ベン・ハー (2016年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベン・ハー
Ben-Hur
監督 ティムール・ベクマンベトフ
脚本
原作 ルー・ウォーレス
ベン・ハー
製作
製作総指揮
出演者
音楽 マルコ・ベルトラミ
撮影 オリヴァー・ウッド
編集
製作会社
配給
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年8月19日
上映時間 141分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1億ドル[2][3]
テンプレートを表示

ベン・ハー』(Ben-Hur)は、キース・クラークとジョン・リドリー脚本、ティムール・ベクマンベトフ監督による2016年のアメリカ合衆国の叙事詩的歴史ドラマ英語版アクション映画である。ルー・ウォーレスの1880年の小説『ベン・ハー』を原作としており、1907年のサイレント映画英語版1925年のサイレント映画アカデミー賞を受賞した1959年の映画2003年のアニメ映画英語版に続いて5度目の映画化で、小説の「再翻案」、「再想像」、「新解釈」と称されている[4][5]。出演はジャック・ヒューストンモーガン・フリーマントビー・ケベルナザニン・ボニアディハルク・ビルギナー英語版ロドリゴ・サントロらである。

主要撮影は2015年2月2日にイタリアローマで始まり、2015年8月に完了した。2016年8月19日より2D、3DRealD 3Dデジタル3D英語版IMAX 3Dで公開された[6]

プロット[編集]

貴族のユダ・ベン・ハー英語版ジャック・ヒューストン)は幼馴染で義兄弟のメッサラ英語版トビー・ケベル)により暗殺未遂の罪に問われてしまう。数年間ローマの奴隷として過ごした彼はナザレのイエスとの出会いの後、戦車競走でメッサラに挑むことで復讐を果たそうとする。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

企画[編集]

2013年、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーは既にパブリックドメインとなっているルー・ウォーレスの1880年の小説『ベン・ハー』を翻案したキース・R・クラークの脚本の権利を獲得した[7]。2014年4月、パラマウント映画とMGMは共同で『ベン・ハー』の新バージョンを製作し、マーク・バーネット英語版ローマ・ダウニー英語版が製作と製作総指揮を務めることを発表した[8]。MGMは以前にも同一の小説を原作としていた1925年のサイレント映画1959年の映画を制作しており、後者は1980年代にテッド・ターナーに売却されていた[8]。MGMはちょうど23作に及ぶ007シリーズの世界的な成功、『007 スカイフォール』と『ホビット 思いがけない冒険』の両作の世界興行収入がそれぞれ10億ドルを突破したことにより破産状態から脱却し、また当時パラマウントとは聖書映画『ノア 約束の舟』を成功させていた[8][9]。その後、ジョン・リドリー(『それでも夜は明ける』)が脚本修正のため雇われ、ショーン・ダニエル英語版、バーネット、ジョニ・レヴィンが製作、ダウニー、クラーク、ジェイソン・ブラウンが製作総指揮となった[8][7]。また後にダンカン・ヘンダーソンが製作に加わり、さらにリドリーが製作総指揮兼任となった[10]。新たな映画は1959年版とは大きく異なっており、ローマ帝国エルサレムを支配する以前から親友として育ったベン・ハーとメッサラの関係形成を扱い、キリストが重要な役割を果たすと発表された[8]

2013年9月、ティムール・ベクマンベトフが監督に雇われた[11]。ベクマンベトフは当初は監督に消極的であったが、プロデューサーのダニエルから脚本を読まされ、就任を決意した[12]。彼は『ベン・ハー』の物語は『ロミオとジュリエット』、『ハムレット』、アントン・チェーホフの小説を自身に思い起こさせたと述べた[13]。彼は1959年版に魅了されていたが、赦しよりも復讐に焦点が当てられていることが問題となっていることを発見した。したがって彼は単なる復讐よりも赦しと愛をテーマとして強調させることを望んだ。彼はローマ帝国時代に顕著であった「プライド、競争、権力、強さ、独裁、自己愛を最も重要な価値観とすること」は現代世界では時代遅れであることを発見した。したがって彼はこれらのテーマをこのバージョンでの主要な論点とすることを望んだ[13]。彼は映画はベン・ハーだけの物語ではなく、彼と彼の兄弟のメッサラの2人の物語であると述べた[4]

プロデューサーのマーク・バーネット英語版によると、若く世俗的な観客たちを『ベン・ハー』にような信仰とイエス・キリストのメッセージが中心となる映画に惹きつけるために夏のブロックバスター作品にように感じさせる必要があった。彼は1億ドル近いと報じられている巨大な製作費の原因は若い観客が期待する視覚効果や3Dのためであると説明した[14]

2015年6月、パラマウントの副会長のロブ・ムーア英語版はこのバージョンが1959年の映画のリメイクではなく、ルー・ウォーレスの小説の新解釈版であると説明した[5]

脚本執筆[編集]

ジョン・リドリーはキース・クラークが執筆したルー・ウォーレスの1880年の小説『ベン・ハー』を基としたオリジナル脚本を書き直した[15]。リドリーは原典に戻り、人種奴隷制植民地化と2人の友人の深い関係に焦点を当てたクラークのやり方を賞賛した[15][16]。スタジオは翌年にオスカーを受賞することとなる『それでも夜は明ける』の脚本を執筆した後の2013年10月に彼に話を持ちかけた[17]

キャスティング[編集]

当初はタイトルロールであるユダ・ベン・ハー英語版役にはトム・ヒドルストンが考慮されていた[18]。しかしながら後にジャック・ヒューストンがタイトルロールとしてキャスティングされた[19]。2014年9月11日、モーガン・フリーマンがベン・ハーを戦車レースのチャンピオンへと導く族長イルデリム英語版役に決まったことが明らかとなった[20]。9月18日、トビー・ケベルが悪役であるメッサラ英語版役の初期交渉に入ったことが報じられた[21]。10月15日、ガル・ガドットがベン・ハーと恋に落ちる奴隷のエスター役としての出演交渉中であることが報じられた[22]。また『ゲーム・オブ・スローンズ』のペドロ・パスカルポンティウス・ピラト役で交渉された[23]。10月30日、TheWrap英語版はガットとパラマウントとMGNの交渉が終了し、彼女が『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』とのスケジュール競合のために出演を断ったことを報じた[24]。11月4日、マーワン・ケンザリ英語版がドルーサス役を務めることが発表された[25]。11月11日、アイェレット・ゾラーがベン・ハーの母親のナオミ(原作及び1959年の映画ではミリアム)役での最終出演交渉に入ったことが報じられた[26]。11月13日、オリヴィア・クックがベン・ハーの姉妹のティルザ役の候補であることが報じられた[27]。12月2日、ナザニン・ボニアディソフィア・ブテラモラン・アティアス、ナタリア・ワーナーといった競合相手を退けてエスター役を勝ち取ったことが明らかとなった[28]。2015年1月12日、当初クックにオファーされていたティルザ役にソフィア・ブラック=デリア英語版がキャスティングされたことが明らかとなった[29]。1月13日、 ロドリゴ・サントロイエスを演じることが発表された[30]。1月20日、モイセス・アリアスがジェスタス役を務めることが報じられた[31]。1月21日、ピルー・アスベック英語版がパスカルに代わってポンティウス・ピラト役を務めることが明かされた[32]

撮影[編集]

2015年2月2日、MGMとパラマウント映画は主要撮影が始まっており、1959年版のようにイタリアローママテーラで行われることを発表した[10]。またバジリカータ州マテーラの洞窟住居とローマのチネチッタ・スタジオが撮影場所に選ばれた[33][34]。ほとんどの場合でCGIが広く使われたが、ベクマンベトフは物理的な効果を多く使うことを望み、CGIの必要性が薄い箇所では最小限にとどめた[35][36]。プロデューサーのロマ・ダウニーとマーク・バーネットはメル・ギブソンの『パッション』でも同じくエルサレムとして撮られたマテーラをロケ地に選んだ[37]ロケーション撮影は2015年4月上旬に完了した[38]。制作はその後チネチッタ・スタジオへと移り、戦車の場面などが約4ヶ月かけて撮影された[39][40]

マーケティング[編集]

2016年3月14日、『USAトゥデイ』により2枚の写真が公開された[41]。3月15日、エンターテイメント・トゥナイトにより戦車レースの場面が初公開され[42]、その翌日にオンライン上で1本目の予告編[43][44]とティーザーポスターが公開された[45]。予告はパラマウントが『10 クローバーフィールド・レーン』を劇場公開した1週後に公開された[44]

公開[編集]

北米公開は当初は2016年2月26日が予定されていたがパラマウントは2016年8月12日に変更した[46]。2016年のシネマコンでパラマウントは1週間後の2016年8月19日公開に再変更し、8月12日は代わりに『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』の公開日となった[47][48]。公開形態は従来の2Dの他、IMAX3Dデジタル3D英語版、RealD 3D、IMAX 3Dである[49][50][51]。北米公開の後、9月7日にイギリスとアイルランドで公開された[52]

日本での劇場公開は一時2017年内と発表されていたが公開中止になり、2017年2月8日にBlu-ray DiscとDVDが発売されることになった[53][54]

出典[編集]

  1. ^ Ben-Hur [2D (12A)]”. British Board of Film Classification (2016年8月9日). 2016年8月9日閲覧。
  2. ^ Pamela McClintock (2016年7月28日). “Box Office: 'Ben-Hur' Tracking for Alarming $14M-$15M U.S. Debut”. The Hollywood Reporter. 2016年7月29日閲覧。
  3. ^ Rebecca Ford (2016年8月4日). “'Ben-Hur' Director on How His Remake Differs From Charlton Heston's Film and How He Found His Judah”. The Hollywood Reporter. 2016年8月4日閲覧。
  4. ^ a b Jack Giroux (2016年3月29日). “Don’t Expect to See Any Slo-Mo Chariot Races in the ‘Ben-Hur’ Remake”. /Film. 2016年4月1日閲覧。
  5. ^ a b Michael Cieply (2015年6月25日). “Paramount Promises Respectful Portrayal of Jesus in ‘Ben-Hur’”. The New York Times. 2016年3月16日閲覧。
  6. ^ Ben-Hur”. imax.com. IMAX Corporation. 2016年7月7日閲覧。
  7. ^ a b Dave McNarry (2016年3月16日). “[WATCH 'Ben-Hur' Remake Trailer: Jack Huston Stars in Reboot]”. Variety. 2016年3月17日閲覧。
  8. ^ a b c d e Mike Fleming Jr (2013年1月14日). “Sweet Chariot! MGM is Rebooting ‘Ben-Hur’”. Deadline.com. 2016年3月16日閲覧。
  9. ^ 'Ben-Hur' remake set for 2016 release”. USA Today (2014年4月25日). 2016年3月16日閲覧。
  10. ^ a b “MGM and Paramount Start Principal Photography on Ben-Hur”. comingsoon.net. (2015年2月2日). http://www.comingsoon.net/movies/news/405873-mgm-and-paramount-start-principal-photography-on-ben-hur 2015年2月3日閲覧。 
  11. ^ Mike Fleming Jr (2013年9月20日). “MGM’s ‘Ben-Hur’ To Ride With Timur Bekmambetov As Director”. Deadline.com. 2016年3月18日閲覧。
  12. ^ ‘Wanted’ director puts new twist on epic adventure ‘Ben-Hur’” (2016年7月21日). 2016年7月22日閲覧。
  13. ^ a b Elizaveta Chalenko (2015年4月20日). “Timur Bekmambetov Talks UNFRIENDED, BEN-HUR, WANTED 2, and More”. Collider.com. 2016年3月18日閲覧。
  14. ^ Daniel Nussbaum (2016年8月7日). “‘Ben-Hur’ Producer Mark Burnett: Faith-Based Films Need ‘Epic’ Feel to Attract Secular Audiences”. Breitbart News. 2016年8月9日閲覧。
  15. ^ a b Christina Radish (2015年3月5日). “John Ridley Talks AMERICAN CRIME and BEN HUR”. Collider.com. 2016年3月17日閲覧。
  16. ^ Emma Brown (2015年3月6日). “John Ridley's American Landscape”. Interview. 2016年3月17日閲覧。
  17. ^ Mike Fleming Jr (2013年10月24日). “‘12 Years A Slave’ Scribe John Ridley Boards ‘Ben-Hur’ Reboot At MGM”. Deadline.com. 2016年3月17日閲覧。
  18. ^ “Sweet Chariot! Tom Hiddleston Courted For 'Ben-Hur' Title Role”. deadline.com. http://deadline.com/2014/08/sweet-chariot-tom-hiddleston-courted-for-ben-hur-title-role-818434/ 
  19. ^ Kroll, Justin (2014年9月16日). “MGM and Paramount Tap Jack Huston to Play 'Ben-Hur'”. variety.com. http://variety.com/2014/film/news/jack-huston-ben-hur-casting-1201281099/ 2014年9月17日閲覧。 
  20. ^ Fleming Jr, Mike (2014年9月11日). “Morgan Freeman Set For 'Ben-Hur' Redo”. deadline.com. http://deadline.com/2014/09/morgan-freeman-set-for-ben-hur-redo-833262/ 2014年9月12日閲覧。 
  21. ^ Kroll, Justin (2014年9月18日). “Toby Kebbell Eyes Villainous Role in 'Ben-Hur' Remake”. variety.com. http://variety.com/2014/film/news/toby-kebbell-ben-hur-messala-casting-1201308652/ 2014年9月19日閲覧。 
  22. ^ Ford, Rebecca (2014年10月15日). “Gal Gadot Circling Female Lead in 'Ben-Hur'”. hollywoodreporter.com. http://www.hollywoodreporter.com/news/gal-gadot-circling-female-lead-741095 2014年10月16日閲覧。 
  23. ^ Fleming Jr, Mike (2014年10月15日). “'Game Of Thrones' Pedro Pascal In Talks To Play Pontius Pilate In 'Ben-Hur'”. deadline.com. http://deadline.com/2014/10/game-of-thrones-pedro-pascal-pontius-pilate-ben-hur-852518/ 2014年10月16日閲覧。 
  24. ^ Sneider, Jeff (2014年10月30日). “'Batman v Superman' Shoot Forces Gal Gadot to Pass on 'Ben-Hur'”. thewrap.com. http://www.thewrap.com/batman-v-superman-shoot-forces-gal-gadot-to-pass-on-ben-hur-exclusive/ 2014年10月31日閲覧。 
  25. ^ Yamato, Jen (2014年11月4日). “Marwan Kenzari Joins 'Ben-Hur'”. deadline.com. http://deadline.com/2014/11/jay-chou-now-you-see-me-2-cast-1201272787/ 2014年11月17日閲覧。 
  26. ^ Ford, Rebecca; Kit, Borys (2014年11月11日). “'Man of Steel' Actress in Talks for 'Ben-Hur'”. hollywoodreporter.com. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/man-steel-actress-talks-ben-748218?utm_source=twitter 2014年11月12日閲覧。 
  27. ^ Sneider, Jeff (2014年11月13日). “'Ouija' Star Olivia Cooke May Play Jack Huston's Sister in 'Ben-Hur' Remake”. thewrap.com. http://www.thewrap.com/ouija-star-olivia-cooke-may-play-jack-hustons-sister-in-ben-hur-remake-exclusive/ 2015年1月13日閲覧。 
  28. ^ Fleming Jr, Mike (2014年12月2日). “'Homeland's Nazanin Boniadi Wins 'Ben-Hur' Female Lead”. deadline.com. http://deadline.com/2014/12/homeland-nazanin-boniadi-ben-hur-female-lead-1201306900/ 2014年12月3日閲覧。 
  29. ^ Yamato, Jen (2015年1月12日). “Sofia Black-D'Elia Lands 'Ben-Hur' Role”. deadline.com. http://deadline.com/2015/01/sofia-black-delia-cast-ben-hur-1201348515/ 2015年1月13日閲覧。 
  30. ^ Kit, Borys (2015年1月13日). “Rodrigo Santoro to Play Jesus Christ in MGM's 'Ben-Hur' Remake”. hollywoodreporter.com. http://www.hollywoodreporter.com/news/rodrigo-santoro-play-jesus-christ-763409 2015年1月14日閲覧。 
  31. ^ Yamato, Jen (2015年1月20日). “'Ben-Hur' Adds Moises Arias”. deadline.com. http://deadline.com/2015/01/ben-hur-moises-arias-luna-blaise-james-franco-fresh-off-the-boat-1201354312/ 2015年2月3日閲覧。 
  32. ^ Ge, Linda; Sneider, Jeff (2015年1月21日). “'Lucy' Star Pilou Asbæk to Play Pontius Pilate in 'Ben-Hur'”. thewrap.com. http://www.thewrap.com/lucy-star-pilou-asb%25c3%25a6k-to-play-pontius-pilate-in-ben-hur-exclusive/ 2015年2月3日閲覧。 
  33. ^ “Ben-Hur: Italy's Matera the film location of choice”. theaustralian.com.au. (2015年11月27日). http://www.theaustralian.com.au/news/world/ben-hur-italys-matera-the-film-location-of-choice/story-fnb64oi6-1227136045334 2015年1月13日閲覧。 
  34. ^ “Hollywood on the Tiber 2: The return of Cinecittà”. swide.com. (2014年12月3日). http://www.swide.com/art-culture/the-return-of-cinecitta-studios-with-remake-of-ben-hur-and-bond-24/2014/12/03 2015年1月13日閲覧。 
  35. ^ Alicia Rancilio (2016年2月10日). “Jack Huston: The 'Ben-Hur' remake was an epic undertaking”. Yahoo! Movies. 2016年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月16日閲覧。
  36. ^ Jack Giroux (2016年4月4日). “How Director Timur Bekmambetov Recreated the Classic ‘Ben-Hur’ Chariot Race Sequence”. /Film. 2016年4月6日閲覧。
  37. ^ Vincent Funaro (2015年10月15日). “'Passion of the Christ' Film Location Helped Bring 'Ben-Hur' Remake to Life”. Christian Post. 2016年3月15日閲覧。
  38. ^ Peter T. Chattaway (2015年4月2日). “Ben-Hur begins its four-month shoot at Cinecitta Studios”. Patheos. 2016年3月15日閲覧。
  39. ^ Nancy Tartaglione (2015年4月1日). “BAFTA Breakthrough Brits Opened Up; Ben-Hur Races To Cinecitta: Global Briefs”. Deadline.com. 2016年3月15日閲覧。
  40. ^ Ryan Lattanzio (2015年4月1日). “MGM's 'Ben-Hur' Starts Shooting at Rome's Storied Cinecittà Studios”. Indiewire. 2016年3月15日閲覧。
  41. ^ Brian Truitt (2016年3月14日). “Sneak peek: Jack Huston takes reins of new 'Ben-Hur'”. USA TODAY. 2016年3月15日閲覧。
  42. ^ Raphael Chestang (2016年3月15日). “EXCLUSIVE WORLD PREMIERE: Watch Epic Chariot Race From the New 'Ben-Hur'”. Entertainment Tonight. 2016年3月16日閲覧。
  43. ^ Mia Galuppo (2016年3月16日). “First 'Ben-Hur' Reboot Trailer Arrives”. The Hollywood Reporter. 2016年3月17日閲覧。
  44. ^ a b Scott Mendelson (2016年3月16日). “'Ben-Hur,' Summer's Last Tentpole, Gets A Trailer”. Forbes. 2016年3月17日閲覧。
  45. ^ Sandy Schaefer (2016年3月16日). “Ben-Hur Trailer & Poster: Stand and Fight”. 'Screenrant'. 2016年3月17日閲覧。
  46. ^ Dave McNary (2015年10月21日). “‘Ben-Hur’ Remake Moved to August”. Variety. 2016年3月15日閲覧。
  47. ^ Anthony D'Alessandro (2016年4月11日). “Paramount Dates ‘Florence Foster Jenkins’, ‘Ben Hur’ Moves, Brad Pitt WWII Spy Film Titled ‘Allied’ – CinemaCon”. Deadline.com. 2016年4月12日閲覧。
  48. ^ Rebecca Ford (2016年4月11日). “CinemaCon: Paramount Places Bets on Denzel Washington's 'Fences,' Brad Pitt's 'Allied'”. The Hollywood Reporter. 2016年4月12日閲覧。
  49. ^ Jacob Stolworthy (2016年3月17日). “Ben-Hur trailer: a 3D remake has slipped through the cracks”. The Independent. 2016年3月17日閲覧。
  50. ^ Pete Hammond (2016年4月12日). “Paramount Shows Off ‘Turtles’ , ‘Treks’, Remakes And Oscar Bait As Exhibitors Eat It All Up – CinemaCon”. Deadline.com. 2016年4月12日閲覧。
  51. ^ Kevin Fraser (2016年7月8日). “New character posters introduce the cast of Ben-Hur”. JoBlo.com. 2016年7月8日閲覧。
  52. ^ James White (2016年3月15日). “First look at Jack Huston in the new Ben-Hur”. Empire. 2016年3月15日閲覧。
  53. ^ “不朽の名作を最新技術で新たに描く「ベン・ハー」2017年公開”. 映画.com. (2016年5月16日). http://eiga.com/news/20160519/8/ 2016年12月14日閲覧。 
  54. ^ ベン・ハー ブルーレイ+DVDセット”. NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン. 2016年12月14日閲覧。

外部リンク[編集]