ホセ・フェルナンデス (投手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフェルナンデス第二姓(母方の)はゴメスです。
ホセ・フェルナンデス
José Fernández
José Fernández on April 12, 2016.jpg
2016年4月12日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地  キューバ
ビジャ・クララ州サンタ・クララ
生年月日 (1992-07-31) 1992年7月31日
没年月日 (2016-09-25) 2016年9月25日(24歳没)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 MLBドラフト1巡目(全体14位)でフロリダ・マーリンズから指名
初出場 2013年4月7日 ニューヨーク・メッツ
最終出場 2016年9月20日 ワシントン・ナショナルズ
年俸 $2,800,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ホセ・デルフィン・フェルナンデス・ゴメスJosé Delfín Fernández Gómez, 1992年7月31日 - 2016年9月25日)は、キューバビジャ・クララ州サンタ・クララ出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。背番号は『16』。MLBマイアミ・マーリンズでプレーした。将来を期待された選手であったが、後述の事故により24歳でその生涯を終えた。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

キューバのサンタ・クララで生まれ育った。アレドミス・ディアスと同じ少年野球チームに所属し、メジャーリーグの選手になる夢を持つ。アメリカ合衆国への亡命に2005年から3度失敗。刑務所に服役した。

2008年に母親、妹と共にボートでキューバから4度目の逃亡を試みた。しかし途中、荒波に母親がさらわれて海に落ち、当時15歳のフェルナンデスは海に飛び込み母親を救出した。その後、メキシコを経由してアメリカ合衆国に亡命を果たす[2]。フロリダ州タンパにあるブラウリオ・アロンソ高等学校英語版に入学し、3度のノーヒットノーランを記録した[3]

マーリンズ時代[編集]

2011年MLBドラフト1巡目(全体14位)でフロリダ・マーリンズから指名され、プロ入り[4]。順調にマイナーリーグを駆け上がる。

2012年にはオールスター・フューチャーズゲームにも出場した[5]ベースボール・アメリカ誌の有望株ランキング2013年版では、メジャー全体で5位にランクされた[6][7]

2013年、前年の終盤ではA+級ジュピター・ハンマーヘッズ英語版で出場していたが、飛び級でメジャーリーグに昇格。4月7日ニューヨーク・メッツ戦で先発でメジャーデビューを果たし、5回を1四球、8奪三振、1失点で勝敗はつかなかった[8]5月4日フィラデルフィア・フィリーズ戦で7回を1四球、9奪三振、無失点でメジャー初勝利を記録した。同年7月16日MLBオールスターゲームにも選ばれ、ナショナル・リーグの5番手として登板。ダスティン・ペドロイアを見逃し三振、昨年の三冠王ミゲル・カブレラを内野フライ、オールスター時ホームラン数トップのクリス・デービスを空振り三振に切り、1イニングを無失点に抑えた[9]。同年シーズンは防御率2.19・12勝・WHIP0.98を記録し、11月11日に、ナショナルリーグのルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞した[10]。ナショナルリーグのサイ・ヤング賞の投票ではクレイトン・カーショウアダム・ウェインライトに次ぐ3位になった[11]

2014年5月16日トミー・ジョン手術を受け、2014年の残りのシーズンを欠場することが決まった。そのため、この年は8試合の先発登板に留まったが、投げた試合では総じて支配的なピッチングを見せており、防御率2.44・4勝2敗・WHIP0.95・奪三振率12.2という好成績を残した。

2015年アメリカ合衆国市民権を取得。6月6日から実戦復帰してマイナーで5試合に登板し、7月2日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャー復帰し、6回3失点で勝利投手となり、復活を果たした。この年は11試合に先発登板し、メジャーデビューから3年連続3.00未満&勝ち越しとなる防御率2.92・6勝1敗・WHIP1.16という素晴らしい数字を残した。また、64.2イニングで79三振を奪い、奪三振率は3年連続で9.0を超える圧倒的な三振奪取能力を見せつけた。

2016年は前半戦から優れた成績を挙げ、オールスターゲームに選出された。7月18日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で先発投手として史上最速となる通算400投球回での500奪三振を達成[12]9月14日、敵地でのアトランタ・ブレーブス戦で、5対4とマーリンズがリードして迎えた7回、打席のフェルナンデスに対してホセ・ラミレスが投じた1球目が頭部後方を通過する危険球となる。フェルナンデスが激昂し、両チームのベンチから選手が飛び出して両軍が揉み合いの乱闘になり、試合は一時中断した。この騒乱の前には、ブレーブス先発のフリオ・テヘランが6回にマーリンズのマーティン・プラドに対して死球、直後の裏の回にはフェルナンデスがブレーブスのニック・マーケイキスに死球を与えていた。フェルナンデスは試合後、マーケイキスの死球について「ボールが手から滑り、彼に当ててしまった」と故意ではなかったことを説明し、「あれがわざとだと考え、俺にぶつけたいと思ったのなら、ぶつければいい。俺は気にしないし、それも野球の一部だよ。でも頭は狙うな。俺には家族がいるんだ」と続け、怒りを顕わにしている[13]。9月20日にはワシントン・ナショナルズ戦に登板して8回を12奪三振、無四球、無失点に抑えて勝ち投手となり、試合後に「これまでで最高の出来だった」とコメントした。次回の登板予定は中4日の同月25日だったが、ポストシーズン進出の可能性が低くなったため、翌26日に変更されていた[14]

突然の死[編集]

同年シーズンは防御率2.86・16勝・253奪三振を挙げる活躍を見せていたが、9月25日未明にマイアミビーチ付近で発生したボート事故により死去。24歳没。午前3時すぎに沿岸警備隊が岩礁に乗り上げて転覆した高速ボートを発見。現場の状況からフルスピードで岩に激突したとみられている。ボートにはフェルナンデスの他に友人男性2人が乗っており、3人全員の死亡が確認された。3人全員がアルコールを摂取していた疑いがある[15]

マーリンズは当日の試合の中止を発表。他の14試合が行われた球場では黙祷が捧げられた。フェルナンデスはガールフレンドが妊娠中であり、子の誕生を待つ身であった[16]。会見したデビッド・サムソン英語版球団社長は、「彼の家族と、もうすぐ産まれる娘のために祈りをささげたい。キューバからの亡命に3回失敗しても諦めず、野球への愛と情熱にあふれていた」と話した[17]。翌26日のニューヨーク・メッツ戦ではマーリンズの選手全員がフェルナンデスの背番号16をつけてプレーした[18]

なお、マーリンズはその死を悼んで、フェルナンデスの背番号『16』をマイアミ・マーリンズに所属していた選手として初の永久欠番に指定することとなった[19]

フェルナンデスの突然の死が地元フロリダ・マイアミに与えた衝撃は大きく、マーリンズ・パークに続く道の名を「ホセ・フェルナンデス大通り(Jose Fernandez Avenue)」とする案をマイアミ市委員会は全会一致で可決して、マイアミ・デイド郡委員会の投票にかけられることが決定した[20]ほか、マイアミ・ドルフィンズは試合前に黙祷を捧げ[21]マイアミ・ヒートプレシーズンマッチのウォームアップでフェルナンデスの頭文字と背番号をあしらったTシャツを着用[22]フロリダ・パンサーズは開幕戦のウォームアップでフェルナンデスの背番号16のユニフォームを身に着ける[23]など、追悼の動きが拡がった。また、大統領選を控えたヒラリー・クリントンはフロリダ州の選挙集会でフェルナンデスについてコメントし、「彼は夢を叶えるためアメリカに来て、最高の野球選手の1人となった」と敬意を表した[24]

10月2日、フェルナンデスの遺灰は家族によりマイアミの海にまかれた[25]。フェルナンデスは海とマイアミの街を愛していた。

10月21日マイアミ・ヘラルド紙英語版はフェルナンデスの母親から届いた長文のメッセージを公開した。周囲のサポートへの深い感謝、球団関係者やチームメイト、代理人への感謝にとどまらず、自治体・コミュニティ、警察関係者、葬儀に尽力した人々、霊柩車の通る沿道に集まった人、花を贈った人、フェルナンデスを愛したすべての人に感謝する内容で、最後に天国にいる息子への言葉で締めくくられている[26]

10月29日、マイアミ・デイド群検視局がボートで事故死した3人の死亡報告書を発表し、フェルナンデスの体内からコカインアルコールが検出されたことが明らかになった。血中アルコール濃度は0.147で、法定基準値0.08の約2倍。友人2人からもアルコールが検出されたがいずれも基準値内、うち1人からはコカインも検出されている[27]

選手としての特徴[編集]

若手ながらエース級の活躍を見せ、将来を非常に嘱望された投手。

スリークォーターから投じる、最速100.2mph(約161.3km/h)・平均約95mph(約153km/h)のフォーシーム、平均約83mph(約134km/h)の切れ味鋭いスラーブ[28]が、投球の8割超を占める。その他に平均約87mph(約140km/h)のチェンジアップ、稀に平均93mph(約150km/h)のツーシームを投げ分けている[29]。通算奪三振率は11.2を記録している。通算与四球率が2.7と低く、制球力に定評があった。また、通算被本塁打率が0.6と優秀である。

打撃面も優秀で、代打起用されてタイムリー二塁打を放ち[30]、2016年の打率は2割5分を記録するなど定評があった[31]

人物[編集]

2008年に母(Maritza Fernandez)、妹(Yadenis Jimenez)と共にキューバからアメリカ合衆国に亡命した。キューバで医師をしていた継父(Ramon Jimenez)は先に亡命してフロリダ州に拠点を構えていた。一家は絆が強いことで知られ、特に母と祖母(Olga Fernandez)がフェルナンデスを応援する姿がよく見られた。他に年の離れた妹(Saleth Jimenez)がおり、とても可愛がっていた。プロ入り直後から交際していた女性と2015年に婚約するも破局。その後、親友を通じて出会った女性(Maria Arias)[32]と交際を始め、2016年9月20日には、第一子の誕生が近いことを明かした。8月には性別が女児と判明しており、フェルナンデスはペネロペと名付ける予定でいた。2017年2月24日に女児が誕生、ペネロペと名付けられた[33]

趣味は海での魚釣り。フェルナンデスのインスタグラム(@jofez16)には友人と魚釣りを楽しむ様子や家族と過ごす写真が投稿されていた。性格は非常に陽気で、チームメイトのジャンカルロ・スタントンは「球場を照らすライトよりも明るかった」と表現している。2013年に新人王を獲得、肘の手術を経て、2016年には防御率2.86・16勝の活躍を見せた。その才能と明るいキャラクターで、チームを代表する投手として愛されていた。

セントルイス・カージナルスアレドミス・ディアスとは同郷の幼馴染み。フェルナンデスが亡くなった際には、ワイルドカード争いの真っ只中だったがチームを離れて葬儀に参列している[34][35]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 MIA 28 28 0 0 0 12 6 0 0 .667 681 172.2 111 10 58 5 5 187 3 1 47 42 2.19 0.98
2014 8 8 0 0 0 4 2 0 0 .667 205 51.2 36 4 13 1 0 70 2 1 19 14 2.44 0.93
2015 11 11 0 0 0 6 1 0 0 .857 265 64.2 61 4 14 0 2 79 2 0 21 21 2.92 1.16
2016 29 29 0 0 0 16 8 0 0 .667 737 182.1 149 13 55 6 6 253 9 1 63 58 2.86 1.12
MLB:4年 76 76 0 0 0 38 17 0 0 .691 1888 471.1 357 31 140 12 13 589 16 3 150 135 2.58 1.05
  • 2016年度シーズン終了時

獲得タイトル・表彰[編集]

背番号[編集]

  • 16 (2013年 - 2016年)球団初の永久欠番となる。

脚注[編集]

  1. ^ Jose Fernandez Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年5月22日閲覧。
  2. ^ Juan C. Rodriguez, Sun Sentinel (2013年4月2日). “Miami Marlins: Top prospect Jose Fernandez credits personal pitching coach Orlando Chinea for speedy ascent to majors — Sun Sentinel” (英語). Sun Sentinel. 2013年4月5日閲覧。
  3. ^ Juan C. Rodriguez (2013年4月2日). “Miami Marlins: Top prospect Jose Fernandez credits personal pitching coach Orlando Chinea for speedy ascent to majors” (英語). Sun Sentinel. 2013年4月5日閲覧。
  4. ^ Florida high school sports | Former Alonso P Jose Fernandez anchors minor league no-hitter” (英語). Tampabay.com (2012年4月24日). 2013年4月5日閲覧。
  5. ^ Jonathan Mayo (2013年3月12日). “Prospects pack rosters for 2012 All-Star Futures Game | MLB.com: News” (英語). MLB.com. 2016年9月26日閲覧。
  6. ^ James Bailey (2012年12月12日). “Marlins top 2013 prospects” (英語). Baseball America. 2013年4月5日閲覧。
  7. ^ 2013 Top 100 Prospects” (英語). Baseball America (2013年2月19日). 2013年4月5日閲覧。
  8. ^ Jose Fernandez set to make MLB debut Sunday” (英語). FOX Sports Florida (2013年1月17日). 2013年4月6日閲覧。
  9. ^ Miami Marlins' Jose Fernandez shines at MLB All-Star Game” (英語). Miami Herald (2013年7月17日). 2013年9月2日閲覧。
  10. ^ Joe Frisaro (2013年11月11日). “Fernandez wins NL Rookie of the Year Award” (英語). MLB.com. 2016年9月26日閲覧。
  11. ^ Juan C. Rodriguez (2013年11月13日). “Jose Fernandez third in NL Cy Young voting - Sun Sentinel” (英語). Sun Sentinel. 2013年11月14日閲覧。
  12. ^ Among 14 K's, Fernandez gets No. 500” (英語). MLB.com (2016年7月19日). 2016年4月9日閲覧。
  13. ^ “【MLB】マーリンズ戦で危険球巡り一時試合中断 「頭は狙うな」とJ.フェルナンデスは激怒”. ISM. Yahoo! Japan. (2016年9月26日). オリジナル2016年9月26日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20160926043558/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-00000215-ism-base 2016年9月26日閲覧。 
  14. ^ イチ同僚24歳エース右腕がボートで事故死 登板日変更なければ…”. スポーツニッポン (2016年9月26日). 2017年4月9日閲覧。
  15. ^ Jose Fernandez, companions had strong odor of alcohol after fatal crash”. Miami Herald (2016年10月26日). 2016年10月27日閲覧。
  16. ^ Tragic baseball star Jose Fernandez posted picture of pregnant girlfriend on Instagram just five days before he was killed in boating accident”. Millor (2016年9月25日). 2016年9月26日閲覧。
  17. ^ 大リーグ マーリンズ エースがボート事故で死亡”. NHK NEWS WEB. 日本放送協会 (2016年9月26日). 2016年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月27日閲覧。
  18. ^ Joe Frisaro (2016年9月26日). “Marlins honor Fernandez by wearing No. 16” (英語). MLB.com. 2016年9月27日閲覧。
  19. ^ チームの主力選手で、事故死による永久欠番指定はロベルト・クレメンテパイレーツ)、ドン・ウィルソンアストロズ)、サーマン・マンソンヤンキース)に次いでフェルナンデスは4人目のケースとなった。)
  20. ^ Jose Fernandez might get his own Miami street”. Miami Herald (2016年10月13日). 2016年10月23日閲覧。
  21. ^ The Dolphins honor Marlins pitcher Jose Fernandez with moment of silence”. USA TODAY (2016年9月25日). 2016年10月23日閲覧。
  22. ^ The Miami Heat honored Jose Fernandez with No. 16 warmup shirts against the Nets”. MLB.com (2016年10月12日). 2016年10月23日閲覧。
  23. ^ The Florida Panthers honored Jose Fernandez during their NHL opener with jerseys and decals”. MLB.com (2016年10月14日). 2016年10月23日閲覧。
  24. ^ Watch: Hillary Clinton pays tribute to Jose Fernandez”. SI.com (2016年9月30日). 2016年10月23日閲覧。
  25. ^ José Fernández's ashes scattered at the place he loved most: the sea”. Miami Herald (2016年10月3日). 2016年10月5日閲覧。
  26. ^ Jose Fernandez’s mom thanks Miami fans:‘I’ve been sustained by your love for my son’”. Miami Herald (2016年10月21日). 2016年10月23日閲覧。
  27. ^ 事故死のフェルナンデスからコカインとアルコールを検出、検視局が発表”. AFPBB News (2016年10月30日). 2016年10月30日閲覧。
  28. ^ Jose Fernandez Has Two Breaking Balls | FanGraphs Baseball、2017年4月9日閲覧
  29. ^ FanGraphs Baseball PITCHf/x、2017年4月9日閲覧
  30. ^ イチローも思わず拍手 右腕フェルナンデス代打起用的中でマーリンズ勝利 Full-count 2016年7月2日
  31. ^ イチロー同僚エース事故死 乗船ボートが岩に衝突 - MLB 日刊スポーツ 2016年9月26日
  32. ^ Jose Fernandez was facing fatherhood with joy and anticipation”. Miami Herald (2016年9月27日). 2016年9月29日閲覧。
  33. ^ ボート事故死のマーリンズのエースに第1子誕生”. デイリースポーツ (2017年2月26日). 2017年2月26日閲覧。
  34. ^ tiny Aldemys and Jose! - A Hunt and Peck”. SB★NATION Viva El Birdos (2016年7月29日). 2016年9月28日閲覧。
  35. ^ “カージナルス正遊撃手 葬儀のため離脱 フェルナンデス投手と同郷”. スポニチアネックス. (2016年9月27日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/09/27/kiji/K20160927013432460.html 2016年9月28日閲覧。 
  36. ^ “ダル、カムバック賞ならず 大リーグ選手間投票の各賞発表”. 共同通信 47NEWS. (20196-11-10). http://this.kiji.is/169282451270795271?c=39546741839462401 2016年11月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]