ペニャル・ディファク自然公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペニャル・ディファク自然公園
IUCNカテゴリV(景観保護地域)
Vista del penyal d'Ifac des de la pujada al castellet de Calp.JPG
ペニャル・ディファク自然公園の位置を示した地図
ペニャル・ディファク自然公園の位置を示した地図
ペニャル・ディファク自然公園の位置を示した地図
ペニャル・ディファク自然公園の位置を示した地図
地域 スペインの旗 スペインバレンシア州アリカンテ県
座標 北緯38度38分3秒 東経0度4分35秒 / 北緯38.63417度 東経0.07639度 / 38.63417; 0.07639座標: 北緯38度38分3秒 東経0度4分35秒 / 北緯38.63417度 東経0.07639度 / 38.63417; 0.07639
面積 47 ヘクタール
創立日 1987年
運営組織 バレンシア州政府

ペニャル・ディファク自然公園カタルーニャ語: Parc Natural del Penyal d'Ifac, スペイン語: Parque Natural del Peñón de Ifach)は、スペインバレンシア州アリカンテ県カルペ英語版にある自然公園英語版。バレンシア州政府によって指定されている。

特徴[編集]

ペニャル・ディファク(カタルーニャ語: Penyal d'Ifac)またはペニョン・デ・イファク(スペイン語: Peñón de Ifach)は石灰岩によって形成された岩山であり、砂州によってカルペ英語版の町とつながっている陸繋島である。固有種を多く含む数多くの希少な植物、300種以上の動物、海鳥や他の鳥類のコロニーがある。この岩山の標高は332mであり、ジブラルタルの岩と比較してフェニキア人には「北の岩山」として知られていた[1]

岩山とカルペの町との間にはレス・サリーナスと呼ばれる潟湖があり、その周囲は湿地帯となっている[1]。自然保護運動の結果、1987年1月に自然公園に指定された。自然公園の範囲は海抜0mから332mの頂上まで岩山のすべてを含んでいる[1]。範囲はわずか45ヘクタールであり、スペインでも小規模な自然公園である。岩山の頂上からは周囲の風景を一望でき、よく晴れた日にはバレアレス諸島イビサ島まで見渡すことができる[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]