ペルメトリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペルメトリン
識別情報
CAS登録番号 52645-53-1 チェック
PubChem 40326
ChemSpider 36845 チェック
UNII 509F88P9SZ チェック
DrugBank DB04930
KEGG C14388
ChEBI CHEBI:34911 チェック
ChEMBL CHEMBL1525 チェック
ATC分類 P03AC04,QP53AC04
特性
化学式 C21H20Cl2O3
モル質量 391.29 g mol−1
外観 無色結晶
密度 1.19 g/cm³, 個体
融点

34 °C, 307 K, 93 °F

沸点

200 °C, 473 K, 392 °F

への溶解度 5.5 x 10−3 ppm
危険性
MSDS External MSDS
主な危険性 肌と眼への刺激
肺へのダメージ
関連する物質
関連するピレスロイド ビフェントリン
デルタメトリン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ペルメトリン(Permethrin)はピレスロイド殺虫剤の一種。英語読みでパーメスリンとも呼ばれる。

人畜に対する毒性は低く(ただしネコ魚類に対しては毒性が高い)、昆虫ダニに対して広く効果を示すため、衛生害虫駆除、防虫農薬、動物薬および医薬などの用途に広く用いられる。

医薬用途ではシラミなどの外部寄生虫駆除用や疥癬の治療(ヒゼンダニの駆除)に用いられる。特に疥癬治療薬としては世界的に広く用いられるが、日本では医薬品として認可されていない。