ベーロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ベーロス古希: Βῆλος, Bēlos, ラテン語: Belus)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してベロスとも表記される。この名はバアルに由来する[1]

エジプトエパポスの娘リビュエーポセイドーンの子で、アゲーノールと双子の兄弟。ナイル川の娘アンキノエーを妻にし、アイギュプトスダナオスの双子の父となる[2]。また、さらに悲劇詩人エウリーピデースによるとケーペウスピーネウスとが生まれたとも言う[3]。ベーロスはダナオスをリビアに、アイギュプトスをアラビアに住まわせた[2]

系図[編集]

オーケアノス
 
テーテュース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーナコス
 
メリアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポローネウス
 
 
 
アイギアレウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーピス
 
ストリューモーン
 
 
 
 
ニオベー
 
ゼウス
 
アーソーポス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウアドネー
 
 
アルゴス
 
 
 
 
 
 
 
イスメーネー
 
ペラスゴス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エクバソス
 
ペイラース
 
エピダウロス
 
クリアーソス
 
 
イーアソス
 
 
 
リュカーオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゼウス
 
イーオー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルゴス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エパポス
 
メムピス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポセイドーン
 
リビュエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リューシアナッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ベーロス
 
アンキノエー
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
テーレパッサ
 
 
ブーシーリス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイギュプトス
 
ダナオス
 
ケーペウス
 
ピーネウス
 
カドモス
 
キリクス
 
ポイニクス
 
エウローペー
 

脚注[編集]

  1. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』岩波書店1960年、258頁。
  2. ^ a b アポロドーロス、2巻1・4。
  3. ^ エウリーピデース断片(アポロドーロス、2巻1・4による引用)

参考文献[編集]