ペロポネソス同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペロポネソス同盟(ペロポネソスどうめい)は、紀元前6世紀末にスパルタ王クレオメネス1世によって結成された、スパルタを盟主とするペロポネソス半島の諸ポリスからなる同盟。

ペロポネソス同盟とデロス同盟の対立は、やがてペロポネソス戦争へと発展した。

紀元前371年にスパルタはレウクトラの戦いでテバイに破れ、ギリシア覇権を失った。そして紀元前366年にテバイの指導者エパメイノンダスによって同盟は解散させられた。しかし紀元前272年ラコニアに攻め込んだエピロスピュロスアレウス1世が撃退し、ペロポネソス同盟を再結成した。