ホット・リーディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ホット・リーディング(hot reading)は、占い、カウンセリングに際して、事前に得た情報を利用すること。なぜ占い師が、様々な事実を言い当てることができるかということを説明するために、こうした技法が紹介されることがある。

概要[編集]

リーディングを行う者は、その対象となる人(シッター、sitter)の情報を、事前調査やリーディング直前の話の立ち聞きに至るまで、あらゆる方法で行うことがある。こうした調査では自分だけでなく、弟子や協力者を動員することもある。自称・霊能力者や自称・超能力者同士で膨大な「顧客名簿」を作成し、依頼に来た者の悩みなど背後関係に関する情報を共有することさえある。

現代のテレビ番組に登場する超能力者や霊能力者には、この手をよく使うものがいる。例えば日本のテレビバラエティで有名な宜保愛子は、ロンドン塔を霊視する際に夏目漱石の『倫敦塔』をあらかじめ読んでいた。

また、超能力者や霊能力者たちは、リーディングの受付に予約制を導入し、リーディングの日を受付の数週間後に設定させ、その間に予約者の家にセールスマンなどを装った人物を派遣して、情報収集をさせることもある。こうした調査で、周囲の住民や家族からだけでなく、住む家だけからでも予約者の人となりや生い立ちを広く得ることもできる。そうして、自称「霊能者」は十分な情報を受けた状態で相手を前にするのである。

超能力者が様々な事実を言い当てる際にホット・リーディングとコールド・リーディングの技法と組み合わせて使われることが少なくない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 石川素禅 『霊交術秘伝書』 八幡書店、2001年、ISBN 4893505661
  • 佐藤六龍 『「占い」は信じるな!』 講談社〈講談社プラスアルファ新書〉、2008年、ISBN 978-4062724951