ペトレ・ロマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ペトレ・ロマン
Petre Roman
Petre Roman.jpg
ペトレ・ロマン(1989年12月23日)
生年月日 (1946-06-22) 1946年6月22日(72歳)
出生地  ルーマニア ブカレスト
出身校 ブカレスト工科大学
前職 エンジニア
所属政党 民主自由党→)
民主勢力党→)
国民自由党

ルーマニアの旗 第53代首相
内閣 第1次ロマン内閣
第2次ロマン内閣
第3次ロマン内閣
在任期間 1989年12月26日 - 1991年10月1日
大統領 イオン・イリエスク

ルーマニアの旗 第38代上院議長
在任期間 1996年11月27日 - 2000年2月22日

ルーマニアの旗 外相
在任期間 1999年12月22日 - 2000年12月28日
テンプレートを表示

ペトレ・ロマンPetre Roman1946年6月22日 - )は、ルーマニア政治家、元首相

ルーマニア革命によりチャウシェスク夫妻が処刑された翌日の1989年12月26日から、鉱山労働者率いるMiron Cozmaによる一連の暴動で政権転覆し首相の座を追われた1991年10月1日まで務めた。

概要[編集]

ロマンの父Valter Romanは生名Ernő Neuländerでありトランシルヴァニアユダヤ人であった。父はスペイン内戦国際旅団の義勇兵として参加したコミンテルンの活動家で、ルーマニア共産党の著名な党員でもあった。母のHortensia Vallejoはスペイン系であり、二人はモスクワで結婚。ロマンには何人かの兄弟姉妹がいる。

1963年、電気工学を学ぶためブカレスト工科大学に入学、1968年に学位を取得。1971年から1974年まで、フランスに留学。1989年のルーマニア革命で頭角を現し、群衆によって占拠された国営テレビ局において革命の勝利を示すメッセージを放送した。革命後に首相に就任、1991年まで務めた。

その後、1996年から1999年までルーマニア元老院議長、1999年から2000年まで外務大臣を歴任。2003年には民主自由党を離党し、翌2004年に民主勢力党を結成、選挙に臨んだが結果はふるわなかった。2008年9月、政府上級代表に就き、2008年11月30日に行われた選挙では元老院第43選挙区で国民自由党から出馬した。

私生活では、1974年にMioara Georgescuと結婚。娘Oanaをもうけたが、2007年4月7日に離婚。代わってルーマニア正教会の儀式に則り、Silvia Chifiriucと再婚した[1]

66の民主主義国における元国家元首の世界会議であるマドリード・クラブの会員でもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
公職
先代:
コンスタンティン・ダスカレスク
ルーマニアの旗 ルーマニア共和国首相
1989 - 1991
次代:
テオドール・ストロシヤン