債権者の同意が得られたことから、2010年12月28日に「ホテルたけべの森」への事業譲渡が実施された。譲渡と同時にホテルオークラと結んだ運営委託契約は解消され、ホテルの名称は岡山国際ホテルに戻された。また、運営会社としての旧・岡山国際ホテルは解散する。新しい運営会社となったホテルたけべの森は、「都市型リゾートホテル」の色合いを強くして岡山国際ホテルの経営再建を図っている[2]

設備[編集]

  • レストラン
    • アルカンシェール フランス料理※閉店
    • 淙々亭 日本料理 ※閉店
    • シャトーノアール バー ※閉店
    • カスカテール カフェテラス ※閉店 ※2013年 フランス料理「THE GARDEN TERRACE」にリニューアル
  • 客室
    • 175室 324名
  • 宴会場
    • 2000人収容の大宴会場「瑞光」を始め、計18室

交通アクセス[編集]

  • バス
    • JR岡山駅とホテル間の無料シャトルバスが運行(岡山電気軌道東山本線東山電停経由)
    • 両備バス西大寺行きに乗車、「護国神社」下車
    • 両備バス操南台団地行き「岡山国際ホテル」下車
  • 駐車場
    • 無料駐車場(300台)あり

放送送信設備[編集]

放送局名 コールサイン 周波数 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 開局年月日
岡山シティエフエム JOZZ8AD-FM 79.0MHz 20W 23W 岡山市他 約37万世帯 1997年1月1日

脚注[編集]

  1. ^ 東京商工リサーチ 倒産情報 2010年8月23日
  2. ^ 山陽新聞地域ニュース 2010年11月17日