ペンタガストリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペンタガストリン
Pentagastrin.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com Micromedex Detailed Consumer Information
薬物動態データ
半減期10分以下
識別
CAS番号
5534-95-2 チェック
ATCコード V04CG04 (WHO)
PubChem CID: 9853654
IUPHAR/BPS 870
DrugBank DB00183 チェック
ChemSpider 8029364 チェック
UNII EF0NX91490 チェック
KEGG D01631  チェック
ChEMBL CHEMBL1328 チェック
化学的データ
化学式C37H49N7O9S
分子量767.893 g/mol
テンプレートを表示

ペンタガストリン(Pentagastrin)は、非経口投与によってガストリン様作用を示す合成ポリペプチドである[2]胃酸ペプシン内因子の分泌を刺激し、またカルシトニン分泌刺激試験にも用いられる。商標名はPeptavlon。

脳内で広く発現しているコレシストキニン-B受容体と結合する。これらの受容体の活性化がホスホリパーゼCセカンドメッセンジャーシステムを活性化する。点滴静脈注射で投与すると、パニック発作を起こす可能性がある[3]

刺激試験[編集]

ペンタガストリンは、セロトニンなどのいくつかのホルモン濃度を上昇させる刺激試験としても使用される。紅潮を誘発し、カルチノイド症候群バイオマーカーが正常またはわずかに上昇しただけの紅潮患者の評価に有用である。

核医学検査によるメッケル憩室の検出のため、異所性胃粘膜を刺激するのに用いられてきた。

カルシトニン試験[編集]

ペンタガストリン刺激カルシトニン試験は、甲状腺髄様がんの診断試験である。甲状腺髄様がんは、甲状腺のカルシトニン分泌細胞の悪性腫瘍であり、そのため一般にカルシトニン濃度が上昇するが、常に明確に上昇がみられるわけではない。ペンタガストリン刺激カルシトニン試験は、カルシトニン濃度が上昇しない甲状腺髄様がん疑いの患者に有用である。これらの患者では、ペンタガストリンの注射により、カルシトニンの濃度が正常値または基底値より大幅に上昇する[4]甲状腺全摘の後、ペンタガストリン刺激カルシトニンの放出により、残った濾胞傍細胞を検出できる。

出典[編集]

  1. ^ Martindale (1993). The extra pharmacopoeia (30th ed.). London: Pharmaceutical Press. ISBN 978-0853693000 
  2. ^ Braganza, J. M.; Herman, K; Hine, P; Kay, G (1979). “The effect of pentagastrin on peptic secretion in man”. The Journal of Physiology 289: 9-16. doi:10.1113/jphysiol.1979.sp012721. PMC 1281354. PMID 379305. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1281354/. 
  3. ^ van Megen, HJ; Westenberg, HG; den Boer, JA; Haigh, JR; Traub, M (April 1994). “Pentagastrin induced panic attacks: enhanced sensitivity in panic disorder patients.”. Psychopharmacology 114 (3): 449-55. doi:10.1007/bf02249335. PMID 7855203. 
  4. ^ Barbot, N; Calmettes, C; Schuffenecker, I; Saint-Andre, J P; Franc, B; Rohmer, V; Jallet, P; Bigorgne, J C (January 1994). “Pentagastrin stimulation test and early diagnosis of medullary thyroid carcinoma using an immunoradiometric assay of calcitonin: comparison with genetic screening in hereditary medullary thyroid carcinoma.”. The Journal of Clinical Endocrinology & Metabolism 78 (1): 114-120. doi:10.1210/jcem.78.1.7904611. PMID 7904611. 

関連項目[編集]