ベートーベン鈴木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ベートーベン鈴木( - すずき、本名:鈴木功、1945年3月3日 - )は、茨城県守谷市出身のシンガーソングライター東京演芸協会所属のギター漫談家

人物と芸風[編集]

日本大学在学中にロックバンド活動に熱中し、1年で中退。『ナッツダンディーズ』を経て、コミックバンド那須三郎とダスターポット』→『岡本八とダスターポット』ではリードギターを担当。

1972年の『ダスターポット』解散後はナイトクラブで弾き語りをしていたが、1974年に元同僚の岡本とのコンビで『(中小企業楽団)バラクーダー』を結成。作曲を手掛けた「日本全国酒飲み音頭」(72万枚)、「チャカ・ポコ・チャ」(40万枚)、「演歌・血液ガッタガタ」(50万枚)の連続ヒットで、人気者となる。

1986年に『バラクーダー』を円満解散。以降、シンガーソングライター兼ギター漫談家として活動中。

一門弟子[編集]

主な作品[編集]

バラクーダ時代の楽曲はバラクーダ参照。
  • 「とりあえず音頭」(1991年9月21日)
  • 「単身赴任のロックンローラー」(1992年9月21日)

外部リンク[編集]