ホウォートンゼリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ホウォートンゼリー (: substantia gelantinea funiculi umbilicalis) とは、主にムコ多糖ヒアルロナンおよびコンドロイチン硫酸) からなるゼリー状の物質で、臍帯および硝子体に伴って見出される。少数の線維芽細胞およびマクロファージを含む[1]胚外中胚葉から発生する。

参考文献[編集]

  1. ^ Wharton's jelly in the Merriam-Webster Medical Dictionary.