ペドロ・サリーナス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はサリーナス第二姓(母方の)はセラーノです。(Template:スペイン語圏の姓名
ペドロ・サリーナス
PedroSalinas.jpg
誕生 (1891-11-27) 1891年11月27日
スペインの旗 スペインマドリード
死没 1951年12月4日(1951-12-04)(60歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ボストン
職業 詩人
文学活動 27年世代
配偶者 マルガリータ・ボンマルティ
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ペドロ・サリーナス・イ・セラーノ(Pedro Salinas y Serrano、1891年11月27日 - 1951年12月4日)は、スペインマドリード出身の詩人。「27年世代」と呼ばれるグループの一人[1]。大学教員、文学者、文学批評家でもあった。

経歴[編集]

1891年にスペインマドリードに生まれ、マドリード・コンプルテンセ大学で法学や歴史学などを学んで1913年に卒業した[1]。1915年にはバカンス先で知り合って愛を確かめ合ったアルジェリア系のマルガリータ・ボンマルティと結婚したが、彼女は7歳年上である[1]。1917年までフランスソルボンヌ大学スペイン語を教え、ここで博士号を取得している[1]。1918年にはスペインのセビリア大学スペイン文学の教授に就任し、1922年から1923年にはイギリスのケンブリッジ大学の特任教員となったが、1928年までセビリア大学の教授職にあった[1]。1928年にはマドリードの歴史研究所の研究員となり、1930年にはマドリード・コンプルテンセ大学でスペイン文学の教授となった[1]。1936年にスペイン内戦が勃発するとアメリカに亡命し、ジョンズ・ホプキンス大学などで教えた[1]。1951年にマサチューセッツ州ボストンで死去し、プエルトリコの墓地に埋葬された[1]

著作[編集]

詩集[編集]

  • Presagio, Madrid, Índice, 1923.
  • Seguro azar, Madrid, Revista de Occidente, 1929.
  • Fábula y signo, Madrid, Plutarco, 1931.
  • La voz a ti debida, Madrid, Signo, 1933.
  • Razón de amor, Madrid, Ediciones del Árbol; Cruz y Raya (revista), 1936.
  • Error de cálculo, México, Imp. Miguel N. Lira, 1938.
  • Lost Angel and Other Poems, Baltimore, The Johns Hopkins Press, 1938 (bilingual anthology with unpublished poems. Trad. de Eleanor L. Thurnbull).
  • Poesía junta, Buenos Aires, Losada, 1942.
  • El contemplado (Mar; poema), México, Nueva Floresta; Stylo, 1946.
  • Todo más claro y otros poemas, Buenos Aires, Sudamericana, 1949.
  • Poesías completas, Madrid, Aguilar, 1955 (includes the posthumous work Confianza).
  • Poesías completas, Madrid, Aguilar, 1956 (edición de Juan Marichal).
  • Volverse y otros poemas, Milán, All'insegna del pesce d'oro, 1957.
  • Poesía completas, Barcelona, Barral, 1971. (includes the posthumous work Largo lamento)

戯曲[編集]

  • El director (1936)
  • El parecido (1942–1943)
  • Ella y sus fuentes (1943)
  • La bella durmiente (1943)
  • La isla del tesoro (1944)
  • La cabeza de la medusa (1945)
  • Sobre seguro (1945)
  • Caín o Una gloria científica (1945)
  • Judit y el tirano (1945)
  • La estratosfera. Vinos y cervezas (1945)
  • La fuente del arcángel (1946)
  • Los santos (1946)
  • El precio (1947)
  • El chantajista (1947)

その他[編集]

  • Cartas de amor a Margarita (1912–1915), edición de Soledad Salinas de Marichal, Madrid, Alianza Editorial, 1986.
  • Cartas a Katherine Whitmore. Epistolario secreto del gran poeta del amor, Barcelona, Tusquets, 2002.
  • El defensor, Alianza Editorial, Madrid, 2002.
  • Vísperas del gozo (1926).
  • La bomba increíble (1950).
  • El desnudo impecable y otras narraciones (1951).
  • Literatura española. Siglo XX (1940).
  • Reality and the Poet in Spanish Literature (1940).
  • Jorge Manrique o tradición y originalidad (1947).
  • La poesía de Rubén Darío (1948).
  • Editions of Fray Luis de Granada y San Juan de la Cruz.
  • El hombre se posee en la medida que posee su lengua.
  • El rinoceronte.

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 「サリーナス」『スペイン・ポルトガルを知る事典』平凡社、1992年