ペトラ・ケリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペトラ・ケリー(1987年、連邦議会で)

ペトラ・ケリーPetra Kelly, 1947年11月29日 - 1992年10月1日)は、ドイツの女性の平和活動家で、緑の党政治家。1947年にバイエルン州ギュンツブルクに生まれ、1959年から1970年までアメリカ合衆国に生活し、そこで教育を受けた。

マーティン・ルーサー・キングの崇拝者で、1968年の大統領予備選挙ではロバート・ケネディヒューバート・ハンフリーのキャンペーンに参加した。1970年にワシントンD.C.にあるアメリカン大学の国際関係学部を卒業した。

1971年から1983年の間、ベルギーブリュッセルにある欧州委員会(the European Commission)で働きながら、彼女はドイツやその他の国々で、数多くの平和活動環境保護キャンペーンに参加している。

ケリーは、1979年「緑の人々」「緑の党」がドイツで旗揚げした時、その中心的なメンバーの一人としてマスコミの前に姿を現した。1983年から1990年まで、彼女は旧西ドイツ連邦議会で、緑の党の代議員の一人として活動している。当時の緑の党の政策の眼目は次の3点であった。

  • 平和政策
  • 人権問題
  • 少数派への配慮

ケリーは、1982年「軍縮社会的正義人権へのエコロジカルと環境保護的な関心を結びつける新たな視点を編み出し、それを具体的な実現へ向けて前進させた功により」ライト・ライブリフッド賞(Right Livelihood Award, いわゆるオルタナティヴのノーベル賞)を受賞している。1985年以降、チベット問題に関心を強め、これにかなり深くかかわるようになった。

1992年、ケリーは睡眠中、配偶者でドイツ陸軍少佐、緑の党の政治家でもあったゲルト・バスティアン(1923年生まれ)によって射殺された。ゲルトはその直後に自殺している。専門家やケリーの親しい友人は、彼女の死は全く予想もつかなかったもので、彼女の意図とは無関係と推測している。

ケリーの思いやそこに表された政治的なメッセージを生かしていくために、1997年ペトラ・ケリー財団が設立された。これは、彼女の蔵書や所持品を所蔵しているハインリッヒ・ベル財団の一部であり、ここが1998年以来、人権やエコロジー、非暴力のために優れた業績を挙げた人たちにペトラ・ケリー国際賞を贈呈している。