ペチカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロシアの伝統的なペチカ
壁式ペチカ(北海道)

ペチカ(ペーチカ、печка pechka ピェーチカ)は、ロシア暖炉オーブンである。この語はペーチ (печь pech) の小形で、ロシアで普通のスタイルの暖炉を想定しつつその全般を指す。ペチカ形式の暖房設備は、ロシア以外の近隣地域で広く見られる。日本では、特にロシア式暖炉のことをいう。

歴史[編集]

防寒調理の目的では古来より生活に欠かせない存在だった。焚火が発達し、屋内でも火が焚けるようにしたものが囲炉裏であった。17世紀に北欧で石ではなくレンガで囲炉裏を囲んだ形式の暖炉が発明される。ロシアでこれを発展させたものがペチカである。[1][2]

使用法[編集]

ペチカは暖炉や薪ストーブと同じく薪や石炭を燃料として用いるが全く異なる使用法であり、本格的な運用をするには2〜3日以上連続して使用することが求められる。そのため別荘などには不向きである。 構造的には空気調整口、煙突ダンパー共に完全に密閉できなければならない。

ペチカは煙道が非常に長いため、炊き口で燃料を燃やしても火付きが悪いのでまずは煙突直下で少量の燃料を燃やし上昇気流を作り出し通風を確保することが必要である。 ペチカに使用する燃料は薪や石炭であるが、なるべく短時間に高温で燃やすことが求められるため通気は煙突ダンパー、空気調整口共に全開で燃やす。薪は温度を高くするために小割りにしたものが望ましく、燃料は暖炉や薪ストーブのように徐々に足して燃やさずに焚き口に入る量の燃料すべてを一度に燃やすのが肝心である。

燃料から明るい炎が見えなくなったら煙突ダンパー、空気調整口共に半ば閉じ、熾が暗赤色になったら煙突ダンパー、空気調整口共に完全に閉鎖し、ペチカに蓄熱された熱を閉じ込める。この密閉が不十分であると熱が煙突を通じて逃げるだけなく、一酸化炭素中毒の危険性もある。 火をつけてから空気調整口、煙突ダンパー共に閉めるまでは一時間、ペチカ表面が暖かくなるまで更に一時間になるように焚くのが上手な使い方である。

ペチカは一度燃やすと9時間程度大型のものなら15時間は安定して放熱する。3立方メートル程度のペチカの場合ペチカの燃焼は朝夕2回行えば60~70平方メートルの屋内の温度を安定させることができる。

用途[編集]

暖房[編集]

煙道がめぐらしてあるレンガなどで造った壁面の輻射熱で部屋を暖める。ロシアでは焚き口の炉は暖炉、石釜、薪ストーブなど様々な形状があり、オーブン機能やコンロ機能を兼ね備える物も多い。日本では焚き口の炉は50センチほどの立方体である事が多くコンロとして料理にも利用できる物が多い。内部に温水管を通し貯湯タンクと組み合わせることにより給湯設備として利用されることもある。 設計にもよるが、燃料を燃やして得られた熱量のうち90%以上を暖房として用いる事が出来るため様々な暖房を比較しても極めて効率の良い暖房であり、暖房必要期間が長い北国に於いて重宝される。

暖房としての立ち上がりが遅いのが欠点だが、一度暖まるとペチカ特有の心地よさがある。部屋と部屋の間仕切りとして設置することにより、複数の部屋(2~4部屋)を同時に暖めることができる。燃料は石炭のほか最近では石油ストーブを組み込んだものが主流となっている。石炭は北海道ひと冬で2~3トンほど消費する。

北欧生まれの暖房法がロシアを経由し1880年頃に開拓使が北海道に導入、満州拓殖公社が改良した縦煙道型の壁ペチカが終戦後普及したと言われている。炭鉱の閉山、石油ストーブ・暖房エアコンセントラルヒーティングの普及とともにペチカを暖房としている家庭はとても少なくなった。 日本で一番普及している横煙道型の壁ペチカはロシアでは戦前から一酸化炭素中毒の危険が高いため禁止されているにもかかわらず、日本では普及数の少なさから見逃されており注意が必要である。 中毒を防ぐにはクールドラフトを多用した縦煙道主体の設計でなければならない。 単体で成立している薪ストーブや石油ストーブなどをペチカに組み込んで排熱回収をすると不完全燃焼などを起こす可能性がある。

ペチカの道具としては什能(石炭用スコップ)、デレッキ(火かき棒)などがある。メンテナンスとして煙道の年一回の掃除が必要となる。煙突はペチカの特性上ほとんど煤がつかないので掃除はほぼ必要がない。

調理[編集]

オーブンのほか、レンジ、パン窯としても使われる。

風呂[編集]

内壁に水をかけて蒸発させ、蒸し風呂とする。しばしば、調理のあとの余熱を利用する。

ただし、19世紀までは一般的な使用法だったが、現在では廃れている。

脚注[編集]

  1. ^ 地球丸「薪ストーブ大全」1996年12月1日
  2. ^ Morso 薪ストーブの歴史

関連項目[編集]