ホスホラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
典型的なホスホラン基の構造

ホスホラン(phosphorane、IUPAC名: λ5-phosphane)は、5価有機リン化合物官能基である。一般的な化学式は、PR5で表される。Rは水素原子や、フェニル基 (Ph) などの置換基に置き換えられ、PH5、Ph5Pの様に表される[1]

ホスホランは、3つのエカトリアル結合より長い2つのアキシアル結合を持った三方両錐形である。

R3P=CR2型のホスホランは、ウィッティヒ反応試薬として利用される。

出典[編集]

  1. ^ ^ A Guide to Organophosphorus Chemistry Louis D. Quin 2000 John Wiley & Sons ISBN 0-471-31824-8

関連項目[編集]