ペニーオークション詐欺事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ペニーオークション詐欺事件(ペニーオークションさぎじけん)とは、2012年平成24年)に日本で発覚したペニーオークション(ペニオク)ウェブサイトを用いた詐欺事件である[1]。ペニオク詐欺事件とも呼ばれる[2]

複数の芸能人によるステルスマーケティング(ステマ)があったことが判明している[3]

概要[編集]

2012年(平成24年)12月、参加者が入札しても事実上落札できない仕組みのペニーオークションサイト「ワールドオークション」で、入札者から手数料をだまし取ったとして、詐欺罪容疑で出会い系サイト運営会社の役員1人と社員3人の計4人が逮捕された[4][5]

逮捕された4人が運営していた複数のペニオクサイトは最初は、高額商品0円など低額でスタートし、1円から15円の入札単位で価格が上がっていき、入札するごとにサイト業者にあらかじめ先払いした仮想通貨で数十円単位の負担をし、落札後に落札額を仮想通貨で支払うのが基本的なシステムと紹介されていた。

しかし、サイト運営者がボットによる架空会員で自動入札をすることによって、1000万円にならない限りは落札できない仕組みになっており、入札すればするほどサイト業者に金が入る仕組みになっていた[6][7]。ダミーとして一部の低価格商品のみ例外的に低額で落札可能になっていたが、そのような事例は全出品の1.2%にすぎなかった[8][9]。また家宅捜索で押収した資料を分析した結果、出品した高額商品を仕入れた形跡がなく、入札者に商品を渡す意思が無かったことが判明している[8]

2012年10月から11月にかけて、スマートフォンから個人情報を抜き取るウイルスに関与したとして、不正指令電磁的記録に関する罪の容疑で、出会い系サイト運営会社役員1人と社員3人(詐欺罪で逮捕された3人とは別の3人)を逮捕[10][11]した際に押収した証拠のデータを解析した結果、ペニオクサイトの仕組みが判明し、詐欺発覚のきっかけとなった[12]

なお、逮捕後に出会い系サイト運営会社の役員ら4人が関与していた、複数のペニオクサイトは閉鎖された。12月29日に出会い系サイト運営会社役員ら4人は、詐欺罪で起訴された[13]。4人の起訴事実は「事実上商品を落札できない仕組みなのに、ペニオクサイトで『激安価格で落札できる』などと表示し、顧客4人から2012年1月から7月にかけて、手数料計3万3700円をだまし取った詐欺」である[14]。なお、4人が関与したペニオクサイトは会員約10万人の大半が架空であり、正規の参加者が支払った手数料は2010年6月から2012年まで計6000万円に上っていたと報道されている[7]

また、主犯格の出会い系サイト運営会社役員は、本件の詐欺罪だけでなく、別件の不正指令電磁的記録供用罪と同保管罪でも起訴された[15]

2013年(平成25年)5月24日京都地方裁判所は、主犯格の出会い系サイト運営会社役員に、懲役3年執行猶予5年(求刑・懲役3年)を、社員3人に懲役1年6月執行猶予3年(求刑・1年6月)の判決を、それぞれ言い渡した[16][17]。弁護側は331件の被害者に計607万円の被害弁償をしたことから、執行猶予付き判決を求めていた[18]

ネットメディアによる宣伝[編集]

後述の芸能人ステマ問題と併せ、同時期に展開されていたのがネットメディアへの宣伝依頼である。ガジェット通信、サイゾーウーマン、日刊サイゾー、kotaku JAPAN、ギズモード・ジャパンなど複数のメディアが、「実際に落札できた」「こんなに簡単で良いのか」「詐欺に遭う確率は0%」といった記事を同時期に複数掲載している。それらのメディアの中には、後にペニオク問題が発覚した後は芸能人を批判する側に回っているものもあった。

芸能人によるステマ問題[編集]

ペニオク詐欺事件が発覚したことにより、逮捕者が運営していたペニオクサイトで高額商品を格安で落札購入した旨の内容(例として市場価格4万5000円~7万円の高額商品を1080円と低額で落札購入した内容[19])を、自分のブログで投稿していた複数の芸能人が追及された。その結果、実際には落札していないのに、落札したかのようにして装って、ペニオクサイトを紹介していた「ステルスマーケティング(ステマ)」だったことが判明した。

ペニオク詐欺事件発覚後、ネット取引の性質上、外部から「ペニオクサイトは詐欺的なシステムではない」と第三者が確信することが困難なため、ペニオクサイトについてネガティブな印象が一気に強くなった。それによって、ペニオクサイトを紹介していた芸能人が追及され、逮捕された業者との関係が明らかではない「ペニオクサイトを紹介していた芸能人」が、ステマ投稿をしていたと認めるケースもあった[20]

逮捕された出会い系サイト運営会社役員は、芸能人にブログでのステマ投稿を依頼し、その後でサイト上で複数の芸能人ブログを記載した上で「なんと! 商品を買っている芸能人も多数!」と文言で紹介し、ペニオクサイトで高額商品を格安で落札購入できるよう宣伝・アピールしていた[21]

問題視された芸能人の投稿には「(業者から提供された)高額商品を所持している場面」や「オークションで低額で落札している場面」を写真として貼っていることや、記事タイトルを含め文章で具体的な金額を明示して、格安だったことを強調したことなどが多く共通しており(一部例外あり)、特定のペニオクサイトを名称とURLアドレス付きで紹介していた。また、これらのステマでは、高額商品以外にも5万円[22]から40万円[23]までの現金が、サイト運営業者から「紹介料」として芸能人へ動いていたことが判明した(現金を受け取っていないと主張する芸能人もいた[24])。

「ペニオクサイトをステマ投稿に関与していた芸能人は20人以上[25]」とメディアで報道されたが、そのうち8人の芸能人が実名報道された。ペニオクサイトを紹介のため、落札していないのに「落札した」とのブログ投稿に関与した芸能人は、そのことについて謝罪した。小森純の様に、この影響で一時的にブログを閉鎖する者もいた[26]。ただし、菜々緒は「問題サイトの認識がないまま掲載したこと」については謝罪しつつも、「サイトを紹介しただけで、落札したとは書いてない」と主張し、「嘘の投稿をしていたわけではない」として、他の芸能人との違いを強調した[24]

逮捕者が運営していたペニオクサイトを、ステマ投稿していた数人の芸能人は、警察から事情聴取を受けた[27]。警察は、ブログで嘘の投稿をしていた芸能人の立件も検討したが、ペニオクサイトの実態を知らなかったため、詐欺罪等には当たらないと判断され、消費者に誤解を与える虚偽の説明をしたことを「人を欺き、又は誤解させるような事実を挙げて広告をした」に該当するとして、軽犯罪法を適用することについても、公訴時効(1年)が成立したため、立件できなかった[28]

多数の芸能人が、ステマを行っていたことが明るみに出たことから、約13,000人の芸能人ブログを運営するサイバーエージェントは、ステルスマーケティング対策として、違反を繰り返した芸能人のアメーバブログは利用停止とすることを明らかにした[29]

関与が取り沙汰された主な芸能人[編集]

当該詐欺事件で立件された会社と、別のペニーオークション業者のステマ投稿を行っていた者を含む。なお現在までに、当該ブログ記事はいずれも削除されている。

名前 内容
ほしのあき 2010年12月27日 - 10万円の紹介料を受け取って空気清浄機を1080円で落札した旨の紹介投稿[30][31]
綾部祐二
ピース
2010年12月20日 - 5万円の紹介料を受け取ってDVDプレーヤーを「超安く買えてラッキー」(金額不明)と落札した旨の紹介投稿[22][32]
熊田曜子 2010年12月23日 - ウォーターオーブンを5220円で落札した旨の紹介投稿[33][34]
松金ようこ 2010年12月 - 業者と芸能人を仲介する形で、ほしのと熊田にステマブログ投稿の依頼を斡旋[35]。このステマ問題を引き起こした大本の1人とされている[36]
小森純 2011年1月7日 - 40万円の紹介料を受け取ってアロマ加湿器を225円で落札した旨の紹介投稿[37][38]
この件は、2014年3月13日に放送された『ダウンタウンDX』でもネタにされる[39]
東原亜希 2010年12月29日 - iPadを「ゲットしてしまった」(金額不明)と落札した旨の紹介投稿[24][40]
永井大 2010年12月22日 - iPadを855円で自分で落札した旨の紹介投稿[41][42]
菜々緒 2010年12月10日 - 「欲しいものが沢山ある面白いオークションサイト」を「とりあえず見てください」と紹介投稿[24][43]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ほしのあき 知らずに関与か…ペニーオークション詐欺事件 ブログで宣伝 スポーツ報知 2012年12月13日
  2. ^ “女性タレント、ブログで落札装う ペニオク詐欺事件”. 47NEWS (共同通信社). (2012年12月12日). http://www.47news.jp/CN/201212/CN2012121201001187.html 2014年2月24日閲覧。 
  3. ^ “ほしのあきは氷山の一角 ネットでステマ芸能人リスト増殖中”. NEWSポストセブン (小学館). (2012年12月17日). http://www.news-postseven.com/archives/20121217_160814.html 2014年2月24日閲覧。 
  4. ^ 読売新聞 2012年12月7日
  5. ^ ペニーオークション、初の逮捕 手数料詐欺容疑 共同通信 2012年12月7日
  6. ^ 読売新聞 2012年12月7日
  7. ^ a b 読売新聞 2012年12月12日
  8. ^ a b 「ペニオク」商品存在せず 家宅捜索、仕入れた形跡なし 朝日新聞 2012年12月15日
  9. ^ 読売新聞 2012年12月12日
  10. ^ 電話帳データ抜き取るアプリ保管 容疑の会社役員ら逮捕 朝日新聞 2012年10月30日
  11. ^ スマホウイルス作成疑いで2人逮捕 データ400万件流出 産経新聞 2012年11月20日
  12. ^ 「ペニーオークション」で逮捕 詐欺容疑、入札ごとに手数料 日本経済新聞 2012年12月8日
  13. ^ 読売新聞 2012年12月29日
  14. ^ ペニオク詐欺で初公判 元役員ら起訴内容認める スポニチ 2013年3月6日
  15. ^ ウイルス供用罪など起訴内容を認める 京都 産経新聞 2013年1月26日
  16. ^ ペニオク詐欺で主犯に3年求刑 共犯3人には有罪判決 京都 産経新聞 2013年5月15日
  17. ^ 女性芸能人が広告塔…ペニオク詐欺、元社長有罪 読売新聞 2013年5月24日
  18. ^ ペニオク詐欺 懲役3年求刑 読売新聞 2013年5月15日 大阪朝刊
  19. ^ 読売新聞 2012年12月12日
  20. ^ 永井大も謝罪「ペニーオークション」騒動で サンスポ 2012年12月15日
  21. ^ 東京スポーツ 2012年12月14日
  22. ^ a b ピース綾部も嘘の落札ブログで5万円 日刊スポーツ 2012年12月14日
  23. ^ 小森純、オークション虚偽ブログ謝礼40万円 サンスポ 2012年12月16日
  24. ^ a b c d 東原亜紀、菜々緒も謝罪 もらってない 日刊スポーツ 2012年12月16日
  25. ^ 永井大も!!芸能人嘘ブログ20人以上か 日刊スポーツ 2012年12月15日
  26. ^ 404 not found 小森純公式ブログ跡地 2013年5月21日閲覧
  27. ^ ほしのあき「30万円」で詐欺サイト広告塔 - 芸能ニュース : nikkansports.com 日刊スポーツ 2012年12月13日
  28. ^ 嘘のブログ…ほしのさんら立件見送りへ 「詳細知らず」軽犯罪法も時効 産経新聞 2013年2月8日
  29. ^ ペニオク詐欺 社長ら起訴 広告塔タレント「詐欺的と知らず」読売新聞 2012年12月29日 大阪朝刊29ページ
  30. ^ プラズマクラスター♪をオークションでゲット ほしのあきblog 2010年12月27日
  31. ^ “詐欺加担ブログ”ほしのあき謹慎も 東京スポーツ 2012年12月15日
  32. ^ ピース綾部ブログが謎の「魚拓削除」 「ペニオク」嘘記事めぐり憶測広がる J-CAST 2012年12月19日
  33. ^ 激安でヘルシオを購入 熊田曜子blog 2012年12月23日
  34. ^ ピース綾部、熊田曜子もオークション詐欺“広告塔” 巨乳に注意! ZAKZAK 2012年12月14日
  35. ^ 芸能界ヤラセ汚染 ペニオク詐欺捜査で判明「ステマ」の悪質 産経新聞 2012年12月22日
  36. ^ 嘘ブログ斡旋の松金ようこ府警に事情説明 日刊スポーツ 2012年12月14日
  37. ^ アロマ? 小森純blog 2011年1月7日
  38. ^ 小森純さんもブログ記載謝罪 「アロマ加湿器225円」はウソ 謝礼40万円 産経新聞 2012年12月15日
  39. ^ 小森純“ペニオク”言及され大慌て 松本人志が突然蒸し返す JOSHI+ 2014年3月14日
  40. ^ ついにゲット 東原亜紀blog 2010年12月29日
  41. ^ うそ~!? 永井大 2010年12月22日
  42. ^ ペニオク詐欺 熊田曜子、永井大らも“成果報告” 東京スポーツ 2012年12月14日
  43. ^ 徒歩 菜々緒blog 2010年12月10日

関連項目[編集]