ペンタクロロフェノールモノオキシゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペンタクロロフェノールモノオキシゲナーゼ
識別子
EC番号 1.14.13.50
CAS登録番号 136111-57-4
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBj PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / QuickGO
テンプレートを表示

ペンタクロロフェノールモノオキシゲナーゼ(pentachlorophenol monooxygenase)は、クロロシクロヘキサンおよび、クロロベンゼン分解酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

(1) ペンタクロロフェノール + 2 NADPH + H+ + O2 2,3,5,6-テトラクロロヒドロキノン + 2 NADPH+ + Cl- + H2O
(2) 2,3,5,6-テトラクロロフェノール + NADPH + H+ + O2 2,3,5,6-テトラクロロヒドロキノン + NADPH+ + H2O

組織名はpentachlorophenol,NADPH:oxygen oxidoreductase (hydroxylating, dechlorinating)で、別名にpentachlorophenol dechlorinase、pentachlorophenol dehalogenase、pentachlorophenol 4-monooxygenase、PCP hydroxylase、pentachlorophenol hydroxylase、PcpB、PCB 4-monooxygenase、PCB4MOがある。

参考文献[編集]