ペーパー離婚 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ペーパー離婚』(-りこん)は、2008年11月1日に、文芸社から発売された冨岡知世子による日本小説である。

2010年には、テレビ朝日テレビドラマ化された。

概要[編集]

啓輔の定年退職の日に、妻・三千子との約束を忘れ友人らと飲んで帰宅してしまう。これにより、三千子から離婚を突きつけるものの、1年間の「執行猶予」を付けた離婚を提案し、三千子は啓輔に離婚届へ判をつかせる。

テレビドラマ[編集]

2010年2月7日の14:00 - 15:25(JST)に、『第9回文芸社ドラマスペシャル・ペーパー離婚〜娘の結婚VS親の離婚〜』(だいきゅうかいぶんげいしゃ-・-りこん〜むすめのけっこん・おやのりこん〜)として、テレビ朝日系列で放送した。

出演[編集]

スタッフ[編集]

参考資料・出典[編集]

全般
ドラマ版