ペイ・ノワール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ペイ・ノワールフランス語: Pays Noir、「黒い国」)は、ベルギーワロン地域エノー州シャルルロワ近くの地域を指す。石炭を産出する地域なので「黒い」という名前がついている。19世紀、ペイ・ノワールでは急速な産業化が進み、最初に炭坑が、後に鋼鉄とガラス製造業などの関連産業が発展した。「ペイ・ド・シャルルロワ」(Pays de Charleroi)とも。

概要[編集]

シャルルロワを中心とするこの地域[1]エゾー=プレール英語版、シャルルロワ、シャトレ英語版クルセール英語版ファルシエンヌ英語版フルーリュスフォンテーヌ=レヴェーク英語版ジェルピンヌ英語版ル・ボン・ヴィレール英語版ポンタ=セル英語版の各コミューンを含む[2]

ペイ・ノワールは西ではラ・ルヴィエール近くでセントル地域と接している。また、ベルギーにおけるほかの石炭産出地域と同じく、ライン中央山塊英語版の北縁に位置している[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Leanne Logan; Geert Cole (2004). Belgium & Luxembourg. Lonely Planet. Charleroi, pp.231-232. https://books.google.com/books?id=C0F9LjUk6KQC 
  2. ^ Maison du tourisme du Pays de Charleroi
  3. ^ Caractéristiques des bassins industriels dans l'Eurégio Meuse-Rhin, section 2.

参考文献[編集]