ベース・ドラム・オブ・デス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベースドラム・オブ・デス
Bass Drum of Death
Bass Drum of Death 2014.jpg
基本情報
出身地 ミシシッピ
ジャンル ガレージ・ロック
ハードコア・パンク
ノイズロック
グランジ
活動期間 2008年 - 現在  
公式サイト BASS DRUM OF DEATH
メンバー ジョン・バレット(Gt,Vo)
コリン・スニッド(Dr)
ジョシュ・ハンター(Gt)

ベースドラム・オブ・デス(Bass Drum of Death は、2008年に結成された、ミシシッピ出身のガレージ・ロックバンド。公式の略称はBDoD。

概要[編集]

バンドの中心人物であるジョン・バレットにより結成。

2008年まではボーカルのジョン・バレットがバスドラムとギターのみで演奏するワンマンバンドであったが、現在はサポートメンバーを加え、ドラムとツインギターの3人編成となっている。
ジョン・バレット自らレコーディング、及びすべての楽器を演奏しアルバムを制作している。

2011年4月12日に、デビューアルバムとなるGB Cityが発売Fat Possum Recordsによってリリース。この売り上げに満足したレコード会社はさらにビニール版を分配した。

2013年6月25日に、初のフルアルバムとなるアルバム「BASS DRUM OF DEATH」をリリースした。


ディスコグラフィー[編集]

外部リンク[編集]