ベンジャミン・ホーニゴールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ベンジャミン・ホーニゴールドBenjamin Hornigold1680年 - 1719年?)は、イギリス海賊。海賊としての活動期間は1716年 - 1717年と非常に短い。しかし、彼の船を海賊稼業の出発点として、後に著名な海賊となった者がいる。多くの海賊と同様に、スペイン継承戦争ではイギリスの私掠船として活動した。

ホーニゴールドは乗組員エドワード・ティーチ(後に黒髭として知られる)を連れ、バハマニュープロビデンス島を出航した。彼はスループを拿捕し、ティーチの指揮下に置いた。彼らはともにアメリカ大陸沿岸やカリブ海で活動し、1717年には6隻の船を略奪した。彼らは年末まで、金、宝石、その他の品物を積んだフランス船を略奪し、その後別々の道を歩むことになった。

ホーニゴールドは、他の多くの海賊よりも穏和として知られていた。彼の被害者の一人は、襲撃された時のことを語る。船は降伏し、海賊たちが乗り込んできた。そしてホーニゴールドは多少申し訳なさそうに、捕らえた船員たちの帽子を要求した。海賊たちが以前、夜中に酔っぱらって帽子を海に捨ててしまったためだった。帽子を手に入れたホーニゴールドは、平和裏に船から退去していった。

ティーチはアメリカへ、ホーニゴールドはニュープロビデンス島に向かった。ウッズ・ロジャーズがバハマ総督に任命された時、ホーニゴールドは赦免を求めた。ロジャーズは彼を高く評価し、彼を海賊討伐に起用した。彼はスティード・ボネット英語版チャールズ・ヴェインを特につけねらった。1719年頃、ホーニゴールドは交易のためメキシコに向かった。彼の船は陸から遠いところで暗礁に乗り上げ、乗組員は全員死亡したとみられる。

外部リンク[編集]