ペランパネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペランパネル
Skeletal formula of perampanel
Ball-and-stick model of the perampanel molecule
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 フィコンパ
ライセンス EMA:リンクUS FDA:リンク
胎児危険度分類
  • US: C
法的規制
薬物動態データ
生物学的利用能 116%[1]
血漿タンパク結合 95–96%
代謝 主に肝臓で CYP3A4CYP3A5により代謝される。
半減期 105 時間, 肝機能が低下している場合 295 時間
排泄 糞中 70% , 尿中 30%
識別
CAS番号
380917-97-5 チェック
ATCコード N03AX22 (WHO)
PubChem CID: 9924495
IUPHAR/BPS 7050
ChemSpider 8100130 ×
UNII H821664NPK ×
KEGG D08964  チェック
ChEBI CHEBI:71013 ×
ChEMBL CHEMBL1214124 ×
PDB ligand ID 6ZP (PDBe, RCSB PDB)
別名 E2007
化学的データ
化学式 C23H15N3O
分子量 349.384 g/mol
テンプレートを表示

ペランパネル(: Perampanel)とは、エーザイが開発したAMPA型グルタミン酸受容体非競合型拮抗薬であり[2]、抗てんかん薬として日本では2016年製造販売が認可された[3]。商品名フィコンパで販売されている。2016年6月には東京大学のグループが同薬がALSの治療薬としても発症原因に根ざした、高い治療効果があると発表し、2016年6月28日付けの英国科学誌「Scientific Reports」に掲載された[4]

概要[編集]

日本では「他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作および強直間代発作に対する抗てんかん薬との併用療法」として2016年3月28日に承認された[3]。海外では、欧州(2012年7月)、米国(2012年10月)で承認されて以降、2015年10月までに世界29カ国で承認されている[3]。 2016年6月、東京大学のグループがALSの治療薬としても高い効果が期待できると発表した[4][5]。ALSに関しては2017年4月からに日本国内で治験が開始された[6][7]。2017年頃からランス・アダムス症候群などの皮質ミオクローヌスの治療に有効であるという報告が集まってきている[8][9][10][11]

作用機序[編集]

グルタミン酸によるAMPA(α-amino-3-hydro-5-methyl-4-isoxazolepropionic acid)受容体刺激シグナルを選択的かつ非競合的に阻害することで神経の興奮、てんかん症状を抑制する[12]

副作用[編集]

臨床試験では約70%に副作用が認められた[3][13]。主な副作用は浮動性めまい、傾眠などであり、重大な副作用として攻撃性などの精神症状があらわれることが報告されている[3][13]

脚注[編集]

  1. ^ Yang, X; Wu T-C; Yuxin Men A; Lee J-Y; Bhattaram VA; Mehta MU. U.S. FDA Clinical Pharmacology Review. Fycompa™ (perampanel). p. 25. http://www.fda.gov/downloads/Drugs/DevelopmentApprovalProcess/DevelopmentResources/UCM332052.pdf. 
  2. ^ Chong, DJ; Lerman, AM (April 2016). “Practice Update: Review of Anticonvulsant Therapy.”. Current neurology and neuroscience reports 16 (4): 39. doi:10.1007/s11910-016-0640-y. PMID 26984292. 
  3. ^ a b c d e “AMPA受容体を阻害する新機序の抗てんかん薬”. 日経メディカル. (2016年4月8日). http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201604/546461.html 2016年12月18日閲覧。 
  4. ^ a b “東大、既存の抗てんかん薬を用いたALSの新規治療法 - マウスで有効性確認”. マイナビニュース. (2016年6月28日). http://news.mynavi.jp/news/2016/06/29/414/ 2016年12月18日閲覧。 
  5. ^ 東京大学公式サイト
  6. ^ 東京医科大学神経内科「孤発性筋萎縮性側索硬化症に対するペランパネルの第Ⅱ相臨床試験」
  7. ^ 一般社団法人日本ALS協会公式サイト>IBCグラント研究奨励/郭伸先生との懇談のご報告
  8. ^ Goldsmith D, Minassian BA. Efficacy and tolerability of perampanel in ten patients with Lafora disease. Epilepsy Behav 2016;62:132-135
  9. ^ Crespel A, Gelisse P, Tang NP, et al. Perampanel in 12 patient swith Unverricht-Lundborg disease. Epilepsia 2017;58:543-547
  10. ^ Steinhoff BJ, Bacher M, Kurth C, et al. Add-on perampanel in Lance-Adams syndrome. Epilepsy Behav Case Rep 2016;6:28-29.
  11. ^ Shiraishi H, Egawa K, Ito T, et al. Efficacy of perampanel for controlling seizures and improving neurological dysfunction in a patient with dentatorubral-pallidoluysian atrophy (DRPLA).Epilpsy Behav Case Rep 2017;8:44-46.
  12. ^ French JA, et al. Adjunctive perampanel for refractory partial-onset seizures : randomized phase III study 304. Neurology;2012(79):589-596.
  13. ^ a b エーザイ公式サイト>ニュースリリース2012年10月28日

関連項目[編集]