ペガサス橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペガサス橋
Pegasus Bridge
OldPegasusBridge.jpg
架け換え前のペガサス橋
基本情報
フランスの旗 フランス
所在地 ベヌーヴィル英語版
交差物件 カーン運河英語版
開通 1934
座標 北緯49度14分32秒 西経0度16分28秒 / 北緯49.24222度 西経0.27444度 / 49.24222; -0.27444座標: 北緯49度14分32秒 西経0度16分28秒 / 北緯49.24222度 西経0.27444度 / 49.24222; -0.27444
構造諸元
形式 跳開橋
地図
ペガサス橋の位置(フランス内)
ペガサス橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
イギリス軍第6空挺師団のエンブレム

ペガサス橋(英:Pegasus Bridge)は、フランスノルマンディー地域圏カーンウィストルアム英語版の間、カーン運河英語版にかかる、1934年建造の跳開橋可動橋の一種)である。

近くにある村にちなみベヌーヴィル英語版橋とも呼ばれる。オルヌ川にかかるランヴィル英語版橋(後にホルサ橋英語版と改名)とともに、第二次世界大戦中、1944年6月6日のノルマンディー侵攻英語版の冒頭、トンガ作戦の一部であるデッドスティック作戦英語版イギリス軍空挺部隊の主要目標となった。ジョン・ハワード英語版少佐英語版率いる、イギリス軍第6空挺師団英語版オックスフォードシャー・アンド・バッキンガムシャー軽歩兵連隊英語版(オックス・アンド・バックス)第2大隊所属のグライダー歩兵英語版の一隊が着陸、無傷で橋を奪取し、増援が到着するまで確保しようとした。橋の奪取成功はノルマンディー侵攻後のドイツ軍の反撃を抑える上で重要な役割を果たした。

1944年6月26日、イギリス軍に感謝して「ペガサス橋」と改名された。この名前はイギリス軍空挺部隊が肩に付けていたペガサスのエンブレムに由来する[1]

構造[編集]

1994年に架け換えられた現在のペガサス橋

ペガサス橋、および1994年に架け替えられた新橋は、構造上はバスキュール橋(跳開橋)の3亜種の1つ、「シェルツァー・ローリング・リフト・バスキュール橋(Scherzer rolling lift bascule bridge)」英語版、別名「ローリング橋(rolling bridge)」に分類される。この種類の橋は蝶番のように旋回せず、橋梁に付けられた踏み板を巻き上げるもので、開弁角度が大きく水路の通航幅がより広くなる [2]

ペガサス橋の戦い[編集]

1944年6月9日のペガサス橋。奥にホルサ・グライダーが見える。

1944年6月5日夜、ジョン・ハワード少佐に率いられた181人の部隊が、ペガサス橋とその数百ヤード東にありオルヌ川にかかるホルサ橋を奪取するため、6機のホルサ・グライダーに乗り込み、イギリス南部のドーセットにあるタラント・ラシュトン空軍基地英語版から飛び立った。部隊は、オックスフォードシャー・アンド・バッキンガムシャー軽歩兵連隊第2大隊D中隊(B中隊から2個小隊が付加)、第249中隊の工兵英語版20人、グライダー・パイロット連隊英語版の兵士で構成された。この作戦の目的は、ドイツ軍装甲部隊が橋を渡りソード・ビーチの東側面を攻撃するのを阻止することであった。

オックス・アンド・バックスのグライダー5機は午前0時16分、目標から47ヤード地点に着陸した。イギリス兵は壊れたグライダーから飛び出て、ドイツ軍守備隊を完全に奇襲し、10分かからずに橋を確保した。作戦中に、デン・ブラザリッジ英語版中尉英語版とフレッド・グリーンハル(Fred Greenhalgh)下級伍長英語版の2人が戦死した。

グリーンハルはグライダーが着陸した際、近くの池で溺死した。ブラザリッジ中尉は侵攻早々橋を渡っている時に頸部を撃たれ致命傷を負い戦死した[3]

グライダーのうち1機は誤った場所で曳航機から切り離され、約7マイル離れたディーヴ(Dives)川の橋のそばに着陸した[4]。このグライダーの兵士の大半はドイツ軍の前線を通過しランヴィルへ向かい、そこでイギリス軍と再合流した。オックス・アンド・バックスの元には3時間後、パイン=コフィン英語版中佐英語版率いる第7パラシュート大隊英語版が増援に来た[5]。そしてラバット卿英語版率いるコマンド部隊英語版が到着し、海岸に上陸した部隊と連絡した[6]

増援の第7パラシュート大隊の一員であった、若手俳優のリチャード・トッド大尉英語版は、約20年後、映画『史上最大の作戦』でハワード少佐を演じた[7]

現在[編集]

ペガサス記念館英語版にある昔の橋。2005年7月。

昔のペガサス橋は現在、ペガサス記念館英語版の敷地内に移設されている。橋は架け換え後、空き地に放置された[8]が、記念館に備忘価額の1フランで売却された。

ペガサス記念館は2000年6月4日、チャールズ皇太子隣席の下、開館された[9]。記念館にはカフェとペガサス橋に関係する品を販売する小さな売店がある。現在カフェ・ゴンドレ英語版は、解放時には小さな子供で自宅にいたアルレット・ゴンドレ(Arlette Gondrée)が経営している。

カフェ・ゴンドレがDデイに解放された最初のフランスの家屋であるという話は、確実なものではない。フランスの歴史家ノルベール・ユゲデ(Norbert Hugedé)は著書『Commando du Pont Pegase』で、最初に解放された家屋はピコ(Picot)氏の家でゴンドレ家の数時間前であったと記している[10]

1944年6月に戦死した兵士の多くは、ランヴィル戦争墓地英語版に埋葬されている[11]。墓地に隣接する教会にはブラザリッジ中尉の墓があり[12]、ゴンドレ(Gondrée)家により銘板が填められている[13]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Pegasus Bridge”. Memorial Pegasus. 2018年6月29日閲覧。
  2. ^ Koglin, Terry L. (2003). Movable bridge engineering. John Wiley and Sons. pp. 46, 47. ISBN 978-0-471-41960-0. https://books.google.com/books?id=_cyqkMJ7QDgC&printsec=frontcover 2009年6月5日閲覧。. 
  3. ^ ビーヴァー 2011, p. 106.
  4. ^ メッセンジャー 2005, p. 65.
  5. ^ Howard, John; Bates, Penny (2006). Pegasus Diaries: The Private Papers of Major John Howard DSO. p. 129. ISBN 978-1844158829. 
  6. ^ Ambrose, Stephen E. (1994). D-Day (First ed.). New York: Simon & Schuster. ISBN 0-684-80137-X. 
  7. ^ Smith, David (2004年5月30日). “Film star recalls his own longest day”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/uk/2004/may/30/military.film 2009年6月5日閲覧。 
  8. ^ The Pegasus Bridge”. 2009年5月23日閲覧。
  9. ^ Museum Presentation”. Memorial Pegasus. 2018年6月29日閲覧。
  10. ^ Hugedé, Norbert (1991). Le commando du pont Pégase. Editions France-Empire. ISBN 2-704-80429X.
  11. ^ Commonwealth War Graves Commission : Ranville War Cemetery”. 2009年5月27日閲覧。
  12. ^ Commonwealth War Graves Commission : Casualty Details”. 2009年5月27日閲覧。
  13. ^ Lieut Herbert Denham Brotheridge ( - 1944) - Find A Grave Photos”. 2009年5月27日閲覧。

関連文献[編集]

ビーヴァー, アントニー『ノルマンディー上陸作戦 1944』平賀秀明訳、白水社、2011年。ISBN 978-4-560-08154-9
  • Howard, John; Bates, Penny (2006). The Private Papers of Major John Howard DSO. Pen and Sword Military ISBN 978-1844158829.
  • Massy-Beresford, Michael (2007). Gliderborne: The story of the 2nd Battalion, The Oxfordshire and Buckinghamshire Light Infantry (The 52nd) in World War II.
  • Shannon, Kevin; Wright, Stephen (2001). One Night in June. Wrens Park Publishers ISBN 978-0905778556.
  • Shilleto, Carl (2010). Pegasus Bridge and Horsa Bridge. Pen & Sword Books Ltd ISBN 978-1848843097.
  • メッセンジャー, チャールズ『ノルマンディー上陸作戦』鈴木主税・浅岡政子訳、河出書房新社、2005年。ISBN 4-309-61187-7

外部リンク[編集]