ベンダー家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベンダー家
Bender Family
The Benders in Kansas』(1913年)より
個人情報
別名 ジョン・ベンダー(John Bender)
エルヴィラ・ベンダー(Elvira Bender)
ケート・ベンダー(Kate Bender)
ジョン・ベンダー・ジュニア(John Bender Jr.)(息子)
殺人詳細
犠牲者数 知られているかぎりで11人[1]
犯行期間 1869年1872年
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カンザス州ラベット郡
チェリーヴェール(Cherryvale)の北東7マイル(約11.3キロメートル)
逮捕日 不明

座標: 北緯37度20分56秒 西経95度29分10秒 / 北緯37.349度 西経95.486度 / 37.349; -95.486 ブラッディー・ベンダーズ(Bloody Benders)は、1871年から1873年までアメリカ合衆国カンザス州ラベット郡に住み、犯罪を実行した連続殺人犯の一家である。一家はジョン・ベンダー(John Bender)、妻エルヴィラ・ベンダー(Elvira Bender)、息子ジョン・ジュニア(John, Jr.)、娘ケート(Kate)、から成る。ジョン・ジュニアとケートは兄妹であるという俗説も存在する一方で当時の新聞は、ベンダー家の近隣の人々が、2人は結婚している、ことによると事実婚(common law marriage)であるかもしれない、と述べたと報じた。

ベンダー家は、犯罪が露見して消息を絶つまでの間に、少なくとも12人を殺害したと考えられている。ベンダー家の人々を取り巻く多くの伝承と伝説の為に、事実と虚構を区別する事は困難である。

背景[編集]

南北戦争につづいて、アメリカ政府は、オセージ・インディアン(Osage Indians)(オセージ・ネーション(Osage Nation))を、カンザス州ラベット郡から、結局はオクラホマ州になる所に在るあらたなインディアン準州に、移動させた。あらたな空閑地は、そのとき、ホームステッド法による自営農地に使用可能になった。

1870年10月に、心霊主義者の5家族が、ラベット郡西部のオセージのタウンシップ内と周辺に腰を落ち着けたが、ここはチェリーヴェールが7ヶ月後に設立されることになる場所の北東約7 mi (11 km)であった。それら家族の中の1つが、ジョン・ベンダー・シニア(以下:ジョン・シニア)とその息子ジョン・ベンダー・ジュニア(以下:ジョン・ジュニア)であって、彼らは、グレート・オセージ・トレール(Great Osage Trail)に隣接する土地160エーカー (65 ha)を登記したが、グレート・オセージ・トレールが当時、さらに西にすすむ唯一の公道であった。小屋、家畜のための囲いのついた納屋、そして井戸が1871年の秋に造られたのち、ジョン・シニアの妻エルヴィラと彼らの娘であるケートがこの地に到着すると、小屋の中をキャンバス生地の幌布で分けて、2つの部屋にした。一家は、後部の小さい方の部屋を居住部として利用し、前部の部屋を、数少ない衣類を販売する「よろずや」("general store")として用いた。正面部(front section)には、キッチンとダイニング・テーブルがあり、そこで旅行者は、食事のために立ち寄ることができ、夜を過ごすこともできた。また、エルヴィラとケートは小屋の北で野菜とリンゴを栽培していた[2][3][4]

ベンダー家[編集]

・ジョン・ベンダー・シニアは、60歳前後で、ほとんど英語を話さなかった。彼が口をきいたとしても、あまりにも声がしわがれていたため、相手はたいてい彼の言うことを聞き取れなかった。1873年5月23日(金曜日)付の『The Emporia News』によれば、彼は、ウィリアム・ベンダーという名前と同一であるとされた。

・ジョン・シニアの妻であるエルヴィラ・ベンダーは55歳で、彼女もまたほとんど英語を話さなかったとされていた。あまりに無愛想なので、隣人からは「悪魔女」("she-devil")と呼ばれていた。

・ジョン・ベンダー・ジュニアは25歳前後で、赤褐色の髪と口ひげで顔立ちが良く、ドイツ語なまりはあったものの流暢な英語を話した。その一方で、理由なく笑いがちだったことから、多くの人から「うすばか」("half-wit")だと思われていた。

・ケート・ベンダーは23歳前後で、教養があり、魅力的で、なまりがほとんどない英語を話した。超自然的な力と病気を治す能力を持っていると自称する彼女は、その能力を宣伝するチラシを配った。また、彼女は降霊会の開催や、スピリチュアリズムに関する講演を行い、そのために自由恋愛主義を主唱して悪評を受けた。ケートの人気は、ベンダー家の宿屋の大きな魅力となった。

ベンダー家のうち、ジョン・シニアとエルヴァイラは人付き合いを避けたが、2人の子供達は近くのハーモニー・グローヴ(Harmony Grove)の日曜学校に定期的に通った。

ベンダー家の人々は、ドイツ系の移民であると広く考えられた一方、ベンダー家の男たちだけは海外で生まれ、実際は1つの家族ではなかった。しかしながら、彼らの関係、あるいは彼らの出生地の書面あるいは決定的な証拠は見つかっていない。ジョン・シニアは、ドイツあるいはオランダの出身であり、ジョン・フリッキンガー(John Flickinger)をもうけたと一部の人によって[誰?]考えられている。当時の複数の新聞によれば、エルヴィラは、アディロンダック山地でアルミラ・ヒル・マーク(Almira Hill Mark)(しばしば"Meik"と誤って綴られる)として生まれた。彼女は、サイモン・マーク(Simon Mark)と結婚し、彼との間に12人の子をもうけたと主張した。のちに、彼女は、ウィリアム・スティーヴン・グリフィス(William Stephen Griffith)と結婚した。エルヴィラは、数人の夫を殺害したのではないかと疑われたが、これらうわさのどれも証明されなかった。ケートは、エルヴィラの五女であると考えられ、サラ・イライザ・マーク(Sarah Eliza Mark)を生んだ。彼女は、のちに結婚し、サラ・イライザ・デーヴィス(Sarah Eliza Davis)として知られた。ベンダー宅から回収された聖書にある書き込みに基づいて、ジョン・ジュニアは、ジョン・ゲープハルト(John Gebhardt)として生まれたと考えられたが、彼の身元の他の証拠は存在しない。ベンダー家の隣人のなかには、ジョンとケートは兄妹ではなく、実際は夫婦であると主張する人もいた[誰?]

死亡と失踪[編集]

1871年5月にジョーンズ(Jones)という名の男の遺体が、頭蓋骨をつぶされ、のどを切られて、ドラム・クリーク(Drum Creek)から発見された。ドラム・クリークの所有者が犯人として疑われたが、逮捕されなかった。

1872年2月に、ジョーンズと同じ負傷のある、2人の男の遺体が見つかった。

1873年までに、この地域を通過した者が失踪するうわさが広まり、旅行者らはトレールを避けはじめた[2][3][4]。地域はすでに「ウマ泥棒どもと悪漢ども」("horse thieves and villains")で広く知られていて、自警団がしばしば失踪のかどで数人を「逮捕した」("arrested")が、その後彼らは当局によって釈放された。疑いをかけられている多くの誠実な男らもまた、これらの自警団によって郡から追い出された[5]

破滅[編集]

1872年冬に、ジョージ・ニュートン・ロングカー(George Newton Longcor)とその幼児の娘メアリー・アン(Mary Ann)は、アイオワに落ち着くために、カンザス州インディペンデンスを立ち去ったまま消息を絶った。

1873年春に、ロングカーの元隣人ドクター・ウィリアム・ヘンリー・ヨーク(Dr. William Henry York)は、彼らを捜しに行き、トレール沿いの、ホームステッド法による自営農地の所有者らに彼らの行方について質問した。ドクター・ヨークは、カンザス州フォート・スコット(Fort Scott)に到着し、そして3月9日(日曜日)にインディペンデンスへの帰途についたまま消息を絶った。ドクター・ヨークには、フォート・スコット在住のエド・ヨーク(Ed York)大佐と、インディペンデンス選出の州議会上院議員のアリグザンダー・M・ヨーク(Alexander M. York)という2人の兄弟がおり、2人ともウィリアムの旅行の計画を知っていた。ドクター・ヨークの徹底的な捜索がはじまり、ヨーク大佐は約50人の一団を率いて、トレールのすべての旅行者に質問し、地域のすべてのホームステッド法による自営農地の所有者を訪問した。

1873年3月28日(金曜日)に、ヨーク大佐は、ミスタ・ジョンソンという人物とともにベンダー家の宿に到着した。ヨーク大佐は一家に自分の兄が行方不明になったと説明し、兄を見たかどうか訊ねた。彼らは、ドクター・ヨークが自分たちのところに泊まったことを認め、彼がインディアンとトラブルを起こした可能性を示唆した。ヨーク大佐は、それはあり得ると同意し、夕食のためにとどまった[2][4]

4月3日(木曜日)にヨーク大佐は、ある女がエルヴィラ・ベンダーにナイフで脅されて宿屋から逃げたと知らされ、武装した男らとともに宿にもどってきた。申立てによると、エルヴィラは、英語を理解できなかったとされたが、一方でベンダー家の若者たちはその主張を否定した。ヨーク大佐が女性の主張を繰り返すと、エルヴィラは激怒し、「その女はコーヒーに呪いをかけた魔女だ」と言い、男らに立ち去るように命じた。また、このとき「彼女の英語感覚」("her sense of the English language")が噂よりも断然よいことが初めて明らかとなった。ヨーク大佐は宿から立ち去る前にケート・ベンダーから翌日ひとりで戻ってくるよう頼まれた。そして彼女は、千里眼能力を用いてヨーク大佐の兄弟を探すのを手伝おうとした。ヨーク大佐の同行者らは、ベンダー家の人々と隣のローチ家は罪を犯していると確信し、彼ら全員を首吊りにしたかったが、ヨークは証拠を見つけねばならないと主張した[5][6]

ほぼ同じ頃、近隣の複数のコミュニティーが、オセージ・コミュニティーに失踪の責任があると非難し始め、ハーモニー・グローヴの校舎での会合がオセージ・タウンシップによって手配された。会合には75人の地元住民が出席し、そのなかには、ヨーク大佐と、ジョン・シニアとジョン・ジュニアもいた。ドクター・ヨークの失踪をふくめてこれらの失踪を議論したのち、ビッグ・ヒル・クリーク(Big Hill Creek)とドラム・クリーク(search warrant)とのあいだのすべてのホームステッド法による自営農地の所有者を捜索をする捜索令状を入手することが、同意された[2][3][4]。数週間前のヨーク大佐の訪問以降、ベンダー家に強い疑いがもたれたにもかかわらず、誰も彼らを監視しなかったため、彼らの逃亡の発覚が遅れた[5]

墓掘りがはじまった翌日のベンダー宿(Bender Inn)

タウンシップの会合の3日後、ビリー・トール(Billy Tole)が家畜を駆ってベンダー家の所有地のそばを通過したとき、ベンダー家の宿屋が放棄され、農場の動物らに餌が与えられていないことに気づいた。トールはこの事実をタウンシップの受託者(township trustee)に報告したが、悪天候のため、放棄された所有地の捜索は数日後に実施された。タウンシップの受託者は有志を呼び求め、数百人がヨーク大佐をふくむ捜索隊の結成に加わった。捜索隊が宿屋に到着したとき、中に食料や衣服、個人財産はなかった。悪臭に気づき、それをたどっていくと、ベッドの下の、くぎで打ちつけ閉めたわな扉(trap door)に行き着いた。わなを開けると、その下には、深さ6フィート (1.8 m)、上は7フィート (2.1 m)四方、下は3フィート (0.9 m)四方の空室があって、床には血がかたまっていた。石板の床は大型ハンマーで粉砕されたが、遺体は発見されず、臭いは土に染み込んだ血からのものであると断定された。男らはそれから小屋を物理的に持ち上げ、その下を掘れるように横に移動させたが、遺体は見つからなかった。彼らは、金属の棒で小屋の周りの地面を、とくに野菜畑と果樹園のかき乱された土壌を、深く探りはじめた。その晩遅く、その場所の地面のすぐ下に、顔を下に向けた状態のドクター・ヨークの遺体が見つかった。探棒作業は真夜中までつづき、さらに疑わしい墓9つに印をつけたのち、男らはすべて見つけつくしたと確信し、就寝した。翌朝、掘削が再開され、さらに8人の遺体が、墓9つのうち7つから見つかり、1人は多数の身体の一部とともに、井戸から見つかった。1人をのぞくすべては、頭をハンマーで打ちつぶされ、のどを切られていた上に、すべてが「下品にも切断され」("indecently mutilated")ていたと新聞に報道された。若い娘の遺体が見つかったが、致命傷はなかった。彼女は絞殺されたか、または生き埋めにされたかのいずれかと推測された[7]

カンザスのある新聞によれば、ベンダー家の友人であるブロックマン(Brockman)という人物は、見物人にまじっていたところを、遺体を発見して激怒していた群衆によって宿屋の梁から首をつられて意識不明になり、意識を取り戻し、知っていることについて質問され、それからまた首をつられた。3回目の首吊りののち、群衆から解放されたブロックマンは「酔った、あるいは混乱したひとのように」("as one who was drunken or deranged")よろめく足どりで自宅に帰った[8]。カトリックの祈祷書が自宅から見つかったが、そのなかにドイツ語で書かれた複数の手紙があり、のちに翻訳された。文面は、次の通りである。「ヨハンナ・ベンダー(Johannah Bender)。1848年7月30日生まれ」("Johannah Bender. Born July 30, 1848,")「ヨハン・ゲブハルト(John Gebhardt)は18??年7月1日にアメリカに来た」("John Gebhardt came to America on July 1 18??,")「大きな虐殺の日、1月8日」("big slaughter day, Jan eighth")そして「地獄 出発した」("hell departed.")[7]

謀殺事件のうわさはすぐにひろがり、3000人を超える人々が現場に詰めかけ、中には遠く離れたニューヨークとシカゴからの記者もいた。ベンダーの小屋は、何でも取るおみやげ狩人(souvenir hunters)によって破壊されたが、そのなかには穴蔵を裏打ちしたれんがと、井戸を裏打ちしている石も含まれた[2][3]

ドクター・ヨークの兄弟であるアリグザンダー・ヨーク(Alexander York)州上院議員は、ベンダー家の逮捕に対して1000ドル(2019年現在に換算すると20,914ドル)の懸賞金を出した。

5月17日(土曜日)に、カンザス州知事トマス・A・オズボーン(Thomas A. Osborn)は、4人全員の逮捕に2000ドル(2019年現在に換算すると41,828ドル)の懸賞金を出した。

殺害の手口[編集]

旅行客がベンダー家の宿に泊まり、朝食を取ろうとすると、宿主は、旅行客を、穴蔵に通じるわな扉の上に位置する名誉席(a seat of honor)に座らせたであろうことが推測されている。犠牲者にカーテンに背を向けさせて、ケートは旅行客の注意をそらしたであろうし、ジョン・ベンダーかその息子がカーテンのうしろから出て来て、旅行客の頭蓋骨の右側頭部をハンマーで殴ったとされている。犠牲者ののどは、死亡を確実にするために女らの1人によって切られた。遺体はそれから、わな扉から落とされた。身体は、いったん穴蔵の中に入れられ、服を脱がされ、のちに土地のどこかに、しばしば果樹園に、埋められた[2][3]。被害者の中には裕福な者もいれば、ほとんど貴重品を身につけていない者もいたが、ベンダー家の人々は彼らを全くのスリル目的で殺害していたと推測された[3]

ベンダーの宿に泊まり、なんとかして殺害されないうちに逃れた人々の証言は、ベンダー家の人々の手口と推定されるものを立証するようであった。生存者の1人であるウィリアム・ピッカリング(William Pickering)は、「しみがあったから馬車の布のそばに座るのを断ったらケートにナイフで脅された」と証言した。或るカトリックの聖職者は、ベンダー家の男らの1人が大きなハンマーを隠しているのを見て気分を害し、すみやかに立ち去った、と主張した[3]。ケートの超能力を体験するために宿屋に来た2人の男は、夕食のために居続けたが、布の隣のテーブルにつくのを断り、その代わりに店の中央のカウンターで食事をするほうを選んだ。ケートはそのとき彼らを口汚くののしり、少し後に布の陰からベンダーの2人の男が姿をあらわした。この時点で、客たちは不安を感じはじめ、立ち去ることに決めたが、この決断によって命拾いした[9]

12を超える弾痕が小屋の屋根と複数の側面に見つかった。メディアは、犠牲者のなかにはハンマーで殴打されたあと反撃しようとした人々もいたと推測した[5]

逃亡[編集]

刑事らは、カンザス州セーヤー(Thayer)の市境のすぐ外、宿屋の北12 mi (19 km)に、あしの不自由なウマの1頭とともに飢え死にしそうなウマたちと共に放棄されていた状態の、ベンダー家の馬車を発見した。また、セーヤーでは、一家がカンザス州ハンボルト(Humboldt)行きのレヴンワース、ローレンス、アンド、ガルヴェストン鉄道(the Leavenworth, Lawrence & Galveston Railroad)の切符を買っていたことが確認された。カンザス州シャヌート(Chanute)で、ジョン・ジュニアとケートは、列車から降り、デニソン近くのレッドリヴァー郡の終着駅までのミズーリ=カンザス=テキサス鉄道(Missouri–Kansas–Texas Railroad)の列車に乗り込んだ。そこから、彼らは、テキサスとニュー・メキシコのあいだの境地域にあると考えられた無法者のコロニーに旅行した。この地域で無法者らを追っている保安官がしばしば決して戻ってこなかったから、彼らは、追跡されていなかった[2]。1人の刑事はのちに、自分は2人組を境まで追跡した、そこで自分はジョン・ジュニアが脳卒中で死亡していたことを知った、と主張した[3]。ジョン・シニアとエルヴァイラはハンボルトで列車から降りたのではなく、北のミズーリ州カンザス・シティーに進みつづけ、そこで彼らはミズーリ州セント・ルイス行きの切符を購入したと考えられている[2]

ベンダー家の人々を捜すためにいくつかの自警団が結成された。多くの話では、ある自警団がベンダーズ家の人々を実際に捕らえ、全員を撃ったが、ケートは生き埋めにされたという。また別の自警団は、ベンダー家の人々を捕らえてリンチし、ヴァーディグリス川(Verdigris River)に投げ捨てたと主張した。さらに別の自警団は銃撃戦のなかでベンダー家の人々を殺害し、遺体を平原に埋めたと主張した。しかしながら、どれも、3000ドル(2019年現在に換算すると62,742ドル)の懸賞金の権利を主張しなかった。

ベンダー家の逃亡の話は広がり、捜索は次の50年間、断続的に続いた。しばしば、一緒に旅行している2人の女性はケートとその母親であると言って非難された[10]

1884年に、ジョン・フリッキンガーがミシガン湖で自殺を遂げたと報告された[4]。また1884年に、ジョン・シニアの特徴と一致する中年の男が、アイダホ州サーモン(Salmon)で実行された謀殺の容疑で、モンタナで逮捕されたが、そこでは犠牲者は、頭をハンマーで殴られて殺害されていた。身元の確認をもとめるメッセージがチェリーヴェールに送られたが、容疑者は足かせからのがれるために足を切断し、出血死した。チェリーヴェールから代理が到着するときまでに、腐敗のために身元の確認は不可能であった。身元の確認がないにもかかわらず、男の頭蓋骨は、1920年に禁酒法がその閉鎖を強いるまで展示され、そして頭蓋骨は所在不明となった[11]。ジョン・フリッキンガーが本当にジョン・ベンダーであったかどうかは、不明である。

逮捕[編集]

遺体の発見の数週間後、ベイカー家の隣人であるアディソン・ローチ(Addison Roach)とその義理の息子ウィリアム・バクストン(William Buxton)が、従犯として逮捕された。「悪い評判の」("of bad repute in general")あわせて12人の男が、ブロックマンを含めて、逮捕される事になる。全員が犠牲者の盗品の処分に、自警団の一員ミット・チェリー(Mit Cherry)と共に関わっており、男の妻に「彼はイリノイ州の目的地に無事到着した」と知らせた[7]。ブロックマンは23年後に、自分の娘の強姦および謀殺の容疑で再逮捕された[8]

1889年10月31日(木曜日)には、その数週間前にミシガン州ナイルズ(Niles)(しばしばデトロイトと誤報される)で、ミセス・アルミラ・モンロー(Mrs. Almira Monroe)という人物(別名ミセス・アルミラ・グリフィス(Mrs. Almira Griffith))とミセス・サラ・イライザ・デーヴィス(Mrs. Sarah Eliza Davis)が、窃盗の容疑で逮捕されていた。彼女らは、無罪とされたのち釈放され、その時ただちにベンダーの複数の謀殺の容疑で再逮捕された。『Pittsburgh Dispatch』によれば、ベンダーの犠牲者の1人の娘ミセス・フランシス・E・マッキャン(Mrs. Frances E. McCann)が、彼女らを追い詰めたのち、この2人組を当局に報告した。ミセス・マッキャンの話は、彼女が父親の謀殺の夢を見たことに由来したが、彼女はサラ・イライザとそれを議論した。2人の女性の身元はのちに、1枚の鉄板写真から2人のオセージ・タウンシップの証人らによって確認された。10月なかばに、保安官代理でオセージ・タウンシップの受託者であるレロイ・ディック(LeRoy Dick)(彼はベンダーの財産の捜索の先頭に立った)が、ミシガンに到着し、彼女らの窃盗罪での釈放につづいて10月30日(木曜日)に2人組を逮捕した。ミセス・モンローは、自分は生け捕りにされるつもりはないと公言して抵抗したが、地元の保安官代理によって鎮められた。

ミセス・デーヴィスは、ミセス・モンローはエルヴァイラである、彼女自身はケートではなく姉妹サラである、と主張した。彼女はのちに、そういう趣旨の宣誓供述書に署名したが、そのいっぽうで、モンローは、身元を否定し続け、今度はサラ・エリザを、本物のケート・ベンダーであると非難した。保安官代理ディックは、ミセス・マッキャンとともに、2人組をカンザス州オスウィーゴ(Oswego)まで護衛したが、13人委員会(a 13-member panel)のうち7人が身元を確認し、彼女らを公判に付した。ミセス・モンローのもう1人の娘メアリー・ガーディー(Mary Gardei)はのちに、自分の母親(当時アルミラ・シアラー(Almira Shearer))は、アルミラ・マークス(Almira Marks)の名前で、義理の娘エミリー・マーク(Emily Mark)の故殺で1872年にデトロイト矯正院(Detroit House of Corrections)で2年間の刑期をつとめたと主張している宣誓供述書を提出した。投獄の記録が、この宣誓供述書を立証した。聴聞で、ミセス・モンローは、シアラーを知っていることあるいは故殺のかどを否定し、娘と一緒に投獄された。公判は当初、1890年2月に予定されていたが、5月に延期された。ミセス・モンローはいまや、自分が1872年にミスタ・シアラー(Mr. Shearer)というひとと結婚したことをみとめ、自分の名前が当時シアラーであったこと、自分が故殺で有罪判決を受けていたことを裁判所に知られたくなかったから、以前はそれを否定したと主張した。彼らの弁護士もまた、ミセス・デーヴィスが1872年に結婚したということを示す婚姻証明書を提出したが、その年に謀殺事件のいくつかが実行された。ミセス・モンローがマ・ベンダーであるという目撃者証言が、なされた。裁判官カルヴィンは、マリー・ガーディの宣誓供述書を、彼女は「親にそっくりな子」("chip off the old block")であるとしてしりぞけた。彼は、ガーディを支持しているほかの複数の宣誓供述書が、これらの女性が有罪判決を受けたはずがないことの充分な証拠であるとして、彼は2人とも釈放した。宣誓供述書その他の書類がラベット郡のファイルからなくなっているため、それ以上の調査は不可能である。多くの調査者は、宣誓供述書が真正であると即座に承認されたことを疑っているし、郡は2人の女が延長期間ちゅう、食事をさせる費用をみとめる気がないということをほのめかしている。2人の女性は、彼女らの被告人側弁護士が認めたように、たしかに犯罪者でうそつきであったが、その一方で、容疑は弱かったし、多くの人が彼女らのベンダー家の人々としての身元を疑った[2][11][12][13][14][15][16]

犠牲者[編集]

  • 1871年5月: ミスタ・ジョーンズ(Mr. Jones)。遺体がドラム・クリークから発見され、頭蓋骨を押しつぶされ、のどを切られていた。
  • 1871年/1872年冬: 2人の身元不明の男、1872年2月に頭蓋骨を押しつぶされ、のどを切られて、見つかった。
  • 1872年: ベン・ブラウン(Ben Brown)。カンザス州ハワード郡(Howard County)出身。$2,600 (2019: $54,376) なくなっていた。リンゴ畑に埋められた。
  • 1872年: W・F・マクロッティー(W.F. McCrotty. Co D 123rd Ill Infantry.)。$38 (2019: $795) と馬車つきのひとつなぎのウマどもが行方不明。
  • 1872年12月: ヘンリー・マッケンジー(Henry McKenzie)。インディアナ州ハミルトン郡(Hamilton County)から、インディペンデンスに移転。36ドル:$753)と、マッチするひとつなぎのウマどもが行方不明。
  • 1872年12月: ジョニー・ボイル(Johnny Boyle)。カンザス州ハワード郡(Howard County)。10ドル(2019: $209)、競走用めすウマ、と850ドル(2019: $17,777)サドル なくなっている。ベンダー家の井戸で見つかった。
  • 1872年12月: ジョージ・ニュートン・ロングカー(George Newton Longcor)と彼の18歳の娘メアリー・アン(Mary Ann)。当時の新聞は彼の名前を「ジョージ・W・ロングカー」("George W. Longcor")かでなければ「ジョージ・ロンチャー」("George Loncher")と報じたし、いっぽうでメアリー・アンは同様に、8歳であるかでなければ18ヶ月である(either eight years old or 18 months old)と報じられている。1870年のセンサスによれば、ジョージと彼の妻メアリー・ジェーン(Mary Jane)は、カンザス州インディペンデンス(Independence)で、チャールズ・インガルス(Charles Ingalls)一家の近隣の人であったし、いっぽうで彼の妻の両親は2軒さきに住んでいた。幼児の息子ロバート(Robert)の1871年5月の肺炎による死亡および21歳の妻メアリー・ジェーン(Mary Jane)(旧姓ギルモア(Gilmore))の死亡につづいて、数ヶ月後のメアリー・アン(Mary Ann)の誕生につづいて、ジョージは、アイオワ州リー郡の両親アンソニーおよびメアリー(ヒューズ)ロングカー(Anthony and Mary (Hughes) Longcor)の家に戻ろうとしていた。アイオワに戻る準備のなかで、ジョージは、隣人ドクター・ウィリアム・ヘンリー・ヨークからひとつなぎのウマを購入していたが、ドクター・ウィリアム・ヘンリー・ヨークはのちにジョージを捜しに行き、彼もまた謀殺された。両者ともに南北戦争の古参兵であった。1900ドル(2019: $39,736)がなくなっている。娘は生き埋めにされたと考えられたが、これは立証されなかった。彼女の遺体に負傷はなく、彼女は、ミトンとフードを含めて衣服を着ていた。両者ともにリンゴ畑に埋められた。
  • 1873年5月: ドクター・ウィリアム・ヨーク(Dr William York)。2000ドル(2019: $41,828)がなくなっている。リンゴ畑に埋められた。
  • ?: ジョン・グレアリー(John Greary)。リンゴ畑に埋められた。
  • ?: 身元不明の男。リンゴ畑に埋められた。
  • ?: 身元不明の男。リンゴ畑に埋められた。
  • ?: さまざまな、身体の一部。それらの一部は、見つかっているほかの犠牲者のどれのものでもなく、少なくとも3人の追加の犠牲者のものと考えられている。
  • 1873年: 捜査中、4人の身元不明の男の遺体が、ドラム・クリークとその周囲から見つかった。4人とも、頭蓋骨を押しつぶされ、のどを切られていた。1人はジャック・ボガート(Jack Bogart)であったかもしれず、1872年に彼が行方不明になったのちに、彼のウマがベンダー家の人々の友人から購入された。

見つかった複数の遺体と一致しない、回収された身体の一部をふくめれば、発見物は、20人を超える犠牲者の遺物を示していると推定されている。ただし以下は例外とする、すなわちマッケンジーとヨーク、彼らはインディペンデンスに埋められた。ロングコー家の人々、彼らはモンゴメリー郡に埋められた。そしてマックロッティー、彼はカンザス州パーソンズ(Parsons)に埋められ、のこりの遺体はどれも要求されず、そして彼らはベンダーの果樹園の北東1マイル (1.6 km)の小さな丘のふもとに再埋葬されたし、その地点の数個のうち1つは、「ベンダーズ・マウンズ」("The Benders Mounds")として知られる[5][17]。小屋の捜索で、3点のハンマーが回収された:靴のハンマー(shoe hammer)、釘抜きハンマー(claw hammer)、およびいくつかの頭蓋骨のぎざぎざと一致するように見える大型ハンマー。これらのハンマーは、1967年に、ベンダーの財産の捜索の先頭に立った、オセージ・タウンシップの受託者レロイ・ディック(LeRoy Dick)の息子によってベンダー博物館(Bender Museum)に与えられた。これらのハンマーは、1967年から1978年までカンザス州チェリーヴェール(Cherryvale)のベンダー博物館(Bender Museum)で展示されていたが、1978年にその敷地は消防署が取得した。博物館を移転させようする試みがなされたとき、一部の地元の住民がベンダー謀殺事件で町が知られていることに反対してそれは論争点となった。ベンダー家の人工遺物は結局、チェリーヴェール博物館に与えられ、そこの壁に埋め込まれた陳列ケースのなかにある[2][3]。4インチ(約10センチメートル)の刀身のあるナイフ1点が、報じられるところによれば、ベンダー宅のマントル・クロック(mantel clock)のなかに隠されているのをヨーク大佐が見つけた。1923年に、それはヨークの妻がカンザス歴史博物館(Kansas Museum of History)に寄贈したが、展示されていない。刀身にまだ赤茶いろの染みをおびていて、それは請求次第、見ることができる[17]

ベンダー家の人々の犯罪を説明している歴史的標識は、チェリーヴェールの北の国道400号線_国道169号線_のジャンクションの休息地域に在る[17]

『大草原の小さな家』との関連[編集]

ローラ・インガルス・ワイルダーは著作や講演でベンダー家に言及しており、自著『大草原の小さな家』に登場するインガルス家は、インディペンデンスの近隣に住んでいるという設定である。1937年に、彼女はブック・フェアで講演し、それはのちに、1978年10月の『Saturday Evening Post』に、1988年の書籍『List of Little House on the Prairie books』に、収録され印刷された。彼女は、共同体にひろがっている謀殺事件の噂を詳しく話しただけでなく、宿屋に立ち寄ったとも話した。彼女は、自分の父「パ・インガルス」("Pa Ingalls")ことチャールズ・フィリップ・インガルスが自警団の一員としてベイカー家を捜索したときのことを話しており、「そういうとき、パはつねに、奇妙なきっぱりした口調で「彼らはけっして見つからないだろう」('They will never be found')と言った。彼らはけっして見つからなかったし、のちにわたしは、なぜそうなのかわたしなりのその理由をかたちづくった」("At such times Pa always said in a strange tone of finality, 'They will never be found.'They were never found and later I formed my own conclusions why.")[18][19]なかには、ローラの一家が地域から立ち去ったとき彼女がわずか4歳であったとか、インガルス家の人々が立ち去った2年後、1873年にベンダー家の人々の正体が暴かれたといった話を疑問視する者もいる[20]

大衆文化での扱い[編集]

  • アントニー・バウチャーの1943年の短編小説「やつらは噛む」(原題:"They Bite")において、カンザス州を去った後のベンダー家の人々は、西部の砂漠にある何らかの超自然的な力によってほぼ不死身の存在となり、「カーカーズ」("Carkers")と名を変え、西部のオアシスにて犠牲者を食べているという設定である[21][22]
  • 1954年のテレビドラマ『Stories of the Century』の第4話「"Kate Bender"」は、息子および娘のみに焦点を当てた[23]
  • マンリー・ウェイド・ウェルマンの小説『Candle of the Wicked』(1960年)は、ベンダー家の人々の謀殺の露見にいたる諸事件を題材としている[24]
  • テレビドラマ『バークレー牧場』シーズン3、エピソード6「"Ladykiller"」(1967年)はベンダー家をモデルとしたゲストキャラクター「ブリーク」("Bleeck")家が登場する。ブリーク家の宿屋は、カンバス地のカーテンで分けられていて、名誉の椅子に座る訪問客を背後からハンマーで殺すという設定である。父親はロイヤル・ダノが、娘はマーリン・メーソン(Marlyn Mason)がそれぞれ演じた[25]
  • ケン・ホジソン(Ken Hodgson)作の西部劇小説『The Hell Benders』(1999年)は、犯罪が露見した後のベンダー家の人々の人間狩りに焦点を当てている[26][27]
  • ニール・ゲイマンの小背う『アメリカン・ゴッズ』において、主人公シャドー(Shadow)と彼の知人ミスタ・ナンシーおよびチェルノボグは、カンザス州チェリーヴェール近くの空き地を訪れる。ミスタ・ナンシーはシャドーに、ベンダー家の人々はロシアの神チェルノボグに人間を犠牲にする習慣があったと告げる。チェルノボグは、一家の人々がハンマーで人を殺したことにより、彼らからパワーを得ることができた[28]
  • スコット・フィリップス(Scott Phillips)作の小説『Cottonwood』(2004年)は、ケート・ベンダーを大きく扱っている。書籍の後半は、ベンダー家の生き残っているとされる2人の公判のあいだに起こる[29][30]
  • テレビドラマ『スーパーナチュラル』のシーズン1、エピソード15「血塗られた家」(原題:"The Benders"2006年)は、現代のパ(Pa)、ミッシー(Missy)、リー(Lee)そしてジャリッド・ベンダー(Jared Bender)という名前のスリル殺人犯(thrill-killers)の一家が登場している。現代のミネソタ州ヒビングを舞台としており、保安官が行方不明の兄弟を探しに来たことにより、この一家は破滅している[31]
  • マイケル・ニュートン(Michael Newton)の小説『Massacre Trail』(2009年)において、ベンダー家の人々は、ホームステッド法による自営農地の所有者の殺害で訴えられ、ジャック・スレード(Jack Slade)によって破滅させられている[32]
  • Huluにて配信されているコメディー・シリーズ『Quick Draw』のシーズン1、エピソード3(2013年)で、主人公 保安官ジョン・ヘンリー・ホイル(Sheriff John Henry Hoyle)とその代理エリ(Eli)は、謀殺事件の捜査中にベンダー家の人々(ジョン・シニア、エルヴィラおよびケート)によってわなにかかり、人質に取られた。
  • Investigation Discoveryドキュメンタリー・シリーズ『Evil Kin』のシーズン2、エピソード2(2014年)は、ベンダー家の人々に関係がある。歴史家、作家、そしてチェリーヴェール歴史博物館(Cherryvale Historical Museum)のディレクターがインタビューされる[33]
  • The Librarians』の第8エピソード「"And the Heart of Darkness"」は、ベンダー家の人々が貧民収容所にかくれて司法からのがれた連続殺人犯の集団として描かれており、このうちケーティー(Katie)(リー・ザヴァダ(Lea Zawada))は、若い成年(young adult)ではなくティーンエージャーとして描かれている。この中で、ケーティーは自分の家庭から追放された後に家を手に入れ、彼女の家に逃げてきた人を謀殺し、自らの不死性を保つために利用した。最終的に彼女はスロバキアで任務中にライブラリアン(the Librarians)に打ち負かされ、家の管理人の精霊によってちりに変えられたが、精霊は彼女を邪悪な影響力のあるものとして認識するようになった[34]
  • ニコラス・ニカストロ(Nicholas Nicastro)作の小説『Hell's Half-Acre』(2015年)は、謀殺騒動を再話し、登場人物、とくにケーティー・ベンダー(Katie Bender)の起源を想像している[35]
  • トラベル・チャンネルのショー『Mysteries at the Museum』のエピソード「"Hitchcock's Birds, Hope Diamond, Phineas Gang"」はベンダー家の事件を議論している。トラヴェル・チャンネルはそのエピソードをHuluをつうじてシーズン3、エピソード11としてリストしているが、それはトラヴェル・チャンネルのウェブサイトではシーズン2、エピソード19としてリストされ[36]。そしてIMDB[37]ではシーズン3、エピソード9として。
  • ベンダー家は、ポッドキャスト『My Favorite Murder』のエピソード94で言及されている。カレン・キルガリフ(Karen Kilgariff)は、事故と、ベンダー家の人々にかんする諸説とを議論している。
  • ハロルド・シェクター(Harold Schechter)は、短編小説集『Bloodlands』の、『Little Slaughterhouse on the Prairie』で、ベンダー家を扱っている[38]

脚注[編集]

  1. ^ genforum Archived June 13, 2011, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b c d e f g h i j Bloody Bender Family 1871-1873
  3. ^ a b c d e f g h i The Bloody Benders of Labette County Legends of America A Travel Site for the Nostalgic & Historic Minded
  4. ^ a b c d e Malice, Madness, and Mayhem: an Eclectic Collection of American Infamy pdf Archived 2011-07-11 at the Wayback Machine. The Bloody Benders
  5. ^ a b c d e The Devils Kitchen Scanned page of The Weekly Kansas chief. (Troy, Kansas) May 22, 1873. Kansas State Historical Society; Topeka, KS.
  6. ^ これらの殺人事件に関連する伝承の1つによれば、夕食後、ヨーク大佐は、表側の部屋に座っていたとき、ベッドの1つの下の金(きん)のロケットに気づいた。彼はそれを開けると、兄弟の妻と娘の肖像を見て驚いた。彼はそっと抜けだし、翌朝、保安官および数人の保安官代理とともに戻ってきたが、結局、ベンダー家の人々は逃げていた。ベンダー家の土地を捜索した結果、木立のなかから12の盛り土が見つかり、その中から12人もの遺体が見つかったと報告された Bloody Benders: Mass Murderers Of Kansas
  7. ^ a b c Devilish Deeds Scanned page of The Weekly Kansas chief. (Troy, Kansas) May 15, 1873. Kansas State Historical Society; Topeka, KS.
  8. ^ a b Sheriff Saves the Neck of a Man Who Murdered His Own Daughter (copy of Inter Ocean newspaper November 18, 1896)
  9. ^ http://www.murderbygaslight.com/2010/11/bloody-benders.html
  10. ^ The Bender family
  11. ^ a b Michael Newton The Encyclopedia of Unsolved Crimes Infobase Publishing 2004 Pg 33 - 35 0-8160-4981-5
  12. ^ Keeping a Secret Scan of Pittsburgh Dispatch November 1, 1889 Pg 5 Library of Congress
  13. ^ Scan of The New York Times January 12, 1890 pdf
  14. ^ Scan of Chicago Daily Tribune, October 31, 1889
  15. ^ Laurence J. Yadon, Dan Anderson 200 Texas Outlaws and Lawmen 1835-1935 Pelican Publishing Company 2008 Pg 55 - 56 1-58980-514-3
  16. ^ Exit the Benders Kansas Historical Society (The Iola register April 18, 1890)
  17. ^ a b c Potter, Tim (2013年8月24日). “The Bloody Benders: 140-year-old crime scene still fascinates today”. The Witchita Eagle. 2013年10月2日閲覧。
  18. ^ Reese, Debbie (2008年7月3日). “Selective Omissions, or, What Laura Ingalls Wilder left out of LITTLE HOUSE”. American Indians in Children's Literature. 2015年4月7日閲覧。
  19. ^ Koerth-Baker, Maggie (2012年8月20日). “Little House on the Prairie, serial killers, and the nature of memoir”. BoingBoing. 2015年4月7日閲覧。
  20. ^ Laura Ingalls Wilder and the Bloody Benders” (2010年4月8日). 2011年4月7日閲覧。[自主公表?]
  21. ^ Unknown Worlds, August 1943, pp. 127-135. Scan
  22. ^ Synopsis: Ruppert, E.A. (2016年1月22日). “They Bite: Anthony Boucher’s Weirder Western”. NerdGoblin. 2016年7月19日閲覧。
  23. ^ "Stories of the Century" Kate Bender (TV Episode 1955) - IMDb
  24. ^ Manly Wade Wellman (11 April 2011). A mild version of the Bloody Benders. https://www.amazon.com/Candle-Wicked-Manly-Wade-Wellman/dp/B0006AWKHU 2016年7月19日閲覧。. 
  25. ^ IMDb
  26. ^ Hodgson, Ken (March 1999). The Hell Benders. Pinnacle. ISBN 9780786006700. 
  27. ^ Goodreads
  28. ^ Gaiman, Neil (June 2001). American Gods. William Morrow. ISBN 9780380973651. 
  29. ^ Phillips, Scott (June 2004). Cottonwood. Picador. ISBN 9780330493178. 
  30. ^ Goodreads
  31. ^ IMDb
  32. ^ Brandt, Lyle (June 2009). Massacre Trail. Berkley. ISBN 9780425228302. 
  33. ^ Willey, Jamie (2014年8月8日). “Show to feature Bender murder mystery”. Parsons Sun. 2016年7月19日閲覧。
  34. ^ 1x08 ... And The Heart Of Darkness”. The Annex: A The Librarians Fan Site (2016年3月4日). 2016年7月19日閲覧。
  35. ^ Nicastro, Nicholas (November 2015). Hell's Half-Acre. HarperCollins. ISBN 9780062422569. 
  36. ^ Hitchcock's Birds, Hope Diamond, Phineas Gage”. Travel Channel. 2018年6月28日閲覧。
  37. ^ Mysteries at the Museum, https://www.travelchannel.com/shows/mysteries-at-the-museum 2018年6月28日閲覧。 
  38. ^ results, search (2018-06-28) (English). Little Slaughterhouse on the Prairie. Amazon Original Stories. https://smile.amazon.com/gp/product/B07CSX8SRW?ref_=dbs_aos_calw_1&storeType=ebooks. 

読書案内[編集]

  • The Saga of the Bloody Benders; Rick Geary; NBM Publishing; 2008; 978-1561634996.
  • The New Encyclopedia of Serial Killers; Brian Lane and Wilfred Gregg; Headline Book Publishing; 1996; 0-7472-5361-7.
  • History of Labette County, Kansas, and Representative Citizens; Nelson Case; Biographical Publishing Company; 846 pages; 1901. (Download 50MB PDF eBook)

外部リンク[編集]