ペール・スヴィンヒュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペール・エヴィン・スヴィンフヴュー
Pehr Evind Svinhufvud
P.E.Svinhufvud.jpg
生年月日 (1861-12-15) 1861年12月15日
出生地 フィンランド大公国の旗 フィンランド大公国
ハメ州 サークスマキ英語版
没年月日 (1944-02-29) 1944年2月29日(82歳没)
死没地  フィンランド
ヴィープリ州 ルーマキ英語版
出身校 ヘルシンキ大学
前職 弁護士裁判官
所属政党 国民連合党
配偶者 エレン・ティムグレン
サイン SvinhufvudSignature.png

在任期間 1917年11月27日 - 1918年5月27日
大統領 カールロ・ユホ・ストールベリ

在任期間 1930年7月4日 - 1931年2月18日
大統領 ラウリ・クリスティアン・レランデル

在任期間 1931年3月1日 - 1937年3月1日
テンプレートを表示

ペール・エヴィン・スヴィンフヴュースウェーデン語: Pehr Evind Svinhufvud1861年12月15日 - 1944年2月29日)は、フィンランド政治家首相(1917年11月 - 1918年5月、1930年 - 1931年)、大統領(1931年 - 1937年)を務めた。スウェーデン語系フィンランド人

生涯[編集]

サークスマキ出身。法学者。1907年、議会代議員に選出され、その初代議長となった。青年フィンランド党右派に属した。1914年、ロシアの政策に反対してシベリアに流刑となった。

1917年11月にフィンランドの初代首相に就任。フィンランド革命開始と共にヴァーサ市に逃れ、反革命勢力を組織した。1918年5月には執政(国家元首代行)となり、白色テロルを指揮した。1930年から1931年まで首相を、1931年から1937年まで大統領を務めた。その後、政治活動から引退した。

公職
先代:
ラウリ・クリスティアン・レランデル
フィンランドの旗 フィンランド共和国大統領
第3代 : 1931年 - 1937年
次代:
キュオスティ・カッリオ