ホセロ・ディアス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ホセロ・ディアス
Joselo Díaz
ロングアイランド・ダックス
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サンペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス
生年月日 (1980-04-13) 1980年4月13日(38歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 アマチュア・フリーエージェントとしてロサンゼルス・ドジャースと契約
初出場 MLB / 2006年9月6日 ニューヨーク・ヤンキース
NPB / 2007年4月1日
最終出場 MLB / 2008年7月12日
NPB / 2007年9月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ホセロ・ディアスJoselo Soriano Díaz , 1980年4月13日 - )は、ドミニカ共和国サンペドロ・デ・マコリス出身のプロ野球選手投手)。日本での登録名ホセロ

経歴[編集]

1996年ロサンゼルス・ドジャースに入団。

2006年カンザスシティ・ロイヤルズメジャーに初昇格して4試合に登板した。オフに横浜ベイスターズに移籍。入団当初、背番号は58であったが、本人の希望でシーズン開幕前に67に変更された。この異例の変更は、当初横浜側から提示された番号に、大きい番号の67が入っていなかったためである。

2007年、開幕当初こそセットアッパー役だったが、制球難から不安定な投球が続いたため、シーズン中盤からは敗戦処理や大量点差がついた時点での中継ぎとしての登板が多くなっていた。9月27日に球団側に来季の契約を結ぶ意向が無いことが判明し、10月31日に正式に自由契約となった。

その後、ニューヨーク・メッツとマイナー契約を結び、米球界に復帰することとなった。2008年テキサス・レンジャーズでメジャー復帰を果たした。

2010年独立リーグであるアトランティックリーグロングアイランド・ダックスと契約した。

プレースタイル・人物[編集]

最速150km/hを超えるストレートと、独特の握りから繰り出されるナックルカーブを武器としているが、制球力に難があり四球から崩れることが多かった。

以前は捕手だったため打撃力も高く、2007年春季キャンプではホームラン3発を打った。公式戦でもホセロの打席に代打を出さず、そのまま打席に向かわせてヒットを打つことがたびたびあった。2007年5月8日東京ヤクルト戦で、8回表に遠藤政隆から一時勝ち越しとなる1号ソロを放ったが、その裏に打ち込まれてしまい、勝利打点・勝利投手の独占はならなかった。

当時オリックス・バファローズにいたコリンズ監督とディーバス打撃コーチは2002年にホセロがドジャース傘下のA級ベロビーチに所属していたときにファームディレクターと捕手コーチを務めており、当時捕手だったホセロの捕球の悪さを見かねて「投手をやってみろ」とアドバイスした恩師である。2007年のオープン戦で再会を果たし恩師の前で好投を見せた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 KC 4 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 38 6.2 10 2 8 0 1 3 2 0 8 8 10.80 2.70
2007 横浜 45 1 0 0 0 3 4 2 7 .429 306 66.2 47 9 58 4 6 61 2 0 39 34 4.59 1.58
2008 TEX 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 6 1.0 1 0 1 0 1 2 1 0 1 0 0.00 2.00
MLB:2年 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 44 7.2 11 2 9 0 2 5 3 0 9 8 9.39 2.61
NPB:1年 45 1 0 0 0 3 4 2 7 .429 306 66.2 47 9 58 4 6 61 2 0 39 34 4.59 1.58

記録[編集]

NPB投手記録
NPB打撃記録

背番号[編集]

  • 53 (2006年)
  • 67 (2007年)
  • 65 (2008年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]