ペア・シリアン・シェルブレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ペア・シリアン・シェルブレット Football pictogram.svg
Per Ciljan Skjelbred 2010.JPG
名前
ラテン文字 Per Ciljan Skjelbred
基本情報
国籍  ノルウェー
生年月日 (1987-06-16) 1987年6月16日(31歳)
出身地 トロンハイム
身長 175cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン
ポジション MF
背番号 3
利き足 右足
ユース
ノルウェーの旗 Trygg/Lade
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2011 ノルウェーの旗 ローゼンボリ 156 (9)
2011-2014 ドイツの旗 ハンブルガーSV 26 (0)
2013-2014 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン 8 (1)
2014- ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン 0 (0)
代表歴2
2007-2017 ノルウェーの旗 ノルウェー 18 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年8月20日現在。
2. 2013年6月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ペア・シリアン・シェルブレット(Per Ciljan Skjelbred, 1987年6月16日 - )は、ノルウェートロンハイム出身のサッカー選手。元ノルウェー代表ドイツ・ブンデスリーガヘルタ・ベルリン所属。ポジションはミッドフィルダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

トロンハイムに生まれたシェルブレットは、地元のTrygg/Ladeでキャリアを始めた。印象的なプレイを披露しているところにノルウェーのテレビ局TV3のサッカーの才能を競う番組Proffdrømmenに呼ばれると優勝し、特典としてリヴァプールFCの練習に参加した[1]。その際に才能が認められ下部組織への入団を提案されたが、その申し出を辞退し、母国のローゼンボリBKと契約を締結した。

2004年にエリテセリエンFKボデ/グリムト戦でクラブ史上2番目の最年少出場となる16歳と358日でデビューを飾る[2]UEFAチャンピオンズリーグ 2005-06オリンピアコスFCとの第1戦で得点を挙げる活躍を見せたが、11月23日に ラーケンダル・スタディオン英語版での第2戦で相手のイエロクリス・ストルティディスen)のタックルで足を骨折、ストルティディスはボールを奪取しようとしただけで怪我をさせる意図はなかったと釈明した[3]。2006年3月10日のオーレスンFK戦(5-1勝利)で前半に出場し、ようやく試合に復帰した。

その後、大怪我を感じさず主力選手としてプレイし、UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08バレンシアCF相手にホーム・アウェイ両試合で勝利する大金星に一役買う[4][5]など活躍し、2007年10月にはイタリアのゲランスポルティーヴォ誌に世界最大の才能50の1人に選出された[6]。国外のクラブから関心を寄せられ、2008年にはニューカッスル・ユナイテッドFCが獲得目前にまで迫るも最終的に実現することはなかった[7]

2011年7月7日にドイツ1部ハンブルガーSVと2012年1月1日からの3年半契約を締結[8]。268分出場しても馴染めずにいる中で11月にドイツのキッカーから"過ち"の烙印を押され[9]、以降も同様の状態が続く、2012年11月にはドイツのビルトから2013年1月の移籍市場開始時にクラブから放出される5人の内の1人との予測がなされた[10]。しかし、放出されることなく残留となっている。

代表[編集]

2005年9月の18歳の時にU-21代表招集を受ける[11]。2007年3月28日にUEFA EURO 2008予選トルコ戦で57分にクリストファー・ヘスタッドに代わりA代表初出場を飾った。2010年を最後に暫く代表から遠ざかっていたが、2013年6月7日にアルバニアとの親善試合で復帰し、4日後の11日にマケドニアとの親善試合で代表初得点を挙げた[12]

私生活[編集]

2012年10月に結婚、2人には以前から2人の子供がいる[13]

タイトル[編集]

クラブ
ローゼンボリBK

脚注[編集]

外部リンク[編集]