ホテルエンパイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ホテルエンパイア
Hotel Empire cropped.jpg
ホテル概要
正式名称 ホテルエンパイア
設計 大林組
運営 日本ドリーム観光
所有者 日本ドリーム観光
階数 地下2 - 21階
最頂部 68 m
開業 1965年昭和40年)3月28日
閉業 1995年平成7年)
最寄駅 六会駅
最寄IC 横浜新道戸塚終点
所在地 〒245-0066
神奈川県横浜市戸塚区俣野町601番地2
位置 北緯35度22分56.5秒 東経139度29分43秒 / 北緯35.382361度 東経139.49528度 / 35.382361; 139.49528座標: 北緯35度22分56.5秒 東経139度29分43秒 / 北緯35.382361度 東経139.49528度 / 35.382361; 139.49528
テンプレートを表示

ホテルエンパイア (英称Hotel Empire) は、かつて横浜市戸塚区日本ドリーム観光が経営した日本ホテルである。

概要[編集]

遊園地の横浜ドリームランドに併設される形で1965年昭和40年)3月28日に開業し、ちょうど30年後の1995年平成7年:月日不明)に閉鎖された。

1965年(昭和40年)5月15日に、外貨両替業務の取扱いを開始し[1]1981年(昭和56年)12月25日に、国際観光ホテルとなった[2]

開業当初は周辺にホテルが少なかったため、松竹大船撮影所の全盛期に、俳優が本ホテルに泊まり込んだという逸話もある。1968年(昭和43年)当時の宿泊料金は一人あたり4,000円 - 10,000円(ツインルーム)だった。隣接するホテルドリームランドが一人あたり700円 - 1,500円(同)だったことから、本ホテルを高く位置づけていたことがわかる。

建築物として[編集]

大林組により1965年(昭和40年)に竣工した。完成当時は地下2階地上21階、高さは建物部の高さが68m、尖塔と避雷針を含めて93mであり、工事期間は僅か1年という突貫工事だった。

最上階の21階は回転する構造になっており、回転展望レストランとして使用された。21階という階数は、来るべき21世紀を象徴したもので、ホテルでありながら五重塔をモチーフとした和風建築とし、内装について“桃山時代の文化の復元”を標榜したのは、「日本にしかない、日本でしかできないホテルを目指すべき」という意図による。

五重塔を伸ばして二十段にしたような独特の形状で、高台の上に建っており近くに高い建物や大きな山が存在しないことから、多少離れた場所からでも目立つ建造物で、周辺が田畑ばかりだった完成当初は、ひときわ異彩を放つ存在であった。その後開発によって周辺の宅地化が進んでも、ホテルエンパイアの建物は横浜ドリームランドの観覧車とともに周辺一帯(戸塚区南西部および藤沢市北部)のランドマークとして長年親しまれた。

営業していた当時のホテルエンパイア(中央やや左奥)。1990年1月撮影。


ホテル廃業後[編集]

横浜薬科大学 図書館棟

Yokohamayakadai.jpg
旧ホテルエンパイアの建築物(写真中央)

情報
旧名称 ホテルエンパイア
用途 図書館事務室
旧用途 ホテルレストラン
施工 大林組
建築主 日本ドリーム観光株式会社
管理運営 日本ドリーム観光株式会社 → 雅叙園観光株式会社 → (?) → ドリーム開発株式会社 → 株式会社ユー・エス・エス横浜市学校法人都築学園
階数 地上21階、地下2階
高さ 68m
竣工 1965年3月
開館開所 1965年3月28日
改築 2005年
所在地 245-0066
神奈川県横浜市戸塚区俣野町601番地2
座標 北緯35度22分56.5秒 東経139度29分43秒 / 北緯35.382361度 東経139.49528度 / 35.382361; 139.49528
テンプレートを表示

1995年(平成7年)に廃業・閉鎖されてから2005年(平成17年)に至るまでの10年間は、誰も手をつけることなく廃墟同然となり、一時期は地元の暴走族等の溜り場となりかけたが、後に警備会社による厳重なオートセキュリティー管理がなされた。

横浜ドリームランドが2002年(平成14年)2月17日に閉園して以降、モノレール(ドリーム開発ドリームランド線)の軌道、観覧車・潜水艦等の遊戯施設など、ドリームランドに関連する多くの施設、建造物が次々に解体撤去される中、往時を偲ぶことのできる数少ない建物の一つとなっていた。 また、閉業当時は撤去する予定であったようだが、一年という短い期間での突貫工事の影響なども有り、アスベストが大量に使用されていたため、撤去費用が膨大なものになるというもので結局解体は行われず現在に至る。

現在[編集]

その後、紆余曲折を経てドリームランド跡地を買収した都築第一学園が、2005年(平成17年)に改装工事に着手し、同学園が2006年(平成18年)に開校した横浜薬科大学の図書館棟になった(1〜8階が図書館、9〜20階は学長室・研究室など、21階は展望ラウンジとして使用[3][4])。この工事により、屋根先端の相輪を模した避雷針や中間階の屋根状の装飾が撤去された。外壁材も明るい色のパネルに交換されたため、五重塔のようだった外観は大きく変貌し、最上階の屋根だけがかつての面影を残している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]