ペドロ・デ・カスティーリャ (1290-1319)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ペドロ・デ・カスティーリャ
Pedro de Castilla
カメロス領主

出生 1290年
Flag of Castile.svg カスティーリャ王国バリャドリッド
死去 1319年6月25日
Royal Standard of Nasrid Dynasty Kingdom of Grenade.svg グラナダ王国ピノス・プエンテ
埋葬 Flag of Castile.svg カスティーリャ王国サンタ・マリア・デ・ラス・ウエルガス王立修道院
配偶者 マリア・デ・アラゴン
子女 ブランカ
家名 ボルゴーニャ家
父親 カスティーリャ王サンチョ4世
母親 マリア・デ・モリナ
役職 カスティーリャ摂政(1313年 - 1319年)
テンプレートを表示
ペドロの紋章

ペドロ・デ・カスティーリャ(スペイン語:Pedro de Castilla, Señor de los Cameros, 1290年 - 1319年6月25日)は、カスティーリャ王サンチョ4世とマリア・デ・モリナの息子。カメロス、アルマサンベルランガモンテアグードおよびシフエンテスの領主であり、また、兄フェルナンド4世の執事長(majordomo)であった。また、甥アルフォンソ11世が幼少の間、母マリア・デ・モリナおよび叔父フアンとともに、1313年から亡くなるまでカスティーリャの摂政をつとめた。

生涯[編集]

ペドロはアラゴン王ハイメ2世の娘マリアと結婚した。1女ブランカはペドロの死後に生まれ、ポルトガル王ペドロ1世と婚約したが、結婚せずに終わった。

1313年、パラスエロにおいてペドロ、母マリアおよび叔父フアンが摂政位につくことで合意した。これは1315年ブルゴスで開かれた国会により追認された。1312年から1315年にかけての摂政を巡る争いにおいて、ペドロは母マリアを支持し、しばしば叔父フアンと対立した[1]

1316年、ペドロはグラナダ王国との国境に向け、軍を率いて遠征を行った。キリスト教側の文献によると、ペドロは野戦では大勝利をおさめたが、2つの城の包囲戦では不首尾に終わったという。ムスリム側の文献ではペドロが勝利したという記録は見られない。1317年、ペドロは再びグラナダに侵攻し、ジブラルタルを包囲攻撃から解放しベルメス・デ・ラ・モラレダの城を占領した。1319年、グラナダに対する十字軍遠征の許可を教皇から得て、ペドロとフアンはティスカルの要塞を包囲するため軍を率いて遠征を行った。ペドロらは軍を分割したが、ムスリムの救援部隊に待ち伏せされた。ペドロとフアンは、「ベガ・デ・グラナダの惨事」として知られるその後の敗走中に殺害された[2]

子女[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pepin 2016, pp. 117–23.
  2. ^ Agrait 1998, pp. 151–52.

参考文献[編集]

  • Agrait, Nicolás (1998). “The Reconquest During the Reign of Alfonso XI”. On the Social Origins of Medieval Institutions: Essays in Honor of Joseph F. O'Callaghan. Leiden: Brill 
  • Pepin, Paulette Lynn (2016). María de Molina, Queen and Regent: Life and Rule in Castile-León, 1259–1321. Lexington Books