ペイン・スチュワート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
No image.svg ペイン・スチュワート Golf pictogram.svg
Payne Stewart
Payne Stewart 1998 (by Ed Balaun).JPG
基本情報
名前 ペイン・スチュワート
生年月日 (1957-01-30) 1957年1月30日
没年月日 (1999-10-25) 1999年10月25日(42歳没)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ・ミズーリ州
スプリングフィールド
経歴
成績
優勝回数 米国11・国際7
メジャー:3勝
世界ランク最高位 5位(1991年)
殿堂表彰者
選出年 2001年
選出部門 PGAツアー
テンプレートを表示

ウィリアム・ペイン・スチュワートWilliam Payne Stewart, 1957年1月30日 - 1999年10月25日)は、アメリカミズーリ州スプリングフィールド出身のプロゴルファーである。メジャー大会に3勝を挙げた実力者だったが、1999年全米オープン優勝からわずか4ヶ月後に、飛行機事故のため42歳で急逝した。PGAツアーで通算11勝、国際試合で合計7勝を挙げる。

来歴[編集]

スチュワートはいつもタモ・シャンターの帽子とニッカーズの半ズボンをまとい、誰からも見分けがつく風貌とスタイルの持ち主だった。母国アメリカに対する愛国心が強かったことでも知られ、ゴルフウェアに米国国旗をあしらう事も多かった。

4歳からゴルフを始め、「ミズーリ州アマチュア選手権」で優勝経験のある父親から手ほどきを受ける。1979年にプロ入りしたが、この時はアメリカPGAツアーの「クオリファイイング・スクール」(シード権獲得への出場資格試験のこと、通称 Q-School)を通過できなかった。そのため2年間「アジアン・ツアー」を回り、そこで2勝を挙げる。その期間中にトレーシー夫人と結婚。1982年からPGAツアーに参戦を開始し、同年の「クワッド・シティ・クラシック」でツアー初優勝。7年後の1989年に、全米プロゴルフ選手権メジャー大会初優勝を達成。1991年全米オープンでも初優勝を果たし、メジャー大会2冠王となった。この時はスコット・シンプソンアメリカ)とのプレーオフを制している。その後数年間の低迷期が訪れた。

1998年全米オープンで、スチュワートは優勝まであと1歩に迫りながらも、最後の土壇場でリー・ジャンセンアメリカ)に逆転負けを喫してしまう。この時の敗北を、当時の新聞は“painful”(苦痛、つらいの意)とスチュワートの名前「ペイン」を引っ掛けて“Payne-ful finish”と報道した。[1] その1年後、「パインハースト・リゾート」(コースNo.2、パー設定70)で開かれた1999年全米オープンにて、スチュワートは最終日の18番ホールで難しいパーパットを沈め、同じ最終組で回ったフィル・ミケルソンを1打差で振り切り、1 アンダーパー(-1, 計279ストローク)で8年ぶり2度目の優勝を飾った。ミケルソンと1打差の3位タイにはタイガー・ウッズビジェイ・シンが入る、全米オープン史上稀に見る激戦を制しての優勝だった。9月には1993年以来3回ぶりのライダーカップ米国代表で出場し、米国チームの盛り上げ役をつとめる。賞金ランキング5位の位置につけ、当年度のPGAツアー賞金ランキング上位30名のみが出場資格を得られる最終戦「PGAツアー選手権」の会場に向かう途中で、スチュワートは飛行機事故に遭う。

1999年10月25日、スチュワートはフロリダ州オーランドから2時間の予定でPGAツアー選手権の会場があるテキサス州ダラスに、チャーターしたプライベートジェット機「リアジェット35型」で向かった。しかし彼を乗せた飛行機は飛行中、管制官の無線に応答しなくなり、最終的にサウスダコタ州アバディーンで墜落した。この事故でスチュワートを含む4人の乗客と、2人のパイロットの合計6名全員が落命した(1999年リアジェット35墜落事故[2]

スチュワート事故死の報道を聞いて、PGAツアー選手権の会場も悲しみに包まれた。競技の第2日目が中断され、出場選手たちのほとんどがスチュワートの追悼式に列席した。第3日目と第4日目を27ホールずつ消化する競技日程に変更され、世界ランキング1位のタイガー・ウッズが大会初優勝を果たした。2000年全米オープンの会場となった「ペブルビーチ・ゴルフリンクス」でも、大会開幕に先立ち、前年優勝者のスチュワートを偲ぶ式典が行われた。

スチュワートは悲運の事故死から2年後、2001年世界ゴルフ殿堂入りを果たしている。また2014年には全米ゴルフ協会が選定するボブ・ジョーンズ賞を受賞している。

ツアー優勝[編集]

PGAツアー (11)[編集]

Legend
Major championships (3)
Regular PGA Tour (8)
No. Date 大会 優勝スコア 2位との差 2位(タイ)
1 1982年7月 Miller High Life QCO −12 (68-66-65-69=268) 2打差 アメリカ合衆国の旗 ブラッド・ブライアント, アメリカ合衆国の旗 パット・マッゴーワン
2 1983年10月 ウォルト・ディズニー・ワールド・ゴルフクラシック −19 (69-64-69-67=269) 2打差 イングランドの旗 ニック・ファルド, アメリカ合衆国の旗 マーク・マッカンバー
3 1987年3月 ハインツ・ベイヒルクラシック −20 (69-67-63-65=264) 3打差 南アフリカ共和国の旗 デビッド・フロスト
4 1989年4月 MCIヘリテージ・ゴルフクラシック −16 (65-67-67-69=268) 5 strokes アメリカ合衆国の旗 ケニー・ペリー
5 1989年8月 全米プロゴルフ選手権 −12 (74-66-69-67=276) 1打差 アメリカ合衆国の旗 アンディ・ビーン, アメリカ合衆国の旗 マイク・リード,
アメリカ合衆国の旗 カーティス・ストレンジ
6 1990年4月 MCIヘリテージ・ゴルフクラシック −8 (70-69-66-71=276) Playoff アメリカ合衆国の旗 スティーブ・ジョーンズ, アメリカ合衆国の旗 ラリー・マイズ
7 1990年5月 GTEバイロン・ネルソン・ゴルフクラシック −8 (67-68-67=202)^ 2打差 アメリカ合衆国の旗 ラニー・ワドキンス
8 1991年6月17日 全米オープン −6 (67-70-73-72=282) Playoff アメリカ合衆国の旗 スコット・シンプソン
9 1995年4月 ヒューストン・オープン −12 (73-65-70-68=276) Playoff アメリカ合衆国の旗 スコット・ホーク
10 1999年2月 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ −10 (69-64-73=206)^ 1打差 アメリカ合衆国の旗 フランク・リックライター2世
11 1999年6月20日 全米オープン −1 (68-69-72-70=279) 1打差 アメリカ合衆国の旗 フィル・ミケルソン

^ 天候の影響で54ホールに短縮 PGAツアープレーオフ記録 (3勝6敗)

No. Year Tournament 対戦相手 結果
1 1984年 コロニアル・ナショナル・インビテーション アメリカ合衆国の旗 ピーター・ヤコブソン 1ホール目、ヤコブソンがバーディーで決められ敗れる
2 1985年 Byron Nelson Golf Classic アメリカ合衆国の旗 ボブ・イーストウッド 1ホール目、イーストウッドがボギーで決められ敗れる
3 1986年 Colonial National Invitation アメリカ合衆国の旗 ダン・ポール 1ホール目、ポールがバーディーで決められ敗れる
4 1988年 Provident Classic アメリカ合衆国の旗 フィル・ブラックマー 1ホール目、ブラックマーがバーディーで決められ敗れる
5 1989年 ナビスコ選手権 アメリカ合衆国の旗 トム・カイト 2ホール目、カイトがパーで決められ敗れる
6 1990年 MCI Heritage Golf Classic アメリカ合衆国の旗 スティーブ・ジョーンズ, アメリカ合衆国の旗 ラリー・マイズ 2ホール目、バーディーで勝利
7 1991年 全米オープン アメリカ合衆国の旗 スコット・シンプソン 18ホールのプレーオフで勝利 (75–77)
8 1995年 シェル・ヒューストン・オープン アメリカ合衆国の旗 スコット・ホーク 1ホール目、バーディーで勝利
9 1999年 MCI Classic アメリカ合衆国の旗 グレン・デイ, アメリカ合衆国の旗 ジェフ・スルーマン 1ホール目、デイがバーディーで勝利

ヨーロピアンツアー (1)[編集]

日本ツアー (1)[編集]

その他 (11)[編集]

this list is probably incomplete

脚注[編集]

  1. ^ '98 U.S. Open: Payne-ful finish”. Sports Illustrated (2009年10月8日). 2009年10月8日閲覧。
  2. ^ Payne Stewart Plane Crash Information”. AirSafe.com (2005年8月21日). 2009年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]