ベンジャミン・デイドン・ジャクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Benjamin Daydon Jackson

ベンジャミン・デイドン・ジャクソン(Benjamin Daydon Jackson、1846年4月3日 - 1927年10月12日)は、イギリス植物学者分類学者である。王立キュー植物園 (Royal Botanic Gardens, Kew)(英語版)による、全ての種子植物を「」「」のレベルで網羅することを目的としてまとめられた「Index Kewensis(英語版)の最初の巻を執筆した[1]

生涯[編集]

1846年、ベンジャミン・デイドン・ジャクソン (Benjamin Daydon Jackson 、1806-1855) とエリザベス・ゲイズ (Elizabeth Gaze、1815-? ) の長子としてロンドンで生まれ、私立学校で教育を受けた[2]。彼はおそらく「Index Kewensis」の編者としてもっとも知られている。「Index Kewensis」は1893年から1895年にかけて出版された種子植物の総目録で、世界的権威として受け入れられた。1880年、ジャクソンはロンドン・リンネ協会の会長に選任された[3]

著作[編集]

the Index Kewensis」の他下記のものがある。

  • Guide to the Literature of Botany (1881)
  • Vegetable Technology (1882)
  • Glossary of Botanical Terms (1900)
B.D.Jacks.は、植物の学名命名者を示す場合にベンジャミン・デイドン・ジャクソンを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Durand, Théophile; Benjamin Daydon Jackson; William Turner Thiselton-Dyer; David Prain; Arthur William Hill; Edward James Salisbury (1908). Index Kewensis plantarum phanerogamarum: Supplementum Tertium Nomina et Synonyma Omnium Generum et Specierum AB Initio Anni MDCCCCI Usque AD Finem Anni MDCCCCV Complectens (suppl.3 (1901-1905) ed.). Royal Botanic Gardens, Kew. Retrieved 2008-05-27.
  2. ^ 1851 England Census, Class: HO107; Piece: 1558; Folio: 53; Page: 17; GSU roll: 174791.
  3. ^ The New International Encyclopædia 2015年11月6日閲覧