ペンタセキュリティシステムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペンタセキュリティシステムズ株式会社
Penta Security Systems K.K.
Penta Security Systems
種類 株式会社
市場情報 非上場
設立 1997
業種 情報・通信業
事業内容 ネットワークセキュリティ
コンピュータセキュリティ
従業員数 230+人
外部リンク http://www.pentasecurity.co.jp
テンプレートを表示

ペンタセキュリティシステムズ朝鮮語: 펜타시큐리티시스템)は、韓国ソウルに本社があるITセキュリティ関連の企業である。主にWebアプリケーションのセキュリティ、データベースのセキュリティ、そしてPKI(公開鍵インフラストラクチャ)のような企業情報セキュリティソリューションとコネクティッドカー(交通分野)モノのインターネット(IoT)そして暗号通貨セキュリティ技術を保有している[1]

概要[編集]

1997年、代表取締役社長の李錫雨(イ・ソグ)により韓国のソウルに設立された。Webアプリケーションセキュリティのコア技術を保有し、韓国の政府、教育、公共、フィナンシャル機関だけではなく、大手企業および中小企業などの3,600ユーザにセキュリティ製品を提供している。日本法人は2009年1月に法人登記され設立された。東京の四谷(東京都新宿区四谷4-3-20 いちご四谷四丁目ビル3F)に日本支社を置き、陳貞喜が日本セキュリティビジネス戦略部門総責任者として代表取締役社長を務めている。

また、タイ・シンガポール(2010年)、マレーシア・台湾・オーストラリア・インドネシア(2011年)、ルワンダ・アメリカ(2013年)など、海外市場に進出し、ソリューションを提供している。

受賞および認証[編集]

  • 2003年、韓国政府からのe-Governmentプロジェクト完了賞を受賞。
  • 2006年、データベース暗号化ソリューションD'Amoが韓国政府からのGS (Good Software)認証を取得。[2]
  • 2007年、Webファイアウォール製品のWAPPLESが、韓国政府からのGS (Good Software)認証を取得。[3]
  • 2008年、WAPPLES製品がCC(Common Criteria)認証EAL 4を取得。
  • 2008年、WAPPLES製品が国家情報院(Korean National Intelligence)のセキュリティ適合性認証を取得。
  • 2008年、WAPPLES製品が韓国政府からのインテリジェントソフトウェア優秀賞を受賞。
  • 2009年、WAPPLESが新ソフトウェア商品大賞のエンベデッドソフトウェア部門でGrand Prizeを受賞。[4]
  • 2009年、WAPPLESがPCI-DSSのバージョン1.2要件6.6の適合性テストの認証を取得。[5]
  • 2009年、韓国知識経済省からの新技術実用化国務総理表彰を受賞。[6]
  • 2010年、WAPPLESは第9回韓国のソフトウェア競争力アワードでグランプリを受賞。[7]
  • 2010年、李錫雨代表取締役社長が'the Senior Information Security Professional category at the International Information System Security Certification Consortium (ISC)²で受賞。
  • 2010年、WAPPLESがIPv6 Readyシルバーのロゴ(IPv6)を取得。[8]
  • 2011年、Open Web Application Security Projectの正式スポンサーメンバーとして登録(OWASP)。[9]
  • 2011年、ペンタセキュリティのデータベースセキュリティソリューション、D’Amo2.3がSAPの認証を取得。[10][11]
  • 2012年、WAPPLESのV-SeriesがVMware Ready認証を取得。
  • 2012年、WAPPLES製品が CC(Common Criteria)認証 国際用 EAL 4を取得。[12]
  • 2013年、第12回韓国ソフトウェア企業競争力部門「情報保護ソフトウェア部門最優秀賞」受賞。[13]
  • 2013年、WAPPLES,韓国政府エコ技術およびエコ技術製品認証取得。
  • 2013年、WAPPLES v4.0,韓国政府GS(Good Software)認証取得。
  • 2013年、フロストアンドサリバン(frost & Sullivan)今年のWAFア ワード 受賞(Web Application Firewall of the Year)。[14]
  • 2013年、韓国の未来創造科学部からIT Innovation対象「未来創造科学部長官表彰」受賞。[15]
  • 2014年、フロストアンドサリバン(frost & Sullivan)、2年連続「今年のWebアプリケーションファイアウォール」受賞[16]
  • 2014年、韓国情報通信技術協会(TTA)からWAPPLESが2014年SW品質大賞「優秀賞」受賞。
  • 2015年、データ暗号化プラットフォームのD’Amo、第2回大韓民国ソフトウェア品質大賞で最優秀賞を受賞。
  • 2016年、韓国情報通信技術協会(TTA)からWAPPLESが2014年SW品質大賞「優秀賞」受賞。
  • 2016年、MyDiamo、Cyber Defense Magazine Awards「2016年データ漏えい防御編集者選定」受賞。 [17]
  • 2016年、WAPPLES、Cyber Defense Magazine Awards「2016年Webセキュリティソリューション注目企業」受賞。[18]
  • 2016年、韓国情報保護学会主催「第22回情報通信網情報保護カンファレンス(NETSEC-KR 2016)」優秀企業代表賞受賞。
  • 2016年、Cloudbric、SCマガジンアワードヨーロッパの「最高の中小企業セキュリティソリューション」部門で受賞。[19]
  • 2016年、ペンタセキュリティ、フロスト・アンド・サリバン社「2016 アジア・パシフィック最高のセキュリティベンダー」に選定。
  • 2016年、Cloudbric、米国家サイバーセキュリティ協議会(NCSA)のNCSAMチャンピオン2回連続選定。
  • 2018年、D’Amo、Cybersecurity Excellence Award「データベースセキュリティ」で1位受賞。
  • 2018年、Penta Smart Factory Security、Cybersecurity Excellence AwardsのIoT Security部門でBronze受賞。[20]
  • 2019年、AutoCrypt、TU-Automotive Awards「Best Auto Cybersecurity Product/Service」受賞。[21]
  • 2019年、経済協力開発機構(OECD)傘下の国際交通フォーラム(ITF、International Transport Forum)に企業協力理事会(CPB、Corporate Partnership Board)の会員社として加入。[22]

製品[編集]

ペンタセキュリティのWebアプリケーションファイアウォール、WAPPLES

WAPPLES(ワップル)[編集]

2005年、Webアプリケーションファイアウォール(Web Application Firewall, WAF, Application Layer Firewall)としてリリースされた。トラフィックの論理的分析に基づいたエンジンを基盤としている。[23]WAPPLESはWASPにより発表されている最も危険なWebアプリケーションレベルの攻撃のTop10[24][25]からユーザのWebアプリケーションを保護する製品であり、PCI-DSSのバージョン1.2要件6.6に適合してCC(コモンクライテリア[26]IPv6のReadyログ[27]などを取得している。その独特なエンジンは、韓国でWebアプリケーション攻撃を検知する方法(Method for Detecting a Web Application Attack、特許番号10-2010-0064363))、セキュリティルールに基づいたWeb攻撃の検知方法(Method for Detecting a Web Attack Based on a Security Rule、特許番号10-2009-0077410)の特許を取得している。現在、アメリカや、中国、日本などでも特許取得のための手続きを行っていて、2012年1月には日本で特許(特許番号4977888)を取得したのである[28]。その他、複数のWAPPLESを統合して全体を管理するWAPPLES MS(WAPPLES Management System)や、クラウド環境でのセキュリティを確保するWAPPLES V-Series[29]などもリリースされている。

D'Amo, 2004年に発売されたデータ暗号化ソフトウェア(データ暗号化ソフトウェア)、D’Amo

ペンタセキュリティは四半期ごとに数台のWAPPLESで探知されたログ統計資料を基盤にしたWeb攻撃動向資料であるICS Report(Intelligent Customer Support Report)[30]を作成し、ペンタセキュリティのホームページ(www.pentasecurity.co.jp)を通じて配布している。該当報告書ではWAPPLESのルールによる統計情報、OWASP 10代脆弱性やWAPPLESルールを対応させた統計情報、主要Web攻撃の出発国家統計情報、Web攻撃の目的による統計情報などを提供している。

D'Amo(ディアモ)[編集]

2012年4月に取得したD'Amoの日本特許
本社内にディスプレイされている受賞履歴
ペンタセキュリティのR&Dセンター;私立学校協会ビルの7階
韓国ソウル

2004年にリリースされたD'Amoは、データの暗号化、アクセス制御監査をトータルでサービスするデータベース暗号化ソフトウェアである。カラム単位のハイスピードを実現した暗号化を基盤とし、データベース管理者とセキュリティ管理者を明確に分離したアクセス制御を提供する。インデックスカラムの暗号化方法に対する韓国での特許を取得しただけではなく、韓国政府からの様々な賞を受賞し、また、韓国情報通信技術協会(Telecommunications Technology Association of Korea)[31]からのGS(Good Software)認証も取得している[32]

D'Amoは、韓国での特許2件、アメリカでの特許1件で、全3件の特許を保有している。韓国特許は、(インデックスカラム暗号化方法(Index Column Encryption Method、特許番号:10-0698834)、クエリ暗号化トランスフォーメーションによる暗号化カラムのデータベースのためのクエリ処理システム及び方法(Query processing system and method for database with encrypted columns by query encryption transformation、特許番号:10-0859162)であり、後者の「クエリ暗号化トランスフォーメーションによる暗号化カラムのデータベースのためのクエリ処理システム及び方法」はアメリカの特許(特許番号:2009/0100033)も取得している。そして、2011年8月、D'Amoバージョン2.3はSAP NetWeaverの統合認証を取得した[33][34]

2013年3月、アメリカで世界同時にMySQLデータベースの暗号化ソリューションのMyDiamoについてプレスリリース[35]をした。

2015年には店舗のPOS端末機からカード会社まで全区間暗号化を適用してくれるPOSセキュリティソリューションである「D'Amo for POS」を発売し、業界で好評を得ている[36]

MyDiamo(マイ・ディアモ)[編集]

2013年発売されたMySQL専用のデータベース暗号化リューションである。従来のMySQL DBに加えてMariaDBのDB暗・復号ができるなど、統合セキュリティサーポトが可能である。AESなど国際スタンダード暗号化アルゴリズムの支援、パスワードセキュリティのための一方向暗号化、DBインデクシンのためのカラム単位暗号化などのデータベースセキュリティの最新技術をすべて反映しており、特にエンジンレベルの暗号化技術を利用することで、保安性や性能という二つの問題を全て解決した統合セキュリティソリューションである。商用化に成功した自社DB暗号化ソリューション「D'Amo(ディアモ)」の暗号化技術やノウハウを反映して、オープンソースデータベース用ソフトウェアとして開発された。[37]

MySQL、MariaDB、Percona DBに完璧対応されるMyDiamoは個人には無料で利用することができる。ダウンロードは公式ウェブサイト(https://mydiamo.com/ja/)で可能。

Cloudbric(クラウドブリック)[編集]

2014年11月サービスを開始し、現在16個の国内外企業顧客が利用しているクラウド基盤のWebアプリケーションファイアウォール(WAF)サービスである。Cloudbricは appliance(HW)形のWebアプリケーションファイアウォール(WAF)であるWAPPLESと同じ性能でWebハッキング遮断、個人情報漏洩防止、Web偽変造防止、サービス拒否攻撃(DDoS)防止の機能をする。簡単なオンライン会員加入および決済を通じて、Webサービスを運営している人なら誰でも手軽に高性能の Webアプリケーションファイアウォールサービスを利用できるよう、開発された。Webのトラフィックを使用した分、費用を支払うので高価の Webアプリケーションファイアウォール装備の導入が難しかったスタートアップや中小企業も費用負担なくWebアプリケーションファイアウォールサービスを利用することができる。また、Webセキュリティに知識がない人でも、案内によって手軽にインストールおよび適用することができる。直観的にWebセキュリティ現況をモニタリングできるUIを提供し、いつでもWebサービスの脅威に対して即時に対応ができる。2015年8月にはグローバルスタートアップ支援機関である「スタートアップブートキャンプ(Startup Bootcamp)」と協力し、全世界のスタートアップのWebセキュリティをサーポトした。[38]

AutoCrypt(アウトクリプト)[編集]

AutoCrypt(アウトクリプト)はペンタセキュリティのIoT融合セキュリティ研究所である「PICL(Penta IoT Convergence Lab)」で7年間研究、開発したスマートカーセキュリティソリューションである。 スマートカーに必須的なセキュリティ技術として、車両外部から内部に流入される攻撃トラフィックをアプリケーション階層(L7)で探知する世界初の製品で、車両向けのアプリケーションファイアウォールや車両内部で使用される多様な暗号鍵と認証書および車両内部のセキュリティ通信、そして車両外部のセキュリティ通信に使用される鍵のLife Cycleを管理する。2015年8月、発売した。[39]

PALLET (パレット)[編集]

ペンタセキュリティが独自開発したウォレットフレームワークであるPCWF(Penta Crypto Wallet Framework)*を基盤として作られた仮想通貨のためのウォレットである。仮想通貨ユーザや仮想通貨サービス提供者が仮想通貨を安全に保管・取引できる環境を提供する。PALLETは、個人ユーザと事業者が利便性や安全性を基準として、選択して使えるようにオンプレミス(On-premise)タイプやモバイルアプリケーションタイプ、カードタイプ、ハードウェアタイプ、チップタイプなど、様々なタイプのウォレットを提供する。

また、ネットワークとの連結有無により分けられるホットウォレット(Hot Wallet)とコールドウォレット(Cold Wallet)を全て提供し、これを連動させて使えるようにして、さらに安全性とセキュリティを向上させている。[40][41]

他のソリューション[編集]

ペンタセキュリティは、ISSAC-WebとISign Plusのソリューションを提供している。以前、PACA-Web[42] という製品名で1998年にリリースされたISSAC-Webは、公開鍵基盤の暗号化ソリューション(PKI: public key infrastructure)であり、WebサーバとWebブラウザの間で安全なデータの転送をサポートする。[43]2010年ペンタセキュリティは、スマートフォン向けのISSAC-Webをリリースした。[44]ISign Plusは、PKIを採用した権限管理(PMI: privilege management infrastructure)を提供するユーザ認証システムである。

沿革[編集]

2019年

  • AutoCrypt、TU-Automotive Awards 2019 「Best Auto Cybersecurity Product/Service部門(最優秀自動車サイバーセキュリティ製品・ソリューション)」受賞[45]

2018年

  • AutoCrypt、IoTイノベーションアワード2018 「セキュリティ分野の大賞」受賞
  • 「ASOCIO ICT Company 優秀企業」に選定(ASOCIO(Asian-Oceanian Computing Industry Organization))
  • グリッドウィズ社と電気自動車のPlug and Chargeソリューション商用化
  • MUK Groupとパートナーシップ締結
  • 台湾のHEM Infosecとのパートナーシップ締結
  • グリッドウィズ社と電気自動車のセキュリティのためのパートナーシップを締結[46]
  • Cybersecurity Excellence Award「データベースセキュリティ1位」、「IoTセキュリティ3位」受賞
  • 仮想通貨ウォレットの「ペンタ・クリプトウォレット(Penta CryptoWallet」リリース

2017年

  • 韓国の自動走行自動車実験都市「K-CITY」にAutoCrypt提供
  • スマートファクトリーセキュリティソリューション「Penta Smart Factory Security」、 スマートメータリングセキュリティソリューション「Penta Smart Metering Security」リリース
  • クラウド事業者向けのWebアプリケーションファイアウォール「WAPPLES Cloud」リリース

2016年

  • ポップコーンザーとのMOUでアウトクリプトオートザー(AUTOSAR)標準技術適用
  • 正品認証ソリューションD’EAL(D’Amo Seal)をリリース
  • 「2016アジア・パシフィック最高のセキュリティベンダー」に選定(フロスト・アンド・サリバン社)
  • クラウド事業者向けのWebアプリケーションファイアウォール「WAPPLES Cloud」リリース

2015年

  • WebアプリケーションファイアウォールのWAPPLESがアジア・パシフィック市場シェア1位達成 (2015 Frost IQ 報告書)
  • 自動車セキュリティ製品「AutoCrypt(アウトクリプト)リリース
  • クラウド規範のWebアプリケーションファイアウォールサービス「Cloudbric(クラウドブリック)」韓国リリース
  • IoT融合セキュリティ研究室設立
  • WAPPLES V-Series G クラウド最適化バージョンリリース
  • イメージファイル暗号化ソリューションリリース
  • クラウド基盤のWebアプリケーションファイアウォールサービス「Cloudbric(クラウドブリック)」グローバルリリース

2014年

  • 韓国初車両通信セキュリティ技術確保(IEEE 1609.2全体規格実現およびテストベッド適用)
  • アメリカテキサスヒューストン現地法人(Penta Security Systems Corporation)設立

2013年

  • 2013年10月に日本独自にWAFのクラウドサービスとしてWAPPLES Cloud Service Platform (WCSP)サービスを開始
  • 2013年11月にMySQLやMariaDBのOSS系DB向け暗号化製品の発売を開始[47]リリース
  • WAPPLES v4.0,韓国政 府GS(Good Software)認証取得
  • フロストアンドサリバン(frost & Sullivan)今年のWAFアワード受賞(Web Application Firewall of the Year)

脚注[編集]

  1. ^ Bloomberg Businessweek. "Penta Security Systems, Inc. Snapshot" Retrieved on 07 November 2011.
  2. ^ TTA인증제품목록 "인증기업 및 제품 상세보기: D'Amo" Retrieved on 07 November 2011
  3. ^ TTA인증제품목록 "인증기업 및 제품 상세보기: WAPPLES" Retrieved on 07 November 2011
  4. ^ etnews.com "신SW 상품대상 3월·4월 수상작 일반 및 임베디드 SW 부문" 30 April 2009, Retrieved 22 November 2011
  5. ^ Penta Security's Web Application Firewall, WAPPLES, Awarded PCI DSS Certification in Japan” (日本語). TMCnet. 2014年6月23日閲覧。
  6. ^ boannews.com "펜타시큐리티, 2009 신기술실용화 국무총리 표창 수상" by Jeongwon Kim, 07 November 2009, Retrieved 22 November 2011
  7. ^ etnews.com "대한민국 SW기업 경쟁력 대상 SW의 금메달리스트들, 세계 향해 날차기" by Insoon Kim, 24 February 2010, Retrieved 22 November 2011
  8. ^ IPv6Ready.org "Details of Logo 01-000553" Retrieved on 23 November 2011.
  9. ^ OWASP The Open Web Application Security Project, "Membership", Retrieved on 17 November 2011
  10. ^ Digital Times "ERP DB암호화 펜타시큐리티시스템 디아모" 24 October 2011, Retrieved 22 November 2011
  11. ^ SAP "Partner Information Solution Details" 08 Aug 2011, Retrieved 05 December 2011
  12. ^ 韓国セキュリティ電子新聞の記事抜粋"펜타시큐리티, 웹방화벽 ‘WAPPLES’ 국제 CC인증 획득"2012.12.28
  13. ^ 韓国セキュリティ電子新聞の記事抜粋"[제12회 대한민국 SW기업 경쟁력 대상최우수상-한국SW산업협회장상/펜타시큐리티시스템"]2013.02.25
  14. ^ 韓国セキュリティ電子新聞の記事抜粋"펜타시큐리티시스템 `와플`, 올해의 웹 방화벽 수상"2013.06.30
  15. ^ 韓国セキュリティ電子新聞の記事抜粋"대한민국 미래창조과학부로부터 IT Innovation 대상 '미래창조과학부장관 표창'을 수상"2013.11.29
  16. ^ 펜타시큐리티, ‘2014 올해의 웹방화벽’ 수상” (日本語). IT Chosun. 2014年6月23日閲覧。
  17. ^ 「WAPPLES」と「MyDiamo」が2016 CDM Awardsを受賞 - ペンタセキュリティ” (日本語). mynavinews. 2016年3月28日閲覧。
  18. ^ 「WAPPLES」と「MyDiamo」が2016 CDM Awardsを受賞 - ペンタセキュリティ” (日本語). mynavinews. 2016年3月28日閲覧。
  19. ^ CloudbricがSC Awards Europe 2016で受賞- ペンタセキュリティ” (日本語). mynavinews. 2016年6月14日閲覧。
  20. ^ 2018 Cybersecurity Product Awards - Winners and Finalists” (英語). Cybersecurity Excellence Awards (2018年5月4日). 2019年7月8日閲覧。
  21. ^ TU-Automotive Detroit 2019 – TU Automotive”. www.tu-auto.com. 2019年7月8日閲覧。
  22. ^ exciteニュース "ペンタセキュリティ、「OECD国際交通フォーラム(ITF)」に加入 - ペンタセキュリティ" 2019.10.29
  23. ^ "Penta Security Systems, Inc.: WAPPLES" Retrieved on 07 November 2011.
  24. ^ OWASP The Open Web Application Security Project, "OWASP Top 10 for 2010" Last updated on 17 July 2011, retrieved on 15 November 2011.
  25. ^ OWASP The Open Web Application Security Project, "Web Application Firewall" Last modified on 08 November 2011, retrieved on 15 November 2011.
  26. ^ TMCnet, "Penta Security’s Web Application Firewall, WAPPLES, Awarded PCI DSS Certification in Japan" Published 15 December 2009, Retrieved on 07 November 2011.
  27. ^ IPv6Ready.org "Details of Logo 01-000553" Retrieved on 23 November 2011.
  28. ^ Asta Muse World Knowledge Agent アーカイブされたコピー”. 2012年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月22日閲覧。 "ウェブアプリケーション攻撃の検知方法" Retrieved 22 February 2012
  29. ^ Quantiq International "Penta Security Launches WAPPLES V-Series, a virtual version of its market-leading Web Application Firewall for Cloud Computing" Archived 2012年9月6日, at Archive.is Published 31 October 2011, Retrieved 07 November 2011.
  30. ^ "Penta Security Systems, Inc.: ICS Report" Retrieved on December 2010
  31. ^ TTA인증제품목록 "인증기업 및 제품 상세보기: D’Amo " Retrieved on 15 November 2011.
  32. ^ "Penta Security Awards and Certifications" retrieved on 15 November 2011
  33. ^ SAP "Partner Information Solution Details" 08 Aug 2011, Retrieved 05 December 2011
  34. ^ Boan News "펜타시큐리티, SAP DB보안 시장진출 본격 시동" by TaeHyeong Kim, 30 Aug 2011, Retrieved 05 December 2011
  35. ^ ペンタセキュリティシステムズ、MySQLとMariaDBに対応するDB暗号化製品「MyDiamo」を発売” (日本語). 日経xTECHACTIVE. 2013年11月15日閲覧。
  36. ^ "ペンタセキュリティ、POS端末のセキュリティを保護する「D’Amo for POS」" Published 08 September 2015
  37. ^ ペンタセキュリティシステムズ、MySQLとMariaDBに対応するDB暗号化製品「MyDiamo」を発売” (日本語). 日経xTECHACTIVE. 2013年11月15日閲覧。
  38. ^ ペンタセキュリティのクラウドブリック、グローバルスタートアップをサポート、欧州最大の起業支援機関「スタートアップブートキャンプ」スタートアップにWebセキュリティサービスを提供” (日本語). zdnet.com. 2015年12月8日閲覧。
  39. ^ ペンタセキュリティ、スマートカー向けセキュリティブランド「AutoCrypt」” (日本語). mynavi.jp. 2015年9月10日閲覧。
  40. ^ ペンタセキュリティ、暗号通貨ウォレットのPallet(パレット)をリリース” (日本語). japan.cnet.com. 2019年7月8日閲覧。
  41. ^ ペンタセキュリティ、企業向けの仮想通貨ウォレット「PALLET X」を発売” (日本語). SANSPO.COM. 2019年3月22日閲覧。
  42. ^ Korea Information Security Industry Portal "Penta Security Systems, Inc. Company Info" Archived 2012年5月23日, at the Wayback Machine. Retrieved on 07 November 2011.
  43. ^ "Penta Security Systems, Inc.: ISSAC-Web" Retrieved on 07 November 2011.
  44. ^ "Penta Security Released Security Solution for SmartPhone" by Yoon-jung Jang, Korea IT News.Published 04 May 2010, Retrieved on 07 November 2011
  45. ^ ペンタセキュリティ、TU-Automotive Awardsで「Best Auto Cybersecurity Product/Solution」部門を受賞” (日本語). ZDNet Japan. 2019年7月8日閲覧。
  46. ^ ペンタセキュリティ、グリッドウィズ社と電気自動車(EV)の充電インフラビジネスに関するMOU締結” (日本語). ZDNet Japan. 2019年7月8日閲覧。
  47. ^ MyDiamo公式ソリューション提供ホームページ"MyDiamo The first comprehensive encryption software for MySQL and MariaDB"

関連項目[編集]