ペドロ・パラモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペドロ・パラモ
Pedro Páramo
著者 フアン・ルルフォ
発行日 1955
発行元 Fondo de Cultura Económica
ジャンル マジックリアリズム
メキシコの旗 メキシコ
言語 スペイン語
前作 燃える平原
コード ISBN 9681649508
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ペドロ・パラモ』(スペイン語Pedro Páramo)は、フアン・ルルフォ長編小説である。1955年初版。


あらすじ[編集]

フアン・プレシアドという名前の男が、父親を探して、死んだ母親の故郷コマラにやってくる。そこは文字通りのゴーストタウンで、幽霊の住民が住んでいた。

特徴[編集]

時系列の揃わない短い断章を繋ぎ合わせ、現在と過去が交錯する前衛的な手法で生者と死者が混交する町コマラを表現している。

登場人物[編集]

ペドロ・パラモ
フアン・プレシアドの父親。
スサナ・サン=フアン
フアンの愛人。
フアン・プレシアド
語り手。
フルゴル・セダノ
ペドロ・パラモの土地の管理者。
ミゲル・パラモ
ペドロ・パラモの息子。
ドロテア
語り手。