ペリドット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペリドットの原石

ペリドット(英:peridot、ペリドートとも)とは宝石の一種である。カンラン石(苦土カンラン石)の中で、宝石として扱われるものがこう呼ばれる。

含有する鉄分の作用によって、緑色を示す。 ペリドットは、夜間照明の下でも昼間と変わらない鮮やかな緑色を維持したため、ローマ人からは「夜会のエメラルド」と呼ばれていた[1]。後にペリドットは十字軍によって紅海に浮かぶセントジョンズ島から持ち帰られ[2]、中世の教会の装飾に使われた。200カラット以上ある大きなペリドットが、ケルン大聖堂にある東方の三博士の3つの聖堂を飾っている。

性質・特徴[編集]

モース硬度:6.5-7.0。8月誕生石である。石言葉は「夫婦の幸福・平和 ・安心 ・幸福 」。

古い産地としては前述のセントジョンズ島があり、鉱脈は枯渇していないものの、採掘が禁じられている[3]。宝石として流通できる品質のものの産地は、アメリカ合衆国ハワイアリゾナ州[4]中国ミャンマーなどである。

この他、石鉄隕石の一種であるパラサイトの中に、まれに宝石質のカンラン石が混じっていることがあり、原石のまま、あるいは特に大きいものはカットされ流通することがある。隕石自体が珍しいものであり、その中でもまれにしか見られず、さらに生成の由来が所有者の夢をかきたてることもあって、たいへん高価である。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 山川純次 (2014年3月12日). “ある鉱物学者の誕生石図館8 ペリドット”. 2016年1月20日閲覧。
  2. ^ キャリー・ホール 『宝石の写真図鑑』 日本ヴォーグ社、東京、1996年、113頁。ISBN 978-4529026918
  3. ^ 山川純次 (2014年3月12日). “ある鉱物学者の誕生石図館8 ペリドット”. 2016年1月20日閲覧。
  4. ^ 堀秀道 『たのしい 鉱物と宝石の博学辞典』 実業之日本社、東京、1999年、148頁。ISBN 978-4534029300

外部リンク[編集]