ホタル (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホタル
監督 降旗康男
脚本 竹山洋
降旗康男
出演者 高倉健
田中裕子
水橋貴己
奈良岡朋子
井川比佐志
小澤征悦
今井淑未
音楽 国吉良一
撮影 木村大作
編集 西東清明
製作会社 (「ホタル」製作委員会)
東映
テレビ朝日
住友商事
角川書店
東北新社
日本出版販売
TOKYO FM
朝日新聞社
高倉プロモーション
配給 東映
公開 日本の旗 2001年5月26日
大韓民国の旗 2002年1月18日
フランスの旗 2002年12月4日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 23.3億円[1]
テンプレートを表示

ホタル』は、2001年公開の降旗康男監督、高倉健主演の日本映画東映創立50周年記念作品。

第25回日本アカデミー賞で13部門ノミネート。高倉も主演男優賞にノミネートされたが、「後輩の俳優に道を譲りたい」として辞退した。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

受賞[編集]

批判[編集]

八木秀次によると、セリフや描き方に関する違和感を雑誌に書いたところ(「反戦映画に仕立てられたホタル」『諸君!2001年9月号)、その一年後、それを読んだという朝日新聞社の幹部が「そろそろ話しても良い頃だと思う」と以下の趣旨の手紙を寄越したという[2]。朝日新聞社は『ホタル』製作委員会のメンバーであり、その幹部は前もってシナリオに目を通すことのできる立場にあった。映画の中に鳥濱トメをモデルにした奈良岡朋子演じるところの富子に、特攻隊員を「殺したんだよっ」と絶叫させる場面がある。また、朝鮮出身の特攻隊員・金山少尉に「遺書に本当のことが書けるか」と言わせるシーンもある。前者は年若い特攻隊員を不憫に思って実の子供のようにかわいがり、戦後はその慰霊のために生涯を捧げた鳥濱トメの口からは出ることのない政治的メッセージに満ちた言葉であり、鳥濱トメの加害性すら強調したものである[2]。後者は知覧の特攻平和会館に保存・展示されている特攻隊員の遺書すべてが虚飾と体面の集積と言わんばかりのものである。その幹部は映画の製作発表直後にそれに気づき、思い余って鳥濱トメのお嬢さんの赤羽礼子に事実確認の連絡を取った。シナリオの細部に目を通していなかった赤羽は驚き、すぐに東映に問い、その点を質した[2]。その幹部も東映に掛け合い、「東映は酷い映画を作ろうとしていますね。まだご遺族も、特攻隊の生き残りの方も存命中です。ぜひシナリオを訂正すべきです」と進言した。やがて東映の枢要な立場の人から「趣旨は分かったのでなんとかしたい」と返事が来た。しかしその直後、「監督が一度フィルム・ラッシュを見て欲しいと言っているので、撮影所まで来てくれないか」ということになり、赤羽と幹部が撮影所まで出向し、問題の場面を見せられた。奈良岡朋子が絶叫するシーンはいつでも吹き替えができるように奈良岡朋子の背中が大写しになっており、それは「どうにでも致します」という意味であった[2]。フィルム・ラッシュを見た赤羽と幹部は、「完成寸前にもかかわらず、東映が吹き替えの準備までしているなら、その誠意は分かった。決して認めるわけにはいかないが、裏方で携わった人たちの陰の苦労を考えて、あくまで東映のオリジナル・フィクションということならば、この件は以降『黙』とします」と述べて撮影所を辞去した。また、シナリオ段階の「遺書に本当のことが書けるか」というセリフは「検閲のある遺書に本当のことが書けるか」に改められていた。改悪であり、特攻隊員たちは遺書をしたためるに当たって検閲を想定し、建前を書いただけで決して本心は語らなかったということをほのめかすものであり、幹部はその意味に後で気づくことになるのだが、もう後の祭りであったという[2]

その上で、八木は、奈良岡朋子の後ろ姿が大映しになったシーンは、幹部が言うように吹き替えの用意ではなく、降旗監督が映画の本質的テーマを傷つけない範囲で譲歩したように見せるためのポーズであると批判している[2]。その理由として、日本共産党の『前衛』で、『ホタル』に関して降旗監督の発言に触れた以下の文章をあげている[2]。「彼ら(特攻隊員)の最後の日々を見とった食堂の女主人富子(奈良岡朋子)、彼女は年老いて食堂を引退することになり、町の人たちが感謝のつどいを開く。彼女は挨拶の途中、『あんな若い人たちを殺してしまった』と絶叫して、立ちすくみ、泣き崩れる。この『殺してしまった』という言葉は重要である。ここではそれを成すすべもなく、見送った自分への悔恨として語られているけれど、あの若者たちは『死んだ』のではなく、『殺された』というまぎれもない事実といや応なしに向かい合わされる。『殺した』最大の責任者こそ、小泉首相が参拝した靖国神社に合祀されたA級戦犯たちであり、あえていえば『日本の悲劇』が記録フィルムによって見せたように、天皇もまた特攻隊員をほめそやし、はげました責任を免れない。特攻隊の若者たちは『死んだ』のではなく『殺された』という地点から、初めてことの真実が見えてくる。降旗監督は講演会で『ホタル』の製作過程を率直に語った。最初は生き残った特攻隊員と死んだ特攻隊員、その婚約者という男二人、女一人の人間関係からスタートした。何とかして天皇の戦争責任をも描きたかったけれど、スタッフ全員の賛同を得られなかった。その結果、死んだ特攻隊員を朝鮮半島出身者とすることで『大日本帝国』全体の責任を問うことにしたという。(中略)『ホタル』は若い特攻隊員の死を悲しみ、悼む次元にとどまらず、大日本帝国が犯した加害の責任をもしっかりと視野に入れることになる」(映画評論家山田和夫「日本映画は戦争をどう描いてきたか」『前衛』2001年11月号)。八木は、この説明から「殺したんだよっ」と富子に絶叫させるシーンが持つ政治性は明らかで、昭和天皇の責任をも含意したメッセージが込められた言葉であり、これは監督にとって絶対に譲ることのできない言葉であり、映画の構想の時点でもともと政治的イデオロギーがあり、むしろそれが出発点であって、特攻隊員や鳥濱トメはいわばそれを飾り立てる道具立てでしかなかったと批判している[2]。八木は、降旗監督が揮毫した石碑が知覧の特攻平和会館前に立っているが、それはその会館に収められた遺書が検閲の結果のものに過ぎず、真実のことを書いていないものだと言い、会館や隣接する特攻平和観音のおおもとを作った鳥濱トメの実像を捻じ曲げた映画を撮った張本人のものであり、「自分がこの映画をに描いた特攻隊員と鳥濱トメの像こそ真実だ」とその解釈を独占しようとして特攻平和会館の前に陣取っているとしか思えず、「彼ら(特攻隊員)を冒涜する映画『ホタル』とそれを撮った降旗康男という人物に憤りを禁じえない」と述べている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 2001年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  2. ^ a b c d e f g h i わしズム』Vol.7 187頁「特攻という青春」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]