ホジュン〜伝説の心医〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ホジュン~伝説の心医~(原題:「龜巌許浚」ハングル구암허준)は2013年3月18日から9月23日まで放送された韓国MBCのテレビドラマ。

ホジュン ~伝説の心医~
原作 李恩成
脚本 チェ・ワンギュ
演出 キム・グノン
出演者 キム・ジュヒョク
製作
制作 MBC
放送
放送国・地域 大韓民国の旗 韓国 日本の旗 日本 中華人民共和国の旗 中国  台湾
放送期間 2013年3月18日-9月23日
テンプレートを表示
ホジュン 伝説の心医
各種表記
ハングル 구암허준
漢字 龜巌許浚
発音 クアムホジュン
テンプレートを表示


概要[編集]

このドラマは1999年から2000年にかけて放送された『ホジュン 宮廷医官への道』(チョン・グァンニョル主演)のリメイクでキム・ジュヒョクがかつて父・キム・ムセン朝鮮語版が演じた許浚を演じ、前回では省略されていた子供時代や新たな登場人物が加わった[1]

あらすじ[編集]

軍官の父に憧れて育ったホ・ジュン(キム・ジュヒョク)は聡明な少年だったが、身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰へと逃げることに。そのころ、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒ(パク・ウンビン)と出会ったジュンは、彼女と生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚はできないと彼女を置いて母と山陰にやってくる。そこで名医と名高いユ・ウィテ(ペク・ユンシク)を知り、彼に弟子入りを志願するのだった。間もなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。だが、その道は険しく、様々な苦難に満ちていた...。

登場人物[編集]

登場人物の詳細はホジュン 宮廷医官への道#登場人物を参照[2]

  • ユ・ウィテ:ペク・ユンシク
  • ソン氏:コ・ドゥシム
  • オ氏:キム・ミスク
  • サムジョク大師イ・ジェヨン
  • アン・グァンイク:チョ・ホビン
  • ヤン・イェスチェ・ジョンファン

出典・脚注[編集]

  1. ^ 解説・物語”. ホジュン~伝説の心医~. 2019年10月8日閲覧。
  2. ^ 人物相関図”. ホジュン~伝説の心医~. 2019年10月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]