ベンジャミン・ヘイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ベンジャミン・ヘインまたはベンアミン・ハイネ(Benjamin Heyne、1770年1月1日 - 1819年2月6日)は、モラヴィア生まれで、イギリス東インド会社で働いた植物学者である。

モラヴィアのDöbraに生まれた。ドレスデンで学んだ。モラヴィア教会宣教師として1791年にトランケバル(Tranquebar)のデンマーク人入植地に渡った。1793年からサマルコットのイギリス東インド会社で働くようになった。1799年には、コーリン・マッケンジー(Colin Mackenzie)のマイソール探検に植物学者として参加した。1802年から1808年までバンガロールのラルバー・ボタニカル・ガーデンの園長を務めた。

しばらくイギリスに滞在し、ロンドン・リンネ協会に入会した。

1815年にベンケイソウ科の植物は、午後よりも朝の方が酸味のある味であることを観察した。これはCAM型光合成に関する最初期の報告である[1]

東インド会社で多くの植物を収集し、これらの植物は後に、アルブレヒト・ヴィルヘルム・ロート(Albrecht Wilhelm Roth)によって、『東インドの新種植物』("Novae plantarum species praesertim Indiae Orientalis":1821)で記載された。チェンナイのVapperaで没した。

ウィリアム・ロクスバラらによってセンダン科の属名Heyneaなどに献名されている。

脚注[編集]

  1. ^ Bonner, Walter; Bonner, James (1948). “The Role of Carbon Dioxide in Acid Formation by Succulent Plants”. American Journal of Botany 35 (2): 113–117. doi:10.2307/2437894. ISSN 0002-9122. JSTOR 2437894. 

著作[編集]

  • On the Deoxidation of the Leaves of Cotyledon calycina. In: Transactions of the Linnean Society of London. Band 11, Nr. 2, S. 213–215, doi:10.1111/j.1096-3642.1813.tb00051.x, Online.
  • Tracts, historical and statistical, on India: with journals of several tours through various parts of the peninsula; also an account of Sumatra, in a series of letters; illustr. by maps and other plates. Baldwin and Black, Parry, London 1814.

関連文献[編集]

  • Ray Desmond: Dictionary of British and Irish botanists and horticulturists: including plant collectors, flower painters, and garden designers. 2. überarbeitete Auflage, CRC Press, 1994, ISBN 0-85066-843-3.
  • Eintrag beim Nationaal Herbarium Nederland (abgerufen am 18. November 2009)
  • Hortus Bengalensis, or a Catalogue of the Plants Growing in the Hounourable East India Company's Botanical Garden at Calcutta. S. 33, Serampore 1814
  • Curtis's Botanical Magazine. Tafel 1738, online
  • Urs Eggli, Leonard E. Newton: Etymological Dictionary of Succulent Plant Names. Birkhäuser, 2004, ISBN 978-3-540-00489-9, S. 108