ペータル・カラジョルジェヴィチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペータル・カラジョルジェヴィチ
Петар Карађорђевић
カラジョルジェヴィチ家家長
Његово Краљевско Височанство Принц Наследник Петар Карађорђевић од Србија.jpg
称号 ユーゴスラビア王子
出生 (1980-02-05) 1980年2月5日(39歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
父親 ユーゴスラビア王太子アレクサンダル2世
母親 マリア・ダ・グロリア
テンプレートを表示

ペータル・カラジョルジェヴィチセルビア語:Петар Карађорђевић, 1980年2月5日 - )は、ユーゴスラビアの元王太子アレクサンダル2世とその最初の妻マリア・ダ・グロリア(ペトロポリス系ブラジル帝位請求者ペドロ・ガスタンの娘)との間の長男。

「ユーゴスラビア王子」の称号を持ち、カラジョルジェヴィチ家家長位および名目上のユーゴスラビア王位の推定相続人である。

略歴[編集]

アメリカ合衆国のイリノイ州シカゴで生まれた。洗礼の代父は一族の最長老アレクサンダル・パヴロヴ王子(摂政宮パヴレ王子の息子)であった。両親は1985年に離婚し、父はすぐにキャサリン・ベイティスと再婚した。ヴァージニア州で幼年期を過ごしたあと、1988年にロンドンでも最も高級なプレップ・スクールの一つに入学した。1998年にペータルは芸術、スペイン語、フランス語の3種類のAレベル(大学学部入学資格)を取得してカンタベリーのキングズ・スクールを卒業し、翌1999年にはロンドン芸術大学キャンバーウェル・カレッジ・オブ・アーツの芸術創造課程を修了した。1999年から2000年にかけては合衆国のロードアイランド・スクール・オブ・デザインに在籍した。

ペータルは現在、グラフィック・アートおよびコンピュータ・デザインに関する仕事に就いている。

ペータルは英語スペイン語フランス語を話すほか、セルビア語も勉強している。ペータルは1991年と2000年7月に父祖の国セルビアを訪れていた。2000年10月に革命によって独裁者スロボダン・ミロシェヴィッチが失脚すると、旧ユーゴスラビア王家は翌2001年7月17日にベオグラードの旧王宮に戻った。

上位:
-
本項人物が最上位
〈名目上〉ユーゴスラビア王位継承権者
継承順位第 1
下位:
フィリップ
ユーゴスラビア王子
上位:
Elisabeta-Maria Biarneix
イギリス王位継承順位
継承順位第 96
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位:
フィリップ
ユーゴスラビア王子