ホスファチジルイノシトール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホスファチジルイノシトール
識別情報
日化辞番号 J453.836F
KEGG C01194
MeSH Phosphatidylinositol
ChEBI CHEBI:28874
LIPID MAPS LMGP06010000
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ホスファチジルイノシトール(英:Phosphatidylinositol、略称:PtdIns、またはPI)は、グリセロリン脂質に分類されるリン脂質の一つ。PIは両親媒性分子である。真核生物細胞膜細胞質側に存在する。歴史的には、FaureとMorolec-Coulonにより小麦胚芽と心筋から初めて単離された。[1] [2]


組成[編集]

ホスファチジルイノシトールはグリセロール脂肪酸からなるリン脂質の一つであり、アルコール部分がイノシトールになっている。加水分解されると、1分子のグリセロール、2分子の脂肪酸、1分子のイノシトールと、1から3分子のリン酸が生成する。全てのリン脂質の中で最も酸性度の高いものと考えられている。

リン酸化[編集]

イノシトール環の3,4,5位の水酸基が7つの異なった組み合わせでリン酸化されることができ、多くの種類のキナーゼの基質になりうるため、PtdInsはシグナル伝達に関わっている。

2位と6位の水酸基は、立体障害のためにリン酸化されないと考えられている。

リン酸化された7種の全ての異性体が動物から見つかっているが、植物からはホスファチジルイノシトール 3,4,5-三リン酸だけ見つかっていない[3]


生理作用[編集]

ホスファチジルイノシトールの摂取は血中のHDLコレステロール値を上昇させる作用がある。[4]

出典[編集]

  1. ^ Arnis Kuksis (2003), Inositol Phospholipid Metabolism and Phosphatidyl Inositol Kinases, Elsevier, pp. 1, doi:10.1016/S0075-7535(03)30018-X, http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S007575350330018X 
  2. ^ J. N. HAWTHORNE (April 1960), Inositol Phospholipid, 4, 1, Journal of lipid research, pp. 263, http://www.jlr.org/content/1/4/255.full.pdf 
  3. ^ Muller-Roeber B, Pical C (2002). Inositol Phospholipid Metabolism in Arabidopsis. Characterized and Putative Isoforms of Inositol Phospholipid Kinase and Phosphoinositide-Specific Phospholipase C. 
  4. ^ Jim W. Burgess, Tracey A-M. Neville, Patricia Rouillard, Zdena Harder, Donald S. Beanlands and Daniel L. Sparks (Feb 2005), Phosphatidylinositol increases HDL-C levels in humans, 46, The Journal of Lipid Research, pp. 350-355, doi:10.1194/jlr.M400438-JLR200, http://www.jlr.org/content/46/2/350.full 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]