ホイエルセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
紋章 地図
(郡の位置)
Coats of arms of None.svg Locator map SHG in Germany.svg
基本情報
連邦州: ニーダーザクセン州
郡: シャウムブルク郡
緯度経度: 北緯52度19分
東経09度16分
標高: 海抜 144 m
面積: 3.97 km²
人口:

885人(2019年12月31日現在) [1]

人口密度: 223 人/km²
郵便番号: 31700
市外局番: 05725
ナンバープレート: SHG
自治体コード: 03 2 57 015
行政庁舎の住所: Kreisstraße 13
31700 Heuerßen
首長: フランク・シュタールフート (Frank Stahlhut)
郡内の位置
Heuerßen in SHG.svg

ホイエルセン (Heuerßen) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州シャウムブルク郡ザムトゲマインデ・リントホルストに属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)である。

地理[編集]

位置[編集]

コベンゼン地区を含むこの町はシュタットハーゲンバート・ネンドルフとの間、ビュッケベルクの北西山麓に位置し、かつてはシャウムブルク=リッペ伯領に属した。この町の農業を主体とするその性格は、今日まで保たれている。

歴史[編集]

初めて文献上に記録されたのは1224年である。この記述は、シュタットハーゲン近郊ヨハネス修道院への土地の譲渡に関するものである。

ホイエルセンには1960年代末まで、わずか300人ほどしか住民が居なかった。1960年代末から1970年代初めの小さな建築ブームが起こった。旧村落中心部の周りに比較的大きな「新興住宅地」が建設され、人口は飛躍的に増加した。

1990年から再び新しい住宅地が整備され、一部は住宅の隙間を埋めるように建設がなされた。

文化と見所[編集]

建築[編集]

  • 聖イュルゲン教会(12世紀)

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

引用[編集]