ホアキン・ソローリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホアキン・ソローリャ
Joaquin Sorolla by Gertrude Käsebier, 1908.jpg
原語名 ホアキン・ソローリャ・イ・バスティダ
生誕 ホアキン・ソローリャ・イ・バスティダ
1863年2月27日
スペインの旗 スペインバレンシア
死没 1923年8月10日(60歳没)
スペインの旗 スペインマドリード
国籍 スペイン
著名な実績 絵画風景画
運動・動向 印象派ルミニズム英語版
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はソローリャ第二姓(母方の)はバスティダです。

ホアキン・ソローリャ・イ・バスティダ(Joaquín Sorolla y Bastida、1863年2月27日 - 1923年8月10日)は、スペイン画家。「ソローリャ」は「ソロージャ」とも表記される。バレンシア出身[1]肖像画風景画・社会的な絵画・歴史画の壮大な作品が特徴だった。典型的な画風として、故郷の明るい日差しの下の人々と風景の素朴な表現と、太陽に照らされた水が挙げられる[2]

マドリードのサラマンカ区にあるソローリャ美術館スペイン語版には、彼の作品が展示されている。この美術館の建物は、1910年に建てられた彼の自邸兼アトリエを当時のまま使用している[1]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『世界の美しい階段』エクスナレッジ、2015年、153頁。ISBN 978-4-7678-2042-2
  2. ^ "James Gibbons Huneker, quoted in Peel, Edmund: The Painter Joaquin Sorolla, Philip Wilson Publishers, Ltd., 1989, p. 13.

外部リンク[編集]