ペーター・グート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ペーター・グートPeter Guth)はオーストリアヴァイオリニスト指揮者

略歴[編集]

ウィーン国立音楽大学卒業後、モスクワ音楽院ダヴィッド・オイストラフに学び、1957年にルドルフ・ブッフビンダー(Pf)、ハイディ・リチャウアー(Vc)と結成したウィーン三重奏団の一員として1961年ミュンヘン国際音楽コンクールで第1位となる。ORF交響楽団(現ウィーン放送交響楽団)のコンサートマスター、ウィーン交響楽団ヨハン・シュトラウス・アンサンブルの指揮者を歴任。また1978年にヘルヴェルト・ヴェドラルと共に創設したウィーン・シュトラウス・フェスティヴァル管弦楽団の音楽監督をつとめ、ヨハン・シュトラウス2世の没後100年に当たる1999年のウィーン楽友協会における盛大なガラ・コンサートの指揮を行った。東京オペラシティサントリーホールのニューイヤーコンサート等で度々来日。シュトラウスだけでなく、レハールをはじめウィーン音楽の演奏でも知られ、ヴァイオリンを弾きながら右手に持った弓で指揮をする。