ホソオビアオジタトカゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホソオビアオジタトカゲ
ホソオビアオジタトカゲ
ホソオビアオジタトカゲ Tiliqua multifasciata
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : Scincomorpha
上科 : Scincoidea
: トカゲ科 Scincidae
: アオジタトカゲ属 Tiliqua
: ホソオビアオジタトカゲ
T. multifasciata
学名
Tiliqua multifasciata
Sternfeld, 1919
和名
ホソオビアオジタトカゲ
英名
Central blue-tongued skink

ホソオビアオジタトカゲ(細帯青舌蜥蜴、学名Tiliqua multifasciata)は、トカゲ科アオジタトカゲ属に分類されるトカゲ。別名チュウオウアオジタトカゲ

分布[編集]

オーストラリアクイーンズランド州西オーストラリア州ノーザンテリトリー固有種

形態[編集]

全長40-45cm。体形は非常に太短い。胴体中央部の斜めに列になった背面の鱗の数(体列鱗数)は38-46。体色は薄灰色や薄褐色で、背面には胴体に9-14本、尾に8-10本のオレンジがかった褐色の細い帯が入ることが和名の由来。種小名multifasciataは「多くの横縞のある、多くの帯のある」の意。

頭部は大型で、厚みがある。吻端が短く丸い。頭頂間板と頸部の間に大型の多角形の鱗の列が2-4列入る。眼後部には太く明瞭な黒い筋模様が入る。四肢や尾は短く、頭胴長に対し後肢の長さは20-25%、尾の長さは40-55%。

生態[編集]

砂漠岩場等に生息する。体を持ち上げる様にして移動する。

食性は雑食で、昆虫類節足動物、小型哺乳類、動物の死骸、果実等を食べる。

繁殖形態は卵胎生。1回に約10頭の幼体を産む。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。生息地であるオーストラリアは野生動物の輸出を禁止しているため野生個体の流通はないが、過去に欧米へ流通した個体からの繁殖個体が流通する。流通は極めて稀で、価格も極めて高価。テラリウムで飼育される。飼育にあたっては底面積を重視した大型のケージを用意する。上面には蒸れない様に通気性を確保でき、かつ脱走されないような蓋をする。床材として砂や赤玉土、ウッドチップ等を薄めに敷く。流木やコルクバーグ等を下に潜りこめるような隠れ家にする。極度の低温に弱いためケージの外側底面からシート状の遠赤外線ヒーターで温めたり、冬季は夜間も光の出ない照明器具を照射する。餌としてはコオロギ、果実、野菜等を与えるが、雑食の爬虫類用の人工飼料にも餌付く。餌に対しては事前にカルシウム剤等のサプリメントを振りかけて栄養価を上げる。餌に反撃されたり逃げられるのを防ぐため、生きた餌の場合は顎や触角、後肢を潰したり折ってから与える。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 千石正一監修 長坂拓也編 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、59頁。
  • 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ2 ヤモリ上科&スキンク上科』、誠文堂新光社2004年、94頁。
  • 海老沼剛 「アオジタトカゲとその近縁種」『エクストラ・クリーパー』No.2、誠文堂新光社、2007年、130、146-147頁。